干し芋のカロリーや栄養効果とは?食物繊維が豊富で○○に効果が

Sponsored Link


今日は、干し芋の栄養効果やカロリー、そして食べ方をテーマにしていきたいと思います^^

 

干し芋といえば、さつまいもを乾燥させたものですが、甘味が強く、人気がありますよね。
さつまいもとはカロリー、そして栄養はどの程度違うのでしょうか。

 

そんな干し芋についてまとめていきます★

food_hoshiimo

 

干し芋のカロリーや栄養効果とは?

干し芋にはどれくらいの栄養やカロリーが含まれているのでしょか。

 

食品成分表をもとにすると、
干し芋100gあたりの栄養成分は、

 
エネルギー: 303kcal
水分:22.2g
タンパク質:3.1g
脂質:0.6g
炭水化物:71.9g
食物繊維:5.9g
ビタミンE:1.3mg
ビタミンC:9mg
カリウム:980mg
となっています。

 

ちなみにさつまいも生の100gあたりの栄養成分は、

 
エネルギー: 132kcal
水分:66.1g
タンパク質:1.2g
脂質:0.2g
炭水化物:31.5g
食物繊維:2.3g
ビタミンE:1.6mg
ビタミンC:29mg
カリウム:470mg
 

ですので、さつまいもの成分をぎゅぎゅっと凝縮したような感じになっています。

 

 

干し芋のカロリーは100gあたり 303kcal ですが、
ご飯 100gあたりのカロリーは、
168Kcal ですので、
干し芋の方がカロリーが高いということになります。

 

ご飯より約1.5倍もカロリーが高いという計算ですね!

 

また、さつまいもの加工品では、蒸したふかし芋や、焼きいもなどの
調理法もありますが、
蒸した 場合は、100gあたり、 131kcal
そして焼いた 場合のカロリーは、 163kcal となっており、
干し芋のカロリーの方が、いずれにしろ高いです。

 

 

100gあたりで303kcalというと、
ショートケーキ約100gあたりに相当します。
ですので、気軽に食べられる干し芋ですが、
実はカロリーが高いのです。

Sponsored Link

干し芋の栄養成分は?

干し芋に多く含まれている栄養素として、
カリウム食物繊維 があげられます。

 

またビタミンEも多く含まれています♪

 

カリウムは、ナトリウム濃度を調整する役割があります。
ですので、カリウムを多く含む食品を食べると、
余分な水分をだし、 むくみ を解消する効果があります。

 

カリウムが不足すると、脱力感があったりイライラする
原因となります。

 

干し芋に含まれているカリウムの量は、
100gあたり980mgと、生のさつまいもの2倍 です。

illust2729

ちなみに1食に必要なカリウムは、833mgですので、
干し芋を100g食べることで
必要なカリウムの量を補うことができます★

 

1枚約35gですので、3枚程度食べれば
栄養を摂取することになりますね!

 

また、干し芋には、100gあたり 5.9g もの食物繊維
含まれています。

 

食物繊維といえば、
ずばり【便秘】に効果があります。

 

干し芋の便秘解消の効果は抜群で、
辛い便秘だった人も、干し芋を食べることで、
便秘が解消したという方もいます。

Perfect beautiful body of young girl

ですので、便秘でお困りの方には、
干し芋を摂取することをおススメします!

 

おならを心配する方も多いですが、
さつまいもによるおならは実は臭くないのです^^

 

★こちらの記事もどうぞ
さつまいもを食べるとおならがでるのはなぜ?便秘が悪化するの?

まとめ

今回は、干し芋のカロリーや栄養効果についてまとめてみました。

 

干し芋はカロリーは高いですが、
お菓子などとくらべると、自然な甘さですし、
体にも良い、ビタミンやミネラルも含まれている
健康食です^^

 

また便秘やむくみ解消にも効果があるので、
困っている方は、干し芋を食べて解消するのも
良いですね♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ