長芋(山芋)は生で食べられる?期間は?

Sponsored Link


今日は、長芋をテーマにしていきたいと思います^^

 

長芋は生で食べられるのでしょうか。
また生で食べられる期間はどれくらいでしょうか。

 

長芋についてまとめていきます。



 

長芋(山芋)は生で食べられる?

長芋は、山芋の一種であり、
山芋の中でも、水分量が多く粘りの少ない芋です。

 

一般に山芋は、山に自生していたことから
この名前がついたとされており、
日本では古くから食べられていました。

 

さて、そんな長芋ですが、生で食べることはできるのでしょうか。

 

結論からいうと、
長芋(山芋)は生で食べることができる芋です

 

長芋(山芋)には多くの調理法がありますが、
加熱調理なしで食べる方法としては
「とろろ」「サラダ」「漬物」 などの食べ方があります。



 

そして、長芋(山芋)は、芋類の中でも
唯一美味しく食べられる芋ではないかと思います。

 

野菜は基本的に生で食べられるものが多いですが、
サラダで食べる以外には、生で食べるということは
少ないのではないでしょうか。

 

野菜の中でも、れんこんやゴボウなどの野菜は、
生でも食べられますが、あくが強いために、
生で食べることは少ないといえます。

 

では芋類はどうかというと、
加熱調理してから食べることが多いといえます。

 

では、なぜ芋類は加熱調理してから食べるのかというと・・・
芋類は、加熱調理することにより、
生でんぷんが糖化(湖化)されて
食べやすくなります


 

水を加えて加熱することにより、
消化が良くなるだけではなく、
粘度が増して食べやすさが増します。

 

なので、芋類に分類されている「さつまいも」「じゃがいも」などは
加熱してから食べることの方が多いですよね。

 

もちろん、さつまいもやじゃがいもも、
生で食べることは可能
ですが、
加熱した方が美味しいですし、消化が良いために、
生で食べることは少ないといえます。



 

人によっては、でんぷんが多い食品を摂取すると
消化・吸収が悪くなるためにお腹を壊すこともあります。

 

長芋の場合ですと、
アミラーゼ という消化酵素を大量に含んでいます。

 

このアミラーゼの働きにより、
加熱しなくても、消化機能への負担が少なく、
お腹を壊すということは少なくなります


 

また長芋のヌメリ成分が消化を助けてくれます。

 

なので、長芋は生で食べても大丈夫!なのです。



 

なお、長芋に含まれる消化酵素は、生の状態の方が、
活性を発揮しやすいとされています。

 

消化も良いので、
生で食べたことがないという方は、
ぜひ生で食べてみてはいかがでしょうか。

 

簡単にまとめると、
「長芋(山芋)は消化酵素が多いために、
でんぷん質が多いのにかかわらず、
消化・吸収機能に負担をかけにくいので、
生で食べることができる」


といえます。


スポンサーリンク



長芋(山芋)の生での食べ方は?

山芋というと、主に販売しているのは、
長芋・大和芋・自然薯
ではないでしょうか。



 

自然薯の場合は、生産量が少ないので、
購入できたとしても高価です。

 

一方の長芋や大和芋は、値段も安く、
買いやすい山芋であるといえます。

 

※関東で大和芋として売っているのは「いちょう芋」
関西で大和芋として販売しているのは「つくね芋」という
種類になります。

 

では、これらの山芋を生で食べる場合は、
どのように調理すれば良いでしょうか。

 

一般に生食する食べ方としては
・とろろ
・サラダ
・生ハム巻き


などにして食べるのが多いかと思います。

 

簡単に食べ方を紹介します。

 

~まぐろの山かけ~
生の山芋をすりおろし、ご飯と一緒に食べます。

 

1・まずは、まぐろ50g程度を用意して、
1.5cm程度の角切りにし、醤油を少しかけて
味をなじませておきます。


 

2・続いて山芋50gは皮を厚めにむいたあと、
酢水につけてあく抜きをし、
そのあとすりおろします。


 

3・山芋に卵白をまぜておき、
汁気を切ったまぐろ、すりおろした山芋の順に
お皿に盛り付けます。


 

おこのみで醤油やわさび、のりを添えます。

 

~山芋のわさび醤油和え~
1・長芋50gを用意し、
皮をむいて、酢水につけてあく抜きをしておきます。


 

2・水気を切ったら、
醤油にわさびを少し溶かしたわさび醤油を
上からかけて完成です。




 

山芋のわさび醤油和えは、
おつまみとしてもよく食べられています。

 

その他、外部サイトですが、
長芋(山芋)の生で食べるおススメレシピを紹介します^^

 

 

長いも&きゅうりのコロコロ梅ぽんおつまみ
レシピ



引用元:https://cookpad.com/recipe/2418675

 

長芋ときゅうりを梅干しとポン酢で
さっぱり仕上げたサラダです。

 

簡単一品♪*長芋の短冊突き出し風*
レシピ



引用元:https://cookpad.com/recipe/3040546

 

山芋と大葉と生ハムの簡単おつまみ
レシピ



引用元:https://cookpad.com/recipe/2061097

 

生ハム×山芋のシャキシャキした食感のコラボ
おつまみです。

 

長芋は生でも美味しくいただけます^^

 

その他、生春巻きの具材などにしても
美味しくいただけます。

 

 

スポンサーリンク



長芋の生で食べられる期限は?

長芋にはカットしてあるものと、
そのままの状態で販売しているものの
2タイプがあると思います。

 

そのままの状態のものは
長芋の賞味期限は冷蔵庫保存で 2か月 です。

 

一方、カットしてある長芋の保存期間は、
冷蔵で 2週間 となります。



 

ですので、カットしてあるものの方が
日持ちしにくくなります。

 

とはいえ、2週間も日持ちするというのは
食材の中では長い方です。

 

冷蔵室で保存しておけば、
購入してから2週間程度は食べられますが、
カットしてあるものは状態にもよりますので、
なるべく早めに食べてしまってください。

 

2週間程度が賞味期限内ではありますが、
生食するのであれば1週間以内には食べきって
しまった方が良い
でしょう。

 

購入してから1週間後の長芋は、状態維持されていますが、
カットされたものは、
稀に切り口が傷んでいることがあります。

 

切り口が傷んでしまったものは、
生食は避けるようにしてください。

 

また
・腐敗臭
・変色


があるものはなるべく食べずに廃棄してしまってください。

 

とろろは冷凍品が長持ち


まとめ

今回は、山芋(長芋)は生で食べられるかをテーマにして
まとめてみました。

 

山芋(長芋)は生で食べることができます。

 

他の芋類でしたら、
生食すると消化が悪く、人によっては
お腹を壊してしまうこともありますが、
山芋には消化酵素が多いため、生食しても問題ありません。

 

サラダや漬物にしても美味しくいただけます。

 

★こちらの記事もどうぞ
長芋は日持ちする?保存期間&保存方法は?

二の腕をほっそりしたいあなたへ!!


付けたまま寝るだけで

辛い運動なしで無理せずにすっきりした二の腕が手に入る!


※管理人の二の腕です

Vinel Arm Shaper

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ