たけのこの値段の相場は?スーパーでの比較!選び方のポイントは?

Sponsored Link


今日は、たけのこの値段の相場をテーマにしていきたいと思います^^

 

たけのこの値段はスーパーではどれくらいでしょうか。
またたけのこの選び方にポイントはあるのでしょうか。

 

たけのこについてまとめていきます。



 

たけのこの値段の相場は?

たけのこは、3~5月 が旬の野菜です。

 

たけのこがスーパーなど店頭に並ぶようになると
春の訪れを感じるという方も多いのではないでしょうか。

 

そんなたけのこですが、
スーパーでは、どれくらいの値段で販売されているのでしょうか。

 

たけのこの値段についてまとめていきます。

 

※大阪府 4月下旬~5月上旬
これまでスーパーの値段に関しては東京のデータを記載していましたが、
今回大阪へ引っ越しをしたので、大阪府のデータとなります。

 

 

~イオン~
全国展開しているスーパーです。

 

生のたけのこ~タケノコの水煮まで販売しています。

 

生たけのこ大サイズ(貝塚市産) ¥880 (税抜き)
生たけのこ中サイズ(福岡県産) ¥498 (税抜き)
皮つきボイルたけのこ ¥598 (税抜き)


【水煮たけのこ】
水煮たけのこ(九州産) ¥298 (税抜き)
オーガニックたけのこ ¥298 /100gあたり(税抜き)
穂つきたけのこ ¥198 (税抜き)



画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/pon_drink/30663960.html

 

オーガニックたけのこ水煮1袋(225g) ¥198 (税抜き)


画像引用元:https://www.aeonnetshop.com/

 

~オークワ~
和歌山、大阪、奈良、三重、兵庫、愛知、岐阜で展開されている
スーパーです。

 

国産生たけのこ1個 ¥598 (税抜き)
国産皮つきボイルたけのこ1個 ¥598 (税抜き)
穂つきたけのこ(中国産) ¥158 (税抜き)


 

近くのスーパーではこのような結果でした。

 

一般に販売されている中サイズのたけのこは、
だいたい 498~598円 が相場ということになります。

 

ちなみに去年のデータですが、
丸正スーパーでは、100gあたり 98円 という値段で
販売されていました。



 

内容量は中サイズで566gです。

 

そのときの値段が554円でしたので、
去年も今年も、生たけのこの値段はあまり
変わっていなかったというわけです。

 

東京中央卸売市場のデータをもとにすると、
平成28年度のたけのこの取引額は
4月¥339/kg
5月¥415/kg


このようになっています。

※全市場の合算
http://www.shijou.metro.tokyo.jp/torihiki/geppo/

 

平成29年度のたけのこの取引額は
4月¥538/kg
5月¥518/kg


と28年度よりも29年度のたけのこの方が取引額は高いです。



 

まだ30年度の4月と5月のデータはでていませんが、
3月までの傾向ですと、
平成28年度とほぼ同じくらいの値段で取引されていました。

 

なので、今年のたけのこの値段は去年よりは安かったという
予想です。

 

あまりスーパーで販売されている値段は、去年と変わらない気が
しますね。

 

 

スポンサーリンク



通販でのたけのこの値段の相場は?

ネットでも天然もののたけのこが販売されていますが、
値段の相場はどれくらいでしょうか。



 

通販のたけのこの場合は、
お店のように1個単位ではなく、だいたいkg単位で
販売されることが多いです。

 

お店によってもピンキリなのですが、
天然ものは1kgあたりですと
500~1200円 程度です。

 

国産であっても、有機栽培のものの方が
たけのこの値段は高くなります。

 

通販で購入された場合は、
到着し次第、なるべく早く調理してください。

 

たけのこは生でおいておくと、
えぐみがでやすくなるので注意が必要です。

 

またたけのこの中でも、天然の根曲がり竹 の方が値段が高く、
1kgあたり 2000~3000円 程度で販売されています。



ちなみに私は、去年の6月上旬にたけのこ4kgを
2500円で購入していました。

 

1㎏あたり625円です。

 

6月上旬ですが、あく抜きをしっかりして
煮物にしておいしくいただきました。

 

私が購入したたけのこはこちらです


流通量は4~5月がやはり多いですが、
価格は、6月の方が安くなります。

 

6月に多く出回るのは、本竹ですが、
4月に多い孟宗竹
5月に多い淡竹同様に、おいしくいただけます。

 

また、天然のものではなく、水煮のたけのこであれば
中国産のもので 250円 (1パック200g程度)

国産のもので 500円 (1パック300g程度)
で購入することができます。

 

水煮であっても、国産よりは中国産のたけのこの方が
安く購入することができます。

 

 

スポンサーリンク



たけのこを選ぶときのポイントは?

ネット通販でもスーパーでもたけのこを購入することができますが、
たけのこを選ぶポイントは何でしょうか。

 

スーパーで販売しているものは、
だいたいラップでくるんであるので、
見た目で購入しやすいです。

 

たけのこを購入する際のポイントは以下のようになっております。



 
・根本のイボが小さくて赤っぽいもの
・穂先の色が黄色っぽいもの
・外側の皮が薄い茶色でツヤのあるもの
・重みがあるもの
・ずんぐりして短いもの
・切り口が白くみずみずしいもの
 

穂先が緑っぽくなっているものは、
日光に当たりえぐみが強くなっているものです。

 

またイボが大きくなっているものは、
かなり育っている証拠になります。

 

通販で購入するときは、
お店任せになりますが、スーパーで購入する際は、
外見でも良いものを購入してください。

 

 

まとめ

今回は、たけのこの値段の相場をテーマにして
まとめてみました。

 

たけのこの値段は、その年によっても変わってきますが、
だいたい生たけのこの中サイズ1本あたりで
500~600円程度になります。

 

出始めの3月が高く、4・5月と経過するにつれて
たけのこの販売価格も安くなっていきます。

 

★こちらの記事もどうぞ
生たけのこの下処理・あく抜き・茹で方は?保存はどうする?

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ