健康

舞茸に白いカビのようなものがあるのは大丈夫?腐るとどうなる?

今日は、舞茸が腐るとどうなるかをテーマにしていきたいと思います^^

 

舞茸に白いカビのようなものがある場合は、
食べることはできるのでしょうか。

 

また舞茸は腐るとどうなるのでしょうか。

d672e02703214f42140a4929e9383665_s

 



舞茸に白いカビのようなものがあるのは大丈夫?

舞茸は、10~11月 が旬です。

 

舞茸の旬というのは、天然の舞茸の旬であり、
スーパーなどで流通しているのは、
天然のものではなく、人工栽培のものです。

 

人工栽培のものであれば、
基本的に1年中流通しています。

 

なので1年を通して炒め物や煮物など、
様々な料理に使われています。

 

舞茸は購入後、
基本的に冷蔵庫で保存しますが、
かさの部分に、白いカビ のようなものができることがあります。

 

基本的にカビているものは食べない方が良いので、
舞茸もカビて食べれない…?

 

と不安になることもあるかもしれません。

 

カビのようなものは「気中菌糸」 といって、
きのこの一部です。

 

なので、 食べても問題ありません

 

きのこは子実体であり、
子実体は菌糸で形成されています。

 

その菌糸の一部が、温度の変化や環境の変化により、
でてくることがあります。

 

この菌糸が綿状のふわふわしたものを形成し、
カビのようなものに見えます。

 

舞茸をはじめ、きのこ類ではよくこのような
現象が起こります。

 

なので、舞茸の他、しめじやしいたけなどで
起こることがあります。

IMG_4626

 

気中菌糸が気になる場合は、
包丁で切るなどして取り除けます。

 

また、舞茸のかさの下に白いものがついていることがありますが、
それもカビではないので食べられます。



舞茸は腐るとどうなる?

では、舞茸は腐るとどうなるでしょうか。

 

舞茸が腐っている場合は
・異臭がする
・ぬめりがある
・汁がでている

このような状態になります。

 

舞茸には元からにおいというものがありますが、
きのこ類特有のにおいです。

ve_5366

 

腐っている場合は、
明らかにおかしい、鼻につくような
においがします。

 

またぬめりがあったり、変な汁が舞茸からでている場合は、
品質が低下し、
食べられない状態になっています。

 

そのような舞茸は食べないようにしましょう。

 

もったいないような気もしますが、
廃棄しましょう。

 

基本的に舞茸は常温ではなく、冷蔵庫 での保存が
むいています。

 

特に夏場の高温多湿のような環境では、
舞茸が腐ってしまう可能性が高いです。

 

常温の環境は15~25℃であり、
冬場でも暑くなる環境はむいていません。

 

★舞茸の保存方法に関してはこちらをどうぞ
舞茸の保存方法!賞味期限はどれくらい?冷凍もできる!

 

また腐っているわけではないですが、
舞茸を長く保存しておくと、
黒ずんでくることがあります。

IMG_4671

 

その場合でも、問題なく食べることができますが、
なるべく早く食べてしまった方が良いです。

 

乾燥舞茸であれば、長持ちします。

[br num=”1"]



まとめ

今回は、舞茸が腐るとどうなるかなどをテーマにして
まとめてみました。

 

舞茸は腐ると、異臭がしたり、
ぬめりがでてきます。

 

白いカビのようなものは気中菌糸というもので、
舞茸の一部なので、食べることができます。

 

長く保存しておいて、白っぽくなっている場合は、
カビの可能性があります。

 

なお、青カビができている場合は食べないでください。

Sponsored Link