ブロッコリーの種類は多い?品種は何がある?カリフラワーとの違いは

今日は、ブロッコリーの種類や品種をテーマにしていきたいと思います^^

 

ブロッコリーの種類は多いのでしょうか。
また、ブロッコリーの品種にはどのようなものがあるのでしょう。

 

また、ブロッコリーとカリフラワーの違いは何でしょうか。

そんなブロッコリーについてまとめていきます。

f5f25226489eff0285454a7e902959d3_s

 



ブロッコリーの種類は何がある?

ブロッコリーは、1年中スーパーで販売されていますが、
旬は、11~3月 の冬の時期となっています。

 

ですが、緑黄色野菜の代表でもあり、
βカロテン、ビタミンCなど多くのビタミンやミネラルを含んでいます。

 

そんなブロッコリーですが、
どのような種類や品種があるのでしょうか。

 

ブロッコリーについてまとめていきます。

 

 



ブロッコリー

一般的なブロッコリーは、アブラナ科に属しており、
実は、キャベツと同じ仲間です。

ve_6382

そんなブロッコリーは、太い茎に花茎・花蕾があり、
それを食用とします。

 

また、あくがほとんどなく、甘味があって歯ごたえもあります。

 

そんな特徴を活かし、
ゆでてサラダにされることが多いですが、
他にも炒めものや焼き物料理にされることもあります。

 

そんなブロッコリーは、実は多くの品種があります。

 

 

ピクセル
春まき・夏まきともに作りやすい品種で、早生品種です。

ハイツ
中早生種で、くせのないのが特徴。
側枝花蕾がとれるので、多収種です。

緑帝
鮮やかで、花蕾が濃緑色なのが特徴です。
花蕾がきめ細かいです。家庭菜園にもおススメ。

緑嶺
中早生種で、花蕾は濃緑色で、形が良く、大きいのが特徴です。
家庭菜園向きです。

夢ひびき
85日程度で収穫できる極早世品種です。
花蕾は濃緑色でドーム型なのが特徴です。

おはよう
アントシアニンフリーで、低温伸長性に
すぐれる品種です。

グランドーム
中晩生品種で、花蕾は肥大性にすぐれています。

グリーンキャノン
根こぶ病耐病性をもつブロッコリーで、
花蕾も高品質です。

ハートランド
冬どりの品種で、アントシアニンフリーです。
小ぶりで密植できるのが特徴。

沢ゆたか
中早生品種で、花蕾は大型なのが特徴です。



茎ブロッコリー

茎ブロッコリーは、普通のブロッコリーとは少し違い、
茎自体が細長く、そして茎の先に蕾がついています。

ve_5845

そんな茎ブロッコリーは、茎の部分もおいしく食べられますし、
花の部分と食感が違うので、
それぞれの美味しく食べることができます。

 

そんな茎ブロッコリーには、様々な品種があります。

 

 

スティックセニョール
ブロッコリーと中国野菜の「カイラン」をかけあわせて作った品種で、
15~20cmほどの大きさに成長。
アスパラのような歯触りがあり、甘味もあります。

グリーンボイス
茎が細くて柔らかいのが特徴のブロッコリー。
家庭菜園むきで長期収穫も可能です。

グリーンコーラル
甘味もあって、側枝の茎が太く、ボリュームもあります。

冬紫宝
紅紫色が特徴の茎ブロッコリーです。
しかし、茹でてしまうと緑色に近いものになります。
アントシアニンを含みます。

 

 

ブロッコリースプラウト

ブロッコリースプラウトは、ブロッコリーの種子を発芽させて、
緑化させたものです。

ve_4564

かいわれ大根よりも辛味が少ないのが特徴です。

 

また、ブロッコリースプラウトは、スルフォラファンを
多く含んでいます。
このスルフォラファンは、抗酸化作用が高く、
抗ガン作用 も効果があるとされています。

 

また、ブロッコリースプラウトよりも、スルフォラファンを多く含むものを
ブロッコリースーパースプラウトと呼び、
発芽3日目で収穫されます。

 

 

ブロッコリーとカリフラワーの違いは?

形状が似ているブロッコリーとカリフラワーですが、
どのような違いがあるのでしょうか。

 

ブロッコリー・カリフラワーともに、
アブラナ科アブラナ属に分類されており、
どちらもキャベツの仲間 です。

5c6d081362415d021eff81a026350125_s

とちらもキャベツの一変種とされており、
起源は、地中海東部沿岸地方とされています。

 

カリフラワーは、古代ローマ人が似た植物を栽培しており、
それが文化したものだと考えられています。

 

そして、ブロッコリーもカリフラワーも、
明治時代初期に日本にわたり、
昭和30年代頃から消費が増えたとされています。

 

ブロッコリーもカリフラワーもどちらもビタミンC
多く含みますが、ブロッコリーは 緑黄色野菜 に分類されており、
βカロテン含有量も多いといえます。

 

一方のカリフラワーは、淡色野菜に分類されています。

 

どちらも生食には向かず、
下茹ですることが多いですが、
ブロッコリーは、加熱することで、ビタミンCは損失しやすいですが、
カリフラワーは、加熱しても減少量が少ないとされています。

 

かつては人気の高かったカリフラワーですが、
現在では、ブロッコリーの方が、生産量・消費量ともに
大きく上回っています。

 

栄養価の高い、ブロッコリースプラウトも人気です♪

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、ブロッコリーの種類や品種をテーマにしてまとめてみました。

 

ブロッコリーは、頂花蕾の部分を収穫し、
頂花蕾を摘んだあとに出てくる「側花蕾」を摘んだ
茎ブロッコリーというものもあります。

 

茎ブロッコリーは、あまりスーパーで見かけることはないですが
種子から育てることもできます!

★こちらの記事もどうぞ
ブロッコリーの栄養価がすごい!効果や効能は?癌にも?冷凍してもOK?


Sponsored Link