健康

かぼちゃのゆで方・ゆで時間!蒸し方や蒸し時間は?皮の剥き方や栄養も!

今日は、かぼちゃのゆで方やゆで時間、そして蒸し方や蒸し時間を
テーマにしていきたいと思います^^

 

かぼちゃは、茹でたり、蒸したりする方法もありますが、
ゆで時間や蒸し時間はどれくらいでしょうか。

 

また、かぼちゃの硬い皮はどのように剥けば良いのでしょうか。

そんなかぼちゃについてまとめていきます。

213a9fc9b7169830f0bd87793263b824_s

 



かぼちゃのゆで方・ゆで時間は?

かぼちゃは、そのまま素揚げにしたりと、
レパートリーの多い、野菜ですが、
そのまま茹でる方法もあります。

 

簡単に、かぼちゃのゆで方やゆで時間について
まとめていきます。

 

~必要なもの~
・かぼちゃ300g程度
・塩 少々

 

~かぼちゃのゆで方~

1・まずは、かぼちゃの種や綿の部分をとりだし、
食べやすい大きさに切ります。

 

2・そしてかぼちゃを皮の方を下に鍋にいれ、
水をひたひたにし、塩を少々いれて、
強火で火にかけます。
IMG_1209

強火で沸騰するまで 5~6分 ほど加熱します。

 

3・沸騰したら次は、弱火にして 15分 ほど
火にかけます。

IMG_1211

時間がたったら、箸がすーっと入るくらい
柔らかくなります。

 

4・そのままザルにあけて水分を飛ばします。

 

ゆでたかぼちゃは、そのまま食べるのも良し、
冷凍しておく、調味料と混ぜ合わせるなど、
なんでもアリです。

 

強火5分
弱火15分
程度です。

 

また、煮物にするときは面取りしておくと、
味がしみこみやすくなります。

IMG_1195

しなくても美味しいですが^^

 

煮物にするときは、
かぼちゃ600g
はちみつ 4杯(控えめな方は3杯)
醤油 大さじ2杯
みりん 大さじ2杯
酒 大さじ2杯
水 400cc程度

の材料でも作れます♪



かぼちゃの蒸し方や蒸し時間は?

かぼちゃを茹でる方法もありますが、
蒸した方が、栄養価の流出が少なくなる
ということで、かぼちゃを蒸すのも一般的に
なっています。

 

かぼちゃを蒸すには、蒸し器を使う方法と、
電子レンジを使用する方法がありますが、
簡単なので、電子レンジ・フライパンを使用する方法を紹介します^^

 

 

電子レンジでのかぼちゃの蒸し方

1・かぼちゃの種やわたを取り除きます。

 

2・そして食べやすい大きさに切ったら、
耐熱皿に並べて、ラップをかけます。

IMG_1212

3・そのまま500wの電子レンジで
5分 程度加熱します。

IMG_1214

5分たつとこんな感じで、
つまようじがスッと通るほど、柔らかく蒸せます^^

 

蒸し時間は5分 でOKです。

 

ラップを外すときは、
蒸気がかなり熱くなっているので、
やけどしないように気をつけてください!

 

あらかじめつまようじ等でぷすぷす穴を開けておくと、
ラップが取り外しやすくなります。

フライパンでのかぼちゃの蒸し方

1・かぼちゃの種やわたを取り除きます。

 

2・そして食べやすい大きさに切ります。

 

3・フライパンにかぼちゃを並べて、
水を少し浸かる程度いれます。

IMG_1213

このとき、塩水にすると、ほんのり塩気が
あります。

 

4・ふたをして、中火で 10分 程度蒸します。

 

このとき、水が完全になくなると、
かぼちゃが焦げてしまうので、水加減を調整しながら
行ってください。

 

私は、蒸し器を用意するのが面倒なので、
こっちの方がおススメです。

 

フライパンで蒸すよりも、電子レンジの方が、
お手軽に、かぼちゃを蒸すことができますよ!

 

 



かぼちゃの皮のむき方は?栄養はあるの?

かぼちゃをポタージュにするときは、
皮が邪魔です…

 

見た目を気にする料理のときには、
皮を取り除くことが多いかと思います。

 

そこで使えるのは電子レンジ です。

 

あらかじめ、かぼちゃを切って、種やわたを取り除きます。

 

そして、ラップをかけてそのまま 電子レンジ500wで3分 程度
加熱します。

 

あとは、包丁でもピーラーでも、簡単に皮むきを
することができます。

かぼちゃ 皮

ただ、加熱直後はかなり熱いので、
粗熱をとってから皮を取り除くようにしてください^^

 

ポタージュにするときは、
この方法が便利です。

 

また、電子レンジで加熱したかぼちゃは、切るのも
簡単にできます!

 

 

かぼちゃの皮に栄養はあるの?

かぼちゃには、多くのβカロテンやビタミンC、そしてビタミンE
などの体に嬉しい成分が含まれています。

 

そんなかぼちゃですが、そのビタミン類は、
種の周りや皮の部分に多く存在していると
されています。

 

種・わたは調理上、取り除くことが多いですが、
取り除いた後の場合、
わたの周辺が、一番βカロテン 含有量が多くなります。

6eef77067d05613fcec9a26434b4e2da_s

ですので、煮物にする際は、
なるべく皮は剥かずに調理した方が、
栄養価は多く摂取できるといえます。

 

そして種も捨ててしまいがちですが、
種を調理することができます。

 

種にも体に良い栄養素がたっぷり入っています。

 

★こちらの記事もどうぞ
かぼちゃの種の効果や効能がすごい!?種の食べ方や取り方は?

 

野菜は、皮をむいて食べることが多いですが、
皮の周辺に特に、多くの栄養素が含まれていると
いわれています。

 

ですので、皮を剥かずに食べられるものは、
皮も一緒に食べたいですね。

 

コリンキーは皮ごと食べられて生食もOKです^^

 

まとめ

今回は、かぼちゃの茹で方や蒸し方をテーマにして
まとめてみました。

 

かぼちゃは硬い皮が特徴ですが、
茹でたり蒸すことでかなり柔らかくなります。

 

また、皮を取り除く調理法も多くありますが、
皮にも栄養がたくさん含まれているので、
なるべく一緒に食べるようにしましょう♪

Sponsored Link