しその保存食レシピ!佃煮などアレンジ!塩漬け・しそ味噌

Sponsored Link


今回はしその保存食をテーマにしていきたいと思います^^

 

さわやかな風味の「しそ」は料理にかかせない名脇役で、あるとなにかと重宝ですね

 

ただ、一度に使う量はそんなに多くないのでついつい残りがちです。

 

家庭菜園などでもいっぺんにたくさんの収穫があります。

 

そんな時にはしその保存食を作っておくと、とても便利ですし、大量消費もできるので、一石二鳥!

 

そんなしその保存食についてまとめていきたいと思います。



 

保存食に!しその塩漬け

しそを塩漬けにして冷凍保存すると、約1年の長期保存が可能です。

 

次のしその季節まで、いつでも楽しむことができるので、作っておくと重宝しますよ。

 

~材料~
・しその葉  適量(たくさん作っても少量作っても、お好みの分量で)
・塩      しその葉一枚に対して小さじ1/4杯程度

 

~作り方~
1⃣しその葉を洗って軸をきりおとします。

 

2⃣しそが入る大きさの鍋にお湯をわかします。

 

3⃣ボールに氷水を用意します。

 

4⃣沸騰したお湯にしそを、一気にいれて、 約10秒 ほど湯通しします。
菜ばしなどで、しその葉をかるくほぐしてくださいね。

※ しその量が多い場合は何回かにわけて湯通ししてくださいね



 

5⃣ お湯からあげたら、すぐ氷水にとります。

 

6⃣ 冷めたらしそを軽くしぼり、しそを広げて一枚づつキッチンペーパーなどで
水気をふきとります。

※水気は少し残っていても大丈夫です。

 

7⃣ラップに塩小さじ 1/4杯程度 をしその葉にあわせてパラパラとひろげます。
その上にしその葉をのせたら、塩をふります。

 

8⃣塩・しそ・塩の順で、使いやすい枚数重ねていきます。

 

9⃣空気をぬくようにラップをして、保存袋にいれ、もう一度空気をぬいて
密封して冷凍庫に保存します。



 

ポイント
湯通しすると色鮮やかなまま保存できます。

 

空気にふれると酸化して変色するので、氷水にすぐとりましょう。

 

スポンサーリンク



保存食・しそ味噌としそ巻き

しそ味噌は保存食の定番ですよね。

 

せっかく作るのだから、同じ味噌をアレンジして、しそ巻きも作るで一石二鳥です。

 

難しそうですが、意外と簡単にできます。

 

~材料~
・大葉  20枚~30枚(お好みで量を増やしても大丈夫です)
・味噌  50g
・砂糖  30g(お好みなので、甘めが好きな方は同量にしてください)
・酒     大さじ1杯
・すりごま  大さじ1(いりゴマでも大丈夫です)
・ごま油   小さじ1
・小麦粉   大さじ1/2

 

しそ味噌の作り方

1⃣しそを洗ったら、半分の量はみじん切りにします。

残り半分の量は軸をおとし水気をふきとっておきます。

※半分はしそ味噌用にみじん切りにし、半分は形のまましそ巻きに使います。

 

2⃣鍋に小麦粉以外の材料をいれ、弱火にかけます。

最初は混ぜにくいですが、砂糖がとけてくると混ざるので大丈夫です。



 

3⃣混ざったら、みじん切りにしたしそを加え、さらに、水気がなくなるまでまぜます。

 

4⃣出来上がったら、半分の量を容器に移します。これでしそ味噌は完成です。

 

ポイント
こげやすいので、弱火でたえず混ぜるようにしましょう。



強火にすると焦げてしまったり砂糖がとけず、
出来上がりがジャリジャリしますので、気をつけてくださいね。

 

冷蔵庫で約1ヶ月、冷凍の場合は約3ヶ月保存可能です。

 

しそ巻きの作り方

1⃣鍋に半量残しておいたしそ味噌に小麦粉を加えます。

分量の半分をいれてみて、ねっとりと固まるになるまで、練り上げます。

みその状態をみながら、固まらない場合は残りの量を加えて調整してください。



 

2⃣あら熱がとれたら、冷蔵庫で 15分~30分 入れておきます。

 

3⃣しその裏側にみそをのせクルクルとまいていきます。
巻き終りをしそ同士でおさえるようにして、楊子にさします。

 

4⃣しその半分の高さの油の量で揚げやきにします。

途中でかえして両面が濃い緑色になったらすぐあげます。



見た目で揚がってないようにみえても、かりっと揚がっているので大丈夫です。

時間にすると 15秒程度 、かえして 15秒程度 で大丈夫です。

 

5⃣キッチンペーパーなどで、よく油をきりましょう。

途中でキッチンペーパーを交換したほうがよいです!

そして冷めたら完成です。

 

ポイント
ガスの火力によっても、揚げ時間はかわってくるので、目安にしてくださいね。

 

みその量はあまりたくさんいれてしまうと、
揚げてるときにはみだしてしまうので、少なめの方がよいです。

 

巻くときには、空気をぬくようにぴっちり巻いたほうが、
揚げる時に破けづらくなりますよ。

 

油の温度は低めにします 130~140) 高温になると、
すぐこげて苦くなるので気をつけてくださいね。

 

冷蔵の場合は油の状態にもよるので、約1週間を目安に食べるようにしましょう。



冷凍保存もできるので、その場合はフリーザーバックなどに
空気をぬいてから冷凍します。

 

油をよくきってから保存してくださいね。

 

冷凍保存期間の目安は約3ヶ月です。

 

 

スポンサーリンク



しその佃煮

ごはんのお供に最適な佃煮をご紹介します。

 

冷凍もできるので作り置きしておくと便利ですね

 

~材料~
・しその葉  50枚
・醤油    25g
・砂糖    25g
・みりん   25g
・塩こぶ   10g
・白ごま  大さじ1
・かつお節 小袋1パック

~作り方~
1⃣しそをかるく洗ったら、さっと湯通しします。

 

2⃣冷水にとり、さめたら手でしぼって水気をきり細かく千切りにします。

 

3⃣鍋に調味料と塩こぶをいれ沸いてきたら、しそをいれ、水気がなくなるまで煮ます。

 

4⃣汁気がなくなったら、白ごまとかつお節をいれ混ぜたら出来上がりです。

 

ポイント
汁気がなくなるまで煮る方が日持ちがするので、弱火で炒り煮にするとよいです。

 

冷蔵庫で約1ヶ月保存可能です。

 

冷凍もできるので、
その場合は小分けにして食べる時は冷蔵庫で自然解凍します。

 

冷凍すると約3ヶ月も保存可能です。



 

その他外部サイトですが、しその保存食レシピを紹介します!

 

大葉にんにく醤油

レシピ


引用元:https://cookpad.com/recipe/248794

 

~必要なもの~
大葉:20枚
にんにく:2片
醤油:150ml

 

~作り方~
1⃣作り方はとっても簡単です!

大葉をよく洗ったら、水気をペーパータオルでよくふき取り、
蓋のついた容器に大葉をいれます。

そこにスライスしたニンニク、醤油を加えます。

 

2⃣蓋をして、冷蔵庫で1日ほど寝かせるだけ。

 

これで完成です!

あとは、おにぎりにたり、刺身などに使えます♪

 

 

大葉キムチ
レシピ


引用元:https://cookpad.com/recipe/427538

 

~必要なもの~
・しそ 50枚
・コチュジャン 小さじ1
・にんにく 1片
・醤油 大さじ5
・酒 大さじ3
・砂糖 大さじ1
・ごま油 大さじ1
・味の素 少々

 

~作り方~
1⃣まずは、しそをよく洗ってペーパータオル等で、
水気をふきとります。

 

2⃣しそ以外の調味料を混ぜておきます。

 

3⃣タッパー等にいれて、調味料としそを交互に重ねていきます。

 

4⃣最後に余った調味料を上からかけて、
冷蔵庫で保存したら完成です。

 

こちらもごはんと相性が良いので、
ご飯の上にのせるなどして、美味しくいただけます。

 

しそを使った餃子も♪


まとめ

しそは季節のものですが、保存しておくと、長く楽しむことができます。

 

食欲増進効果もあるので、常備食として、
また、お弁当のおかずやお酒のおつまみにもなります。

 

なにか一品たりない時のアレンジ調味料にもなりとても便利です。

 

★しその保存方法はこちら
しそは冷凍して保存ができる!方法や解凍の仕方は?

二の腕をほっそりしたいあなたへ!!


付けたまま寝るだけで

辛い運動なしで無理せずにすっきりした二の腕が手に入る!


※管理人の二の腕です

Vinel Arm Shaper

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ