料理

冬瓜の食べ方!生でも食べられるの?苦いものは大丈夫?

今日は、冬瓜の食べ方をテーマにしていきたいと思います^^

 

冬瓜の食べ方にはどのようのなものがあるのでしょうか。
また冬瓜は生でも食べられるのでしょうか。

 

冬瓜についてまとめていきます。

49b1db3788970fe57cff72d5fbd286d4_s

 



冬瓜は生でも食べられる?

冬瓜の旬の時期は7~9月 の夏の時期とされています。

 

そんな冬瓜は、冬まで貯蔵できるので、
「冬瓜」という名前がついたとされています。

 

夏にとれたものが冬までもつとは、
かなり日持ちする野菜といえますね。

 

そんな冬瓜は、茹でて食べることが多いといえますが、
生で食べることもできるのでしょうか。

 

結論からいうと、
冬瓜は生でも食べられます

9278b02bc884eab055652fdc42affa73_s

 

茹でてから食べることが多いのは、
生の冬瓜には少し瓜独特の青臭さえぐみがあり、
食感がかたいためです。

 

たとえるのであれば、
メロンの皮の近くのような食感です。

 

生で食べると歯ごたえもあり、
茹でて食べた方が、冬瓜の食感が良くなり、
えぐみもなくなります。

 

なので、煮物にして食べることが多いといえます。

 

ただ、生で食べた方がメリットもあり、
冬瓜に含まれるビタミンC を効率よく摂取することができます。

 

冬瓜にはビタミンCも含まれているのですが、
ビタミンCは水に溶けやすく熱に弱いので、
生の状態で 39mg/100g も含まれていたビタミンCは、
27mg/100g に減少してしまいます。

 

なのでビタミンCを多く摂取したいという方は、
生で食べた方が良いです。

 

ただ生で食べる場合、
冬瓜だけでは食べにくいので、
薄く切って他の野菜や肉と一緒にドレッシングをかけて
食べると良いです♪



冬瓜の食べ方には何がある?

冬瓜はクセがないので、
味付けしやすい野菜といえます。

 

冬瓜にはどのような食べ方があるでしょうか。

ve_2686

 

冬瓜の食べ方で最も多いのは「煮物」といえます。

 

一口サイズに切った冬瓜を下茹でし、
他の野菜や肉と一緒に調理します。

 

煮物だけではなく、
冬瓜には様々な食べ方があります。

 

冬瓜の食べ方には以下のようなものがあります。

 

 

【茹でる】
サラダ
お浸し
和え物

【煮る】
煮物
あんかけ煮
カレー

60bb0406aa6a44b576b5ff03768b8958_s

【炒める】
オイスター炒め
きんぴら
パスタソース

【揚げる】
揚げ浸し
天ぷら

【汁物】
スープ
味噌汁
ポトフ

 

一度茹でたものは、和え物にしても美味しくいただけます。

 

冬瓜は体を冷やす効果があるので、
暑い夏の時期にもおススメです。

 

冷製スープや煮物を冷やして食べるのも
美味しいです^^

 

冬瓜の人気メニューである、
冬瓜のそぼろあんかけのレシピです。

 

冬瓜のそぼろあんかけ
~必要なもの~
冬瓜1/4カット(300~400g程度)
鶏ひき肉:150g
だし汁:500cc
醤油:大さじ2杯
みりん:大さじ2杯
しょうがおろし:小さじ1/2杯
水溶き片栗粉
油:大さじ1杯

 

~つくり方~
1・冬瓜はわた・種の部分をとり、
皮をむいて、3×4cm程度の一口サイズにカットしておきます。

 

2・冬瓜を鍋にいれ、
冬瓜がかぶるくらいの水をいれて、
沸騰後5分程度加熱します。

 

冬瓜に竹串がとおるくらいになったら、
ザルにあけて冷水にいれ、
粗熱をとります。

 

3・鍋、フライパンを熱し、油をいれて、
ひき肉を炒めます。

 

火が通ったら、冬瓜をいれて、
さらにだし汁、調味料をいれて、
沸騰したら弱火にして、10~20分程度煮込みます。

 

最後に水溶き片栗粉をいれたら
完成です。

 

冬瓜の煮物は、作りすぎた場合でも
冷蔵庫で 2日 程度は日持ちします♪

 

★冬瓜に関してはこちらの記事もどうぞ
冬瓜の切り方や調理法は?下茹では必要?煮方のコツ!離乳食にも!
[br num=”1"]



冬瓜の苦いものは大丈夫?

冬瓜は、ある程度 苦味 のある野菜であるといえます。

e60dd812afc918c7810fa2f0c9d4a10a_s

 

生の状態であれば、
水っぽさの中に苦味があります。

 

煮物にしたり、汁物にいれたりすると、
苦味はほとんどなくなり、
味は染み込みやすいですが、
それでも多少苦味を感じるといえます。

 

冬瓜の苦味は、同じウリ科であるズッキーニと比較すると、
少ないと感じます。

ve_6441

 

ほのかな苦味でしたら、
冬瓜の特徴ともいえるので、食べて問題ないです。

 

苦味を気にするのであれば、
一度下茹で してから調理すると、
味も染み込みやすくなり、苦味も緩和されますよ。

 

ただ、強く苦味を感じる場合は注意が必要です。

 

苦いの強さはゴーヤレベルとされています。

 

それほど苦味が強いのでは、
毒性物質が含まれていることもあります。

 

苦味の正体は
「ククルビタシン」 という物質です。

 

同じウリ科であるズッキーニ、夕顔などへたに多く含まれていますが、
通常であればそこまで強い苦味は感じません。

 

栽培されている段階で、
何らかの影響により、ククルビタシン が多く含まれるものが
できてしまうことがあります。

 

ククルビタシンを多く含む冬瓜を食べると
頭痛・腹痛・嘔吐などの症状が起こることがあります。

 

なので、苦味をかなり強く感じる場合は、
食べずに廃棄した方が無難です。

 

ゴーヤ並に苦味の強いものは
異常ということです。

 

特に家庭菜園で冬瓜などウリ科を栽培して食べる際は
注意しましょう。

 

冬瓜はお菓子にもなっています。

[b[br num=”1"]p>

まとめ

今回は、冬瓜の食べ方をテーマにしてまとめてみました。

 

冬瓜は、煮物以外にも様々な食べ方があります。

 

生でも食べられるのですが、
多少苦味があるので、一度下茹でしてから
調理されることが多いです。

 

★こちらの記事もどうぞ
冬瓜の栄養はすごい?効果効能は何がある?ダイエットにも?

Sponsored Link