大根の食べ過ぎはダメ!?でも便秘解消効果も!アレルギー症状はある?

今日は、大根の食べ過ぎや便秘解消をテーマにしていきたいと思います^^

 

大根の食べ過ぎは副作用があるのでしょうか。

また便秘解消には効果があるのでしょうか。

 

そして大根にアレルギー症状はあるのでしょうか。

そんな大根についてまとめていきます。

433c86f4b9d5c6d120283b5b3f33f731_s

 



大根の食べ過ぎはダメ?

大根は、11~2月 が旬の時期とされています。

 

そんな大根は、秋が旬のさんまと一緒に食べられることも
多くなっています。

 

それは大根に含まれている
ジアスターゼ 」(アミラーゼ)や オキシターゼ などの
消化分解酵素が多く含まれています。

 

ジアスターゼは、主にでんぷんの分解酵素
米をはじめとするでんぷんを分解してくれるので、
胃もたれ 胸やけ といった消化のトラブルを軽減してくれる
働きがあります。

 

またオキシターゼは、魚を焼いたときにできる
「焦げ」に含まれており、
発がん性の物質を解毒 するとされています。

 

ですので、さんまと一緒に食べることが推奨されているんですね^^

6b752cac1a6a18545d193fafb9cfa768_s

他にも
プロテアーゼ(タンパク質分解酵素)
リパーゼ(脂質分解酵素)

も含まれています。

 

そんな大根ですが、辛味を感じることもあると思います。

 

この辛味の原因は、【イソチオシアネート 】という成分で、
わさびや辛子の香味成分ですが、
アブラナ科であるキャベツやブロッコリー、そして大根にも
含まれています。

 

このイソチオシアネートは、辛味成分であるだけでなく、
がん抑制効果、肝臓の解毒作用 を助ける効果もあるとされています。

 

しかし、大根を食べ過ぎると、このイソチオシアネートが影響し、
胃痛の原因 となることがあります。

62ae7c31b4ea0fb9582f5661acdd49ce_s

消化を助けてくれる大根が逆に悪影響を及ぼすことに。

 

このイソチオシアネートの過剰摂取によって、
胃痛・下痢などの症状を起こすことがあるので、
食べ過ぎには注意
しましょう。

 

イソチオシアネートは熱に弱いので、
加熱してある煮物等であれば問題ないですが、
大根おろしの場合は、摂取しすぎると副作用が起こることがあります。

 

しかし、イソチオシアネートにも発がん抑制など
良い効果もあるので、
適度に摂取するのが良いといえます。

 

摂取基準は特に決まっていませんが、
毎食お茶碗1杯程度摂取していたら食べすぎです。

 

さんまにのせて食べる量くらいが適量かと思います。



大根には便秘解消効果も?

大根には便秘解消効果もあるとされています。

 

というのも、大根にはそこまで多くの食物繊維量が
含まれているというわけではないですが、
100g中
生の大根: 1.4g
ゆでた大根: 1.6g

 

もの食物繊維量を含んでいます。

 

切り干し大根の場合は、100gで20.7g(戻す前)
もの食物繊維量を含みます。

 

大根そのものでみると、
100gあたり1.4g程度と食物繊維量が多いというわけではないですが、
大根は一度に食べる量が多く、

 

おでんなどに含まれている大根厚み3cm程度のもので、
100g程度の重さがあります。

 

大根は90%以上が水分なので、
気軽に食べられてしまうので、
1度に食べる量が多い、そして煮物や鍋など多くの料理に使われる
消費量から考えると、
食物繊維量の効率良い供給源 といえます。

110611

 

おでんの大根2個摂取しただけで、食物繊維量を3g程度
摂取したことになります。

 

食物繊維量は、 便秘を改善 するだけでなく、
血糖値の上昇を抑える効果 も期待できます。

 

また、大根は多くの酵素を含み、
消化も助けてくれることから、腸内環境を良くするのに
役立つ野菜といえます。

 

切り干し大根なら手軽に摂取しやすい♪




大根のアレルギー症状は?

そんな様々な効果もある大根ですが、
アレルギー症状はあるのでしょうか。

 

一般に大根は、アレルギー症状がでにくい
野菜とされています。

 

野菜の中でもアレルギー症状が起こりやすいものはあり、
特に、ナスやトマト、ニンニク、山芋、里芋などでは
アレルギーのような症状として、
口がかゆくなったり赤く腫れたりすることもあります。

 

ですが、大根をはじめとするアブラナ科では
アレルギー症状が起こることは稀といえます。

 

ただ、花粉症の人は、
花粉症の種類にもよりますが、
口の中が赤く腫れたり、かゆくなったりする
口腔アレルギー症状

 

大根をおろしたときに手がかゆくなる
などの症状が起こる人もいるようです。

 

このような方は、一度医療機関で検査をすることをおススメしますが、
検査機関によっては大根の検査を対象外としているところもあります。

 

もしかしたら、大根が原因ではない可能性もありますので、
一度相談してみると良いといえます。

 

また赤ちゃんの場合でも、大根はアレルギー症状が
起こりにくいので、離乳食にもおススメですが、
最初はすりつぶして与えて様子を見るようにしましょう。

 

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、大根の食べ過ぎや便秘解消効果、
そしてアレルギー症状をテーマにして
まとめてみました。

 

大根の食べ過ぎは、生の状態ですと、
胃痛・腹痛などの症状を起こすこともあります。

 

また、大根は1回に摂取できる食物繊維量が多いため、
便秘解消の効果もあります。

 

アレルギー症状が起こることは稀ですが、
症状が起きた場合、他の食物の原因も考えられるので、
検査をしてみることをおススメします。

 

★こちらの記事もどうぞ
大根の栄養価が高い!加熱後は?効果や効能がすごくてダイエットも?


Sponsored Link