大根の煮物のコツは?部位・場所はどこを使う?冷凍保存も可能なの?

Sponsored Link


今日は、大根の煮物のコツや部位、場所をテーマにしていきたいと思います^^

 

大根の煮物には、何かコツがあるのでしょうか。
また、大根の煮物にむいている部位・場所はどのあたりなのでしょうか。

 

また大根の煮物は冷凍保存も可能なのでしょうか。

 

大根の煮物についてまとめていきます。

c2fe3fbe0d1563cd81b0c94deb2cf4b4_s

 

大根の煮物のコツとは?

大根は、冬が旬の野菜です。

 

1年を通して販売されている大根ですが、
一番おいしい時期は、11~2月 の冬の時期とされており、
冬の大根は寒さで甘味もあり、
煮物にも最適となっています。

 

逆に、夏でも食べられる大根ですが、
夏の時期になると、苦みがでてしまったりと、
煮物にはあまり向かない大根となります。

 

そんな大根の煮物ですが、
ちょっと工夫をするだけで、
より美味しい大根の煮物になります。

 

そのコツについてまとめていきます。

 

ポイントは以下の3点です。
1・皮は厚めに剥く
2・面取りをして、隠し包丁をいれる
3・米・米のとぎ汁で下茹でする


1・皮は厚めに剥く

煮物にする場合、大根の皮は厚めに剥くようにします。

 

皮の厚みは、 2~3mm 程度厚めに剥くのがコツです。

 

大根の皮の内側には硬い筋があるので、
この部分を取り除くことで、
食感も良くなります。

img_1701

 

 

2・面取りをして、隠し包丁をいれる

大根の煮物は輪切りにすることが多いと思いますが、
輪切りにした大根の角を取り除き、
面取りすることで、煮崩れを防ぐことができます

 

また、大根の煮物の場合は、
隠し包丁といって、
裏面に 1cm 程度の十字の切れ目をつけます。

 

隠し包丁をいれることで、火の通りが良くなりますし、
そして味が染み込みやすくなります。

img_1705

 

盛り付けの際は、
隠し包丁をいれた面を裏面として盛りつけするのが
良いです。

 

 

3・米・米のとぎ汁で下茹でする

大根は、煮物として煮詰める前に、
あらかじめ下茹でするのが良いです。

 

下茹での方法としては、大根をいれた鍋に
米大さじ1杯程度、もしくは米のとぎ汁をいれて
一緒に煮るようにします。

 

下茹では、大根が柔らかくなる20分 程度の時間が
目安です。

img_1735

 

米をいれることで、
独特の大根の苦味やえぐみを取り除くことができます。

 

竹串がすーっと入る程度になるまで
下茹でします。

 

これらのポイントを行ってから煮物にすることで、
味が染み込んで美味しい
大根の煮物をつくることができます。

Sponsored Link

大根の煮物の部位・場所はどこを使う?

さらに、大根の煮物にする場所を選ぶことで、
美味しい煮物を作ることができます。

 

大根は主に
大根の先端の「下部」
大根の真ん中の「中央部」
大根の葉の方の「上部」


に分けることができます。

00b0feda9aeeafdca7110f4c8b0fb334_s

 

この中で、大根の煮物に向いている部分は、
【中央部】 です。

 

大根が特に甘いのは【上部】です。

 

ですので、この部分は生食もできるため、
サラダなどにするのが向いています。

 

また大根おろしの辛味が苦手という方は、
この上部を大根おろしにするのが良いです。

 

なぜ、煮物に大根の「中央部」 が向いているのかというと、
適度な甘味が残っていて、辛味も少ないため
です。

 

そして大根の真ん中の部分は、
一番大根の太さが均等になる部分ですので、
煮物など、見た目にも気をつかう料理にも向いていると
いえます。

 

逆に大根の「下部」は、
大根の部位の中で一番辛味が強い部位となっています。

 

辛味が得意な方は大根おろしにする他、
漬物にも最適です。

 

★こちらの記事もどうぞ
大根おろしはどの部分?辛い時甘くするにはこうする!皮はむくべき?

 

もちろん大量につくる場合は、
まるごと1本使うのもアリです。

 

ただ、部位別に分けるとすると、
真ん中の部位が一番煮物にむいている部位といえます。

 

 

大根の煮物は冷凍保存も可能?

大根の煮物は、大量につくることもあるかと思います。

 

そんなときは、
ずっと鍋で大根の煮物を保存しておくのは、
食品衛生上、あまりよくありません。

 

大根の煮物は、
冷蔵保存もできますが、長く日持ちさせたい場合は、
冷凍保存も可能です。

 

大根の煮物を冷凍保存しておくと、
おかずが一品足りないときにも解凍して
使えるようになるので、便利です。

6bd3ef1162c48c4c9db4ac6f09ea6f23_s

 

大根の煮物の冷凍保存の方法

基本的に大根の煮物を冷凍保存する場合は、
煮汁ごと冷凍保存してしまうのが良いかと思います。

 

1・まずは調理した大根の煮物の粗熱をとります。

 

2・続いて、タッパーもしくはジップつきの袋を用意し、
そこに煮汁ごといれます。


 

※あまり安いものを使用すると、
ジップつきの袋であっても液漏れするので、
要注意です。


 

3・あとはそのまま冷凍庫で保存するようにします。

 

 

1回の使用量で小分けにしておいて、
保存すると使いやすくなります。

 

冷凍保存することで、
大根の煮物であっても
1か月程度 日持ちすることができます。

 

解凍する際は、
電子レンジでの解凍もOKですが、
汁ごとなので、ムラができてしまいます。

 

ですので、冷蔵庫内で自然解凍したあとに、
鍋などにいれて加熱して温め直すのが良いといえます。

 

ただ、大根の煮物は、冷凍保存してしまうと
日持ちするのですが、冷凍によって、細胞が破壊され、
食感がかなり柔らかくなりますし、
多少食味も落ちてしまうので、その点は注意が必要です。

 

レトルトの豚バラ大根も♪


まとめ

今回は、大根の煮物のコツや、大根の煮物で使える部位を
テーマにしてまとめてました。

 

大根の煮物はひと手間加えることで、
より美味しくなります。

 

また、大根の煮物を多く作った場合は、冷凍での保存も
可能です。

 

ですが、多少食感は変わってきてしまうので、
その点は注意が必要です。

 

★こちらの記事もどうぞ
大根の煮物が苦い!どうすれば良い?煮物のカロリーはどれくらい?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ