じゃがいもで皮が緑になっているものは食べられる?毒が原因!味は?

Sponsored Link


今日は、じゃがいもの緑のものをテーマにしていきたいと思います^^

 

じゃがいもでたまに皮が緑になっているものがありますよね。
あれは、実は毒が原因と言われています。

 

じゃがいもの芽にはソラニンという物質があって、毒があるといわれていますが、
実は皮にも…?

 

というわけで、じゃがいもが緑に変色した場合についてまとめていきます!

jagaimo_poteto

 

じゃがいものの皮が緑になったものは食べられる?

昔から、じゃがいもの芽を取り除く習慣というものが
ありますよね。

 

それは、じゃがいもの芽には、
ソラニンという毒性のある物質が存在するため、
その部分を取り除かないと、 食中毒 の被害が起こるためです。

 

でも、芽だけを取り除けば大丈夫というわけではないです。

 

結果的からいうと、
皮が緑のものは、
そのまま食べない方が良い!!

 

ということです。

 

 

芽には、毒性の物質であるソラニンチャコニンという物質が
存在しますが、じゃがいもが光にあたって、
緑色に変色すると、
その部分には、芽と同じ毒性の物質である、
ソラニンやチャコニンが多く含まれています。

 

ソラニンやチャコニンを含んだじゃがいもを食べてしまうと
食中毒を起こします。

 

数値的にいうと、ジャガイモの全体の毒の量が
0.4%を超えると食中毒が発生すると言われています。

 

このソラニンは、最悪、中毒を起こし 死亡 することもありますが、
その場合は、ソラニン・チャコニンを350mg程度摂取した場合で、
通常の量では死に至ることはありません。

 

ただ、少量でも、腹痛・嘔吐・下痢などの症状が出るので、
食べないようにしましょう。

 

子供の場合だと、大人よりも少量で食中毒を起こします。

Sponsored Link

じゃがいもの毒を取り除くには?

皮が緑色になったじゃがいもでも食べることはできます。

 

しかし、そのまま食べるのは危険です。

 

皮が緑色に緑化したものは、
その皮のすぐ下にソラニンやチャコニンなどの
毒が含まれていることがあります。

green2

画像引用:http://www.geocities.jp/a5ama/e045.html

 

なので、皮だけではなく、中身の部分も
深く切り取ってください

 

中身が緑色になっている部分も、
大きく切り取ってください。

 

芽や根元を完全に取り除くことも忘れずに。

 

じゃがいもが緑色に変色するのは、光に当てた場合です。

 

光にあたると緑色になるということは、
皮に 葉緑体 がでてきて光合成を行います。

 

その結果、全体が緑になってしまいます。

 

なので、緑色にしないためには、保存方法を守ることが大切です。

 

じゃがいもは、 涼しく、そして暗い場所 に保存しましょう。
そうすることで、緑色に皮が変色するのを防ぐことができます。

★こちらの記事を参考にどうぞ
じゃがいもの保存方法!冷蔵庫・冷凍・常温の期間が長くなる方法とは?

 

緑に変色したじゃがいもの味に違いは?

緑色に変色したじゃがいもですが、
深めに皮をきちんと取り除けば、食べることはできます。

yomo04

画像引用:http://www.filou.jp/clinic/yomo/01/yomo04.html

 

きちんと取り除いたものであれば、
通常のじゃがいもとそこまで違いありません。

 

しかし、中毒症状を起こすほどのソラニンやチャコニンを含んでいると、
じゃがいもを食べたときにえぐみや苦味を感じます。

 

食べて、舌にピリピリとする感じのあるじゃがいもは
食べない方が良いでしょう。


 

まとめ

今回は、皮が緑色に変色したじゃがいもをテーマにまとめてみました。

 

変色してなおかつ、毒が発生していたのでは
怖いですねw

 

通常スーパーで買ったじゃがいもであれば、
緑色に変色しているものはないと思います。

 

また、購入後は冷暗所での保存を忘れないように。。

 

家庭菜園で育てたじゃがいもは、
土が浅くかぶっていると、じゃがいもが緑化しやすいので
注意が必要です。

 

ソラニンやチャコニンなどのアルカロイド系の毒の場合、
加熱しても270℃程度でないと、
取り除くことができないので、
気をつけましょう。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ