生たけのこの下処理・あく抜き・茹で方は?保存はどうする?

Sponsored Link


今日は、生たけのこをテーマにしていきたいと思います^^

 

生たけのこの下処理、あく抜き、茹で方はどうすれば良いでしょうか。
また保存はどうするのが良いのか。

 

生たけのこについてまとめていきます。

86f303ceb64d7d05aad61ff4ea0ff32a_s

 

生たけのことは?

生たけのことは、その名のとおり、調理されていない
たけのこのことです。

 

たけのこの旬は4~5月 の時期で、
この時期になると、調理されていない、
そのままの状態のたけのこが店頭に並びます。

ve_5378

 

ですが、この旬の期間以外はたけのこは収穫することができないために、
水煮や干したけのこなど、
調理済みのたけのこしか店頭に並びません。

 

ですので、生のたけのこが食べられるのは、
春だけの楽しみともいえます^^

 

普段水煮で販売されているたけのこを購入されている方は、
生のたけのこの調理が難しそう…
と思うかもしれませんが、
生のたけのこも簡単に調理することができます。

 

葉物野菜などと比較すると、
ゆで時間も長くて手間はかかりますが、
自宅で簡単にチャレンジできます!

 

 

生たけのこの調理法

では、生たけのこの調理の方法についてみていきましょう。

 

生のたけのこを購入したら、
調理の際に、あく抜きという作業が必要になってきます。

 

このあく抜きをしないと、えぐみが強くて食べられないものもあるので、
しっかりあく抜きをして調理しましょう。

 

なお、掘りたてで新鮮なものは、
生の状態でも美味しくいただけるものもあります^^

 

 

【下処理】
1・まずは、たけのこについている泥を落とすために、
たけのこをよく洗います。


 

2・たけのこの穂先を上から斜めに
切り落とします。


 

穂先は、特にえぐみが強いとされる他、
火の通りをよくするためです。


 

3・たけのこの芯の部分は傷つけないようにし、
皮の部分に縦に1~2cm程度の切込みを
いれます。


IMG_3220

これは穂先と同様、火が通りやすくなります。

 

また皮をむく際にも簡単ですし、
ぬかを洗い流しやすくなります。



【あく抜き・茹でる】
生たけのこの下準備をしたら、
次は実際に茹でていきます。

 

あく抜きには様々な種類があり、
野菜によっては、酢水につけておくだけだったり、
茹でたり、水につけておくだけ、、
など様々ですが、たけのこのあく抜きは、米ぬかを使用して、
えぐみ成分を吸着させます。

 

1・まずは、たけのこがすっぽり入るくらいの鍋を用意して、
そこにたけのこ、たけのこがかぶるくらいの水、
米ぬか1/2~1カップ、唐辛子1~2本程度をいれ、
火にかけます。


最初は中火~強火で沸騰するまで加熱します。

IMG_3222

 

2・沸騰したら、火加減を調整し、
弱火でさらに 40分~1時間 程度茹でます。


 

500g程度の普通サイズのたけのこでも、
1時間茹でればOKです。


 

3・かたい部分に竹串をさし、
すっと通れば、しっかり茹でらえた証拠です。


 

逆に、竹串がしっかり通らない場合は、
追加で茹でます。


 

4・火をとめて、
ゆで汁の中で、たけのこを冷まします。


 

一晩中冷ましてしまってもOKです。

 

これでたけのこのあく抜きの完成です。

 

たけのこを煮物などに調理する場合は、
ぬかを水でしっかり洗い流し、
皮をむいてから調理します。

 

古いたけのこは、えぐみが強くなっていることもあるので、
皮をむいたあとに、
さらに10分ほど茹でて水にとって冷ますと良いです。

 

また、皮を剥く際は、
穂先の上の方の柔らかい皮の部分は、
【姫皮】 といって食べられるので、
この部分は捨てないようにします。

IMG_3229

 

和え物にしても美味しくいただけます^^

 

 

スポンサーリンク



生たけのこの保存方法は?

生たけのこを手に入れたらなるべく早めに
茹でてしまった方が良いです。

 

たけのこは、生の状態では日持ちしません

 

とはいっても、
すぐに茹でられないという場合、、
たけのこの保存適温は 0℃ とされているので、
常温よりは冷蔵保存の方が良いといえます。

 

とはいっても、
たけのこは1つ1つサイズがとても大きいので、
1日でも冷蔵庫で保存しておくのは
大変ですね。

 

なぜたけのこの生の状態での保存がむいていないのか…
というと、
たけのこは掘ってから時間がたつと、
えぐみ が増してくるのです。

 

そして硬くなっていくので、
掘りたての状態を保つのであれば、
なるべく茹でてしまった方が良いのです。

 

たけのこのあく抜きをしたら、
水をはったタッパーを用意して、
そこに皮をむいた竹の子をいれます。

IMG_3231

 

毎日水を換えれば、
5日~1週間 程度の保存が可能です。

 

ただ、水をかえたものは日持ちしやすくはなりますが、
それでも腐敗臭がしたら、
悪くなっているので食べないようにしましょう。

 

★その他の保存方法に関してはこちらをどうぞ
たけのこの保存方法!冷凍もできる?賞味期限・保存期間!日持ちしない?

 

ゆでたものは冷凍しておくことも可能です。

 

朝採りたけのこも


スポンサーリンク



まとめ

今回は、生たけのこをテーマにしてまとめてみました。

 

生たけのこはそのままの状態では
日持ちしません。

 

日持ちさせるためには、
一度茹でてあく抜きする必要があります。

 

生たけのこを食べられる期間は限られています。

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ