豆苗の栄養はすごい?効果・効能は?加熱するとどうなる?

Sponsored Link


今日は、豆苗の栄養をテーマにしていきたいと思います^^

 

豆苗にはどのような栄養があるのでしょうか。
また効果・効能は何があるのでしょうか。

 

豆苗についてまとめていきます。

17a0a7de8438aa226a4b42fc589a67ab_s

 

豆苗の栄養には何がある?

豆苗は1年中流通していますし、
野菜の中でもそんなに値段が高くないので、
お財布にも優しい食材ですよね。

 

そんな豆苗は、
えんどう豆を水耕栽培して、発芽させたもの
です。

 

あれは、スプラウトとも呼ばれる「新芽」 なのです。

 

スプラウトは、豆苗の他にもブロッコリースプラウトや、
かいわれ大根など、パックで販売されています。

 

これらは栄養価が高く、
がん予防にも効果があるといわれています。

 

では実際豆苗にはどのような栄養があるのでしょうか。

 

 

豆苗の栄養成分(100gあたり)

食品成分表をもとにすると、
豆苗100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 
芽生え(生) 芽生え(ゆで)
エネルギー(kcal) 24 27
タンパク質(g) 3.8 3.6
脂質(g) 0.4 0.6
炭水化物(g) 3.2 3.8
食物繊維(g) 2.2 3.5
カリウム(mg) 130 73
カルシウム(mg) 7 8
鉄分(mg) 0.8 0.9
βカロテン(µg) 3100 4800
ビタミンB1(mg) 0.17 0.1
ビタミンB2(mg) 0.21 0.08
ビタミンB6(mg) 0.15 0.07
ビタミンB12(µg) 0 0
ビタミンK(µg) 210 300
ビタミンC(mg) 43 14
葉酸(mg) 120 51
ビタミンE(mg) 1.6 3.2
 

※食品成分表には、トウミョウ・茎葉と
トウミョウ・芽生えの項目がありますが、
スーパーで多く流通しているのは、トウミョウ・芽生えの方なので、
そちらのデータを記載しています。

 

このように豆苗には様々な栄養成分が含まれています。

 

豆苗で注目すべき栄養成分は以下のようになります。
・βカロテン
・葉酸
・ビタミンC
・ビタミンK
・ビタミンE
・ビタミンB群
 

豆苗はたくさん野菜がある中でも
栄養価が高い方です。

 

元からスプラウトは、新芽であり栄養価が高いことで
注目されていますが、
豆苗には様々な栄養が含まれています。

ve_4545

 

体に嬉しい効能もたくさんあります。

 

次から具体的に、豆苗の効果効能について
まとめていきます。

Sponsored Link

豆苗の効果・効能

では、豆苗にはどのような効果・効能が
あるでしょうか。

5dfa9fd57a40e9bb00993c0b7a08d252_s

 

豆苗は非常に栄養価が高いです。

 

しかも再生栽培も可能で、
優秀です!

 

では具体的に説明していきます。

 

 

1・抗酸化作用(βカロテン)
豆苗にはβカロテンが豊富に含まれています。

 

βカロテンは、緑黄色野菜に多く含まれており、
抗酸化作用が強い物質です。

 

3100µg/100g という数値は野菜の中でも
トップ20以内に入ります。

 

体内で、ビタミンAに変換され、
・皮膚や粘膜の健康維持
・風邪を予防する
・夜盲症を予防する


などの効能があるとされています。

 

またビタミンAに変換されなかったβカロテンは、
・がんを予防する
・動脈硬化などの生活習慣病を予防する


といった効能があります。

 

生の豆苗100gで1日に必要なビタミンAのうち、
50% も補えます。

 

 

2・美肌効果(ビタミンC)
ビタミンCは、コラーゲンの生成を助ける、
しみ、しわを予防するなど美肌効果 があります。

biyou_tsurutsuru

 

またβカロテン同様に、
風邪を予防する作用もあります。

 

ビタミンCは、主に野菜や果物に多く含まれていますが、
野菜の中でもトップ15に入る含有量です。

 

生の豆苗100gで1日に必要なビタミンCの
50%を摂取できます。

 

それだけビタミンC含有量が多いということです。

 

 

3・骨を丈夫にする(ビタミンK)
ビタミンKは、骨を丈夫にして骨粗鬆症を予防し、
止血の役割をはたしています。

 

ビタミンKが不足すると
血が固まりにくくなります。

 

野菜では、モロヘイヤやあしたばにも
多く含まれています。

 

 

4・貧血予防(葉酸)
葉酸といえば、ほうれん草!と思い浮かべる方も多いのですが、
豆苗にも豊富に含まれています。

 

葉酸は不足すると、悪性貧血 の症状が起こります。

 

日頃から摂取する必要があります。

 

また妊婦さんは、特に葉酸を摂取する必要があり、
その量は成人女性の摂取目安の2倍です。

 

生の豆苗100gで 120µg
つまり成人女性の1日の推奨量の
1/2量を摂取することができます。

 

 

5・強い抗酸化作用(ビタミンE)
ビタミンEは、βカロテンやビタミンC同様に、
抗酸化作用が強い物質です。

 

主に魚介類に多く、野菜で多く含まれるのは
珍しいです。

 

ビタミンEには、細胞膜の酸化を防ぎ、
脳梗塞などの病気を防ぐ効能があると
されています。

 

若返りのビタミンとも呼ばれており、
老化防止 にも役立ちます。

 

 

6・代謝UP(ビタミンB群)
豆苗は、えんどうの若芽を食べる野菜ですので、
豆類に多いビタミンB群が豊富です。

 

野菜の中でも含有量はトップクラスです。

0c104e0480a65b81a1e598a265b906cb_s

 

ビタミンB1 は、糖質がエネルギーに変わる際の補酵素的な
役割を果たしており、
疲労回復に効果があります。

 

ビタミンB2 は、糖質・タンパク質・脂質を体内でエネルギーに
変える際に必要です。

 

また体内の過酸化脂質の抑制にも役立ちます。

 

つまり代謝をあげる目的でB2を摂取する人もいます。

 

ビタミンB6 は、たんぱく質の代謝に必要な栄養素であり、
血液や筋肉をつくる上でも必要な栄養素です。

 

ただ、ビタミンB群は水に溶けやすく、
茹でると流出してしまいます。

 

このように、豆苗には様々な栄養があります。

 

通年購入できて、1パックあたり100円程度なのに、
このように栄養価が高いので、
様々な料理に活かしてほしいです。

 

 

豆苗の効率良い食べ方は?加熱するとどうなる?

ではこのように栄養価の高い豆苗ですが、
効率良く摂取するには、
どのような調理法が向いているのでしょうか。

 

おススメは茹でるよりも炒める食べ方です。

0b453ad43d43990db500cb8e29278076_s

 

豆苗に多く含まれるβカロテンは、 油で炒めた方が
吸収が良くなります


 

なので、炒めることでビタミンCが多少少なくなりますが、
生食にする場合も、
油を使ったドレッシングを使えば、
βカロテンの吸収が良くなります。

 

また、ゆでてしまうと、様々な栄養素が流出してしまうので、
茹でる場合は、
栄養素を汁ごと摂取できるスープにした方が良いです。

 

ビタミンB群やビタミンCは水に溶けやすいので、
せっかくの栄養が流出してしまうのです。

 

また茹でる場合もなるべく短時間の方が
良いですね。

 

また豆苗は家庭でも簡単に種から栽培できます。
再生栽培もできるので、挑戦してみては
いかがでしょうか?
豆苗の栽培方法!再生栽培をしよう!再利用は何回まで?


まとめ

今回は、豆苗の栄養をテーマにして
まとめてみました。

 

豆苗には様々な栄養成分が含まれており、
効果・効能も期待できます。

 

1袋100円くらいで1年中購入できて、
こんなに栄養価が高くて良いのか、と思います。

 

気軽に購入できるので、
炒めものなどに調理して、食べてください^^

 

★こちらの記事もどうぞ
豆苗の賞味期限や冷凍保存法は?保存方法まとめ


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ