モロヘイヤの味って?調理法はどうする?旬の時期は?

今日は、モロヘイヤの味や調理法をテーマにしていきたいと思います^^

 

モロヘイヤはどんな味でしょうか。
またモロヘイヤの調理法はどうすれば良いでしょうか。

 

モロヘイヤについてまとめていきます。

41ab378b6bb4c34bc35d4439b9e51a9f_s

 



モロヘイヤの旬の時期は?

モロヘイヤの旬の時期は、6~8月 の夏の時期とされています。

 

モロヘイヤの収穫時期は植え付け時期にもよりますが、
6月 から収穫ができ、
うまくいけば 10月 くらいまで収穫が可能です。

 

なので、スーパーでは6月くらいから店頭に並ぶようになります。

 

ちなみに都内の私の家の近くのスーパーでは1袋あたり198円程度で
販売されていましたが、
実家の方の田舎だと、モロヘイヤの葉っぱがたくさん袋に入っていて、
100円という金額でした。

 

築地市場のデータで見ると、
取扱量は
6月  3,165kg
7月  7,441kg
8月  10,655kg
9月  5,130kg
10月  786kg

引用元:東京都中央卸売市場築地市場(市場統計情報:平成28年)モロヘイヤ

 

10月になると一気に流通量は減ります。

 

なので、モロヘイヤは出初めから9月 くらいまで
楽しむことができます^^

ad02a9b906da55cf0af2617c2e1ec967_s

 

なお、モロヘイヤの生産は群馬県 が盛んです。

 

流通量の約1/3量は群馬県です。(平成26年度データ)

 

モロヘイヤは、収穫しても次々とわき芽がでてきて、
長く収穫を楽しむことができますし、
収穫量も望める野菜なので家庭菜園でも人気です。



モロヘイヤの味は?

モロヘイヤは、ネバネバが特徴的ともいえますが、
どのような味がするのでしょうか。

 

モロヘイヤを食べたことがないと、
モロヘイヤの味はわかりませんよね。

 

モロヘイヤの味は一般に
「ほとんどくせがない」
とされています。

64bfd9815bf0b112a3c308bdf54832c7_s

 

葉物野菜の中でも、ほうれん草はえぐみがかなり強かったり、
ニラはにおいがきつかったり…

 

栄養価の高い野菜は、くせが強いことが多いのですが、
モロヘイヤはくせが少ないです。

 

とはいえ、 青臭さ があるので、生ではなく茹でてから
食べた方が美味しいです。

 

生のモロヘイヤをそのまま食べると、
葉っぱを食べているような感覚です。

 

ただ葉はとても柔らかく、
歯ごたえはあまりありません。

 

茹でると青臭さが減り、あまり強い味がしません。

IMG_3519

 

なので、モロヘイヤ単体で食べるということは少なく、
醤油やポン酢をかけて、
味わうことの方が多いです。

 

味というよりも
ネバネバの食感を楽しむ野菜 といえるかもしれません。

 

 



モロヘイヤの調理法は?

では、そんなモロヘイヤの調理法はどうすれば良いでしょうか。

 

モロヘイヤは葉物野菜ですが、
パッと見どのように調理すれば良いのか難しいところですよね。

 

モロヘイヤは茎に葉がついた状態で販売されていますが、
基本的に茎も調理することができます。

 

茎の部分は食べないという方もいますが、
捨てるのがもったいないという方は、
茎の部分も葉と一緒に調理してしまいましょう。

 

 

モロヘイヤを茹でる

調理法として、モロヘイヤは茹でてから
細かく刻んで食べるというのが一般的です。

 

茹でて細かくすることで、
モロヘイヤ独特のネバネバ感がでてきます。

 

1・まずは、モロヘイヤをさっと洗い、
茎つきのものは、葉だけをつむようにします。

2・続いて、鍋にお湯を沸かし、
塩をひとつまみ程度いれて、モロヘイヤの葉をいれて、
10~20秒ほど茹でます。

IMG_3518

 

3・葉がしなっとしたら、ザルに葉をあげて
水にさらし、粗熱をとります。

 

4・軽くしぼって水気を切ったら、
包丁で細かくたたきます。

IMG_3520

 

そうすると、モロヘイヤから粘りがでてきます。

 

あとはお好みの食べ方でモロヘイヤを♪

 

モロヘイヤは茎の部分も食べることができます。

 

★詳しくはこちらをどうぞ
モロヘイヤの下ごしらえ方法!食べ方はどうする?茎も食べれる?

 

またモロヘイヤはで食べるということも可能です。

 

ただ生の状態だと、青臭くて食べにくいので、
調理する際は、他の野菜と一緒に混ぜたり、
ドレッシングをかけるなどして調理するのが良いです。

 

★モロヘイヤの生食に関してはこちらをどうぞ
モロヘイヤのネバネバ成分とは?生でも食べられるの?

 

モロヘイヤの調理法としては、
「お浸し」 として、
刻んだり、ざく切りしたモロヘイヤに
醤油、かつお節を少々かけて食べる方法が王道といえます。

 

他にも刻んだものは
スープにしたり、
うどんやそうめんにのせる、
丼にのせて食べるなどの方法もありますし、
納豆と混ぜて食べても美味しいです^^

IMG_3618

 

また炒め物やパスタの具材にしても
美味しくいただけます。

 

揚げ物にしたり、チヂミにしても美味しいです。

 

そんなモロヘイヤはβカロテンやビタミンEなど、
抗酸化作用の強いビタミンや食物繊維量などが
豊富に含まれています。

 

夏野菜のモロヘイヤは、
夏バテにもおススメです^^

 

★モロヘイヤの栄養価についてはこちらもどうぞ
モロヘイヤの栄養がすごい!栄養価や効果効能は?加熱すると?

 

冷凍のモロヘイヤも♪


野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、モロヘイヤの旬の時期や味、そして調理法をテーマにして
まとめてみました。

 

モロヘイヤの旬は、夏の時期です。

 

モロヘイヤは1袋200円程度で購入できますが、
栄養価の高い野菜です。

 

そして栄養価は高いですが、
くせのない味でとても食べやすいです。

 

また茹でたモロヘイヤは、定番のお浸し以外にも、
スープにするなど、
様々な食べ方があります。


Sponsored Link