健康

切り干し大根のカロリーはどれくらい?煮物だと?糖質には要注意!

今日は、切り干し大根をテーマにしていきたいと思います^^

 

切り干し大根のカロリーや糖質はどれくらいなのでしょうか。
また、煮物にした場合のカロリーは…

 

そんな切り干し大根についてまとめていきます。

food_kiriboshi_daikon

 



切り干し大根のカロリーはどれくらい?

切り干し大根は、煮物にもよく利用されていますよね。

 

その名前の通り、大根を天日干ししたもので、
煮物や炒め物などにも使用されています。

 

基本的に、乾燥したまま販売されており、
それを戻すことで調理に利用できます。

 

ミネラル類も豊富です。

 

食品成分表によると、切り干し大根100gあたりの
栄養成分は、

エネルギー:279kcal
水分:15.5g
たんぱく質:5.7g
脂質:0.5g
炭水化物:67.5g
食物繊維:20.7g

 

これが戻す前の100gあたりの
切り干し大根の栄養成分となっています。

 

乾燥しているものなので、
100gあたり 279kcal
カロリーは高いですが、食物繊維も非常に豊富です。

 

実際は、切り干し大根をもどして使用しますね。
1食あたりは約30g 程度ですので、
1食分あたりのカロリーは、
84kcal ということになります。

 

 

切り干し大根の煮物のカロリーはどれくらい?

切り干し大根を水で戻し、煮物にしたものも
人気のある副菜です。

 

煮物にするとカロリーはどれくらいでしょうか。

 

(2人分)

切り干し大根(乾燥):30g
油揚げ:15g
人参:20g
みりん:35g
醤油:25g
かつおだし:200cc

 

で調理した場合
それぞれのカロリーは、
切り干し大根(乾燥):84kcal
油揚げ:58kcal
人参:7kcal
みりん:84kcal
醤油:18 kcal
かつおだし:6kcal

となり、
合計 257kcal 程度となります。

ですので、それぞれの量にもよりますが、
だいたい一人分の切り干し大根の煮物の
カロリーは、100~120kcal程度になります。

 

 



切り干し大根の糖質はどれくらい?

切り干し大根の糖質はどれくらいでしょうか。

 

基本的に 糖質=炭水化物-食物繊維 で計算することができます。

 

ですので、
切り干し大根100g(乾燥)の糖質は、
糖質=炭水化物-食物繊維=67.5-20.7=46.8

 

よって切り干し大根100gあたりの糖質は、
46.8g ということになります。

 

 

乾燥しているものなので、
ほとんどが炭水化物となり、
糖質も高くなります。

 

1食あたり30g 程度で糖質は、
14.1g
となります。

 

戻して使用する切り干し大根ですが、
糖質は高めですので
注意が必要です。

 

 

切り干し大根の煮物の糖質はどれくらい?

また、煮物の場合も同様に
計算することができます。

 

先ほどと同じレシピとすると、
それぞれ糖質は、

切り干し大根(乾燥):20.3-6.2=14.1g
油揚げ:0.4-0.2=0.2g
人参:1.8-0.5=1.3g
みりん:15.1-0=15.1g
醤油:2.5-0=2.5g
かつおだし:0

合計 33.2g

 

ということになります。

 

切り干し大根・みりんともに糖質が
高いので、全体的に糖質は高めです。

 

ご家庭で作るときは、みりんの量を調整するなどの
対策がとれれば糖質は低くなりますね。

 

 



まとめ

今回は、切り干し大根のカロリーや糖質について
まとめてみました。

 

切り干し大根は、大根からできているものですが、
カロリーや糖質は高めですので注意が必要です。

 

冷凍の簡単切り干し大根♪

Sponsored Link