アスパラガスの茹で方や茹で時間は?レンジでの方法も?焼き方は?

Sponsored Link


今日は、アスパラガスの茹で方や茹で時間をテーマにしていきたいと思います^^

 

アスパラガスの茹で方や茹で時間はどれくらいでしょうか。
また、アスパラガスの電子レンジでの茹で方や焼き方は
どうすれば良いでしょうか。

 

そんなアスパラガスについてまとめていきます。

056bd5e80df7d24eed2702cc2f5e76b7_s

 

アスパラガスの茹で方や茹で時間はどれくらい?

アスパラガスの旬の時期は4~6月 です。

 

アスパラガスは1年中スーパーで販売されていますが、
アスパラガスの収穫量が多い北海道での収穫時期は
5~6月が盛んであり、
その時期がアスパラガスの旬の時期となっています。

 

そんなアスパラガスは、炒め物やサラダなど、
様々な料理に利用されていますが、
基本的に茹でてから使用されることが多いです。

 

アスパラガスには様々な茹で方があるので、
一例として参考にしていただければと思います^^

 

 

1・まずは、アスパラガスの下処理を行います。

 

アスパラガスの根元2cm 程度は硬いので、
包丁で切り落とします。


IMG_2497

 

2・続いて、アスパラガスのはかまの部分を
包丁、もしくはピーラーで取り除きます。


 

3・はかまの部分をとったら、今度は
根元の部分4~5cm の皮が硬いので、
ピーラーで皮をむきます。


IMG_2499

 

4・続いてアスパラガスを茹でていきます。

 

まずは鍋にお湯を沸かし、
1ℓに対して塩小さじ2杯程度をいれます。


IMG_2502

 

またアスパラガスは、切ってから茹でることも、
切らずに茹でることもできます。


 

切らずに茹でる場合は、
フライパンにあらかじめアスパラガスが入るかどうか
確認してから茹でるようにします。


6DB6A807-91C4-4C9D-ADC9-5CABF2A3BD0D

 

5・まずはアスパラガスの根元の方から
茹でます。


IMG_2503

 

そして穂先と平均したやわらかさにするために
30秒ほど時間差をつけて、
穂先も一緒に茹でていきます。


IMG_2504

 

6・根元をいれてから計 2分 ほど茹でます。

 

茹で時間はかため・細めのアスパラガスで
1分半 程度


 

そして太めの茎のもので
2分 程度です。


 

7・茹で上がったアスパラガスは、
冷水につけて、色を鮮やかにします。


IMG_2505

 

粗熱がとれたら水気をきります。

 

これで出来上がりです。

 

茹でたアスパラガスは、
サラダやお浸しなど、様々な料理に活用できます。

 

また炒め物にする場合は、
かために茹でてから調理できます。


スポンサーリンク



アスパラガスの電子レンジでの茹で方は?

アスパラガスは電子レンジを使用して
加熱調理することもできます。

 

下処理は上記と同じように済ませておきます。

 

 

1・アスパラガスの下処理をして、
2~3等分に切ります。


 

2・アスパラガスを耐熱容器にいれて、
500wで 1分半~2分 程度加熱します。


IMG_2501

 

3・アスパラガスを取り出して、
柔らかくなっていたら冷水にとり、
粗熱がとれたら水気を切ります。


 

 

これで電子レンジ調理は完了です。

 

炒めものをする際など、
いちいち茹でてから調理するのに
時間がかかる場合などは、電子レンジを活用してしまっても便利です。

 

また、アスパラガスは、加熱してもほとんど栄養成分が流出しない野菜ですが、
調理の時間短縮では電子レンジを活用する人も
多いといえます。

 

★こちらの記事もどうぞ
アスパラガスの栄養には何がある?効能効果がすごい?犬も食べれる?

★こちらの記事もどうぞ
アスパラガスの下ごしらえ!切り方やはかまの下処理は?食べ方はコレ


スポンサーリンク



アスパラガスの焼き方は?

アスパラガスは茹でて食べることが多いと思いますが、
茹でずに焼いて食べるという方法もあります。

5dd960f9008733da64bd6670415ac64e_s

 

家にグリルがある場合は、
グリルで焼き目がつくくらいまで加熱し、
塩・こしょうを振るだけで美味しく食べられます。

 

一人暮らしの家や、コンロが小さいお宅では、
グリルの設備がないかと思います…

 

我が家にもグリルはなく…
今回は、フライパンでアスパラガスを焼く方法を
紹介します^^

 

 

1・まずはアスパラガスをよく洗い、
根元の部分を切り落とし、
はかまの部分を取り除いて根元の方の
皮をむきます。


 

2・続いてフライパンを加熱し、オリーブオイルを小さじ2~大さじ1杯程度いれて、
弱火でアスパラガスじっくり焼いていきます。


FE04D3EA-F9CD-4D43-9000-41904B5E5392

 

まんべんなく焦げ目がつくように、
途中菜箸で転がします。


 

3・ 10~15分 程度で、焦げ目がしっかりつき、
アスパラガスも柔らかくなります。


25957BCA-22FB-4094-93C6-13F3B475A4EA

 

お好みで塩・こしょうをふりかけて
完成です。

 

アスパラガスは焼くことで甘味がでます。

 

茎が細めのアスパラガスだと短時間でできるので、
ぜひ試してみてください^^

 

北海道産アスパラガスも♪


まとめ

今回は、アスパラガスの茹で方や茹で時間、
そしてレンジでの方法や焼き方をテーマにして
まとめてみました。

 

アスパラガスは茹でても美味しいですが、
焼いて調理しても美味しくいただけます。

 

下茹でしたものは、
様々な調理にも利用できます^^

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ