しめじは生では食べられない!?洗う・洗わないどっち?

Sponsored Link

今日は、しめじの食べ方をテーマにしていきたいと思います^^

 

しめじは生で食べることもできるのでしょうか。
またしめじは洗うべきなのでしょうか。

 

しめじについてまとめていきます。

b9dc184f0ed74f563135347eb5b6c99c_s

 

しめじは生では食べられない?

しめじは、9~11月 が旬の時期とされていますが、
主に流通しているのは
「ぶなしめじ」であり、菌床栽培で栽培されているため
1年中食べることができます。

 

「香り松茸、味しめじ」のしめじは、
本しめじであり、天然の本しめじは流通量が少ないといえます。

ve_1165

 

そんなしめじは、生で食べることはできるのでしょうか。

 

結論からいって
生で食べるのは避けた方が良い といえます。

 

基本的にきのこ類は加熱食材であり、
加熱調理して食べることが前提となっています。

 

なので、きのこ類を購入したら、
「加熱してお召し上がりください」
袋に記載してあるものが多いかと思います。

 

生食できるのは
マッシュルームくらいです。

 

マッシュルームであれば、
マリネやサラダにも向いています♪

 

なので、レシピブログなどで、
きのこを生で食べるレシピが紹介されていることがありますが、
きのこ類は加熱してから食べるようにしましょう!

 

 

きのこ類で食中毒

特にしいたけであれば、生食により「しいたけ皮膚炎」 という
症状が体に起こる方がいます。

 

これは、しいたけを誤って生焼けで食べてしまうことにより、
体に湿疹が起こる症状です。

 

また、えのきに「フラムトキシン」というタンパク質の
成分が含まれており、
生で食べることにより食中毒が起こる可能性があります。

aef28c02304173594e24dacddeaaa581_s

 

なので、しめじを含むきのこ類は、
生食は避けるべき とされているのです。

 

ただ本当に新鮮なきのこ類であれば、
生食も可能という意見もあるようですが、
店頭で売られているようなものは、収穫してから
だいぶ時間もたっています。

 

ですので、採れたて新鮮というわけでもないです。

 

なので、しめじ・きのこ類は基本的に加熱してから
食べるようにしましょう!

 

また稀にしめじでアレルギー症状が起こる可能性もあるので、
注意が必要です。

 

秋の味覚として知られる松茸には
実はアレルギー症状が起こる可能性もあります。

946f9c084e139073627536ae96306648_s

 

乳・卵・小麦・そば・落花生・えび・かに
などの食材は、特定原材料7品目として、
食品に表示するのが義務となっています。

 

ですが、まつたけも表示が勧められている食品に
なっています。

 

食品に何らかのアレルギーをお持ちの方は、
特に注意しましょう。


スポンサーリンク



しめじは洗う・洗わないどっち?

きのこを調理する上で、洗った方が良いのか、
それとも洗わなくてもそのまま調理できるのか…

 

と迷う方がいますよね。

 

結論からいって、
しめじは洗わないで調理した方が良い といえます。

 

しめじをはじめ、
基本的にきのこ類は、洗わないで調理した方が良いのです。

 

理由としては、流水で洗うことによって、
旨みや風味がでていってしまうためです。

 

また水で洗うことによって食感が悪くなってしまいます

 

そして、洗うことにより劣化が早まってしまうのです。

 

なので、基本的には洗わないで調理するようにしましょう!

 

もし、汚れがついている場合は、
ペーパータオルで拭きとる程度にとどめておきましょう。

 

野菜を使うときは基本的に水洗いをしてから
調理することが多いとは思いますが、
野菜とは違ってしめじなどのきのこ類は、管理された環境で
育てられています。

6c2275a5e6886cd5ce2141f7cd35d3c7_s

 

屋内での栽培ですし、
土などは利用していないので、特に洗う必要がないのです。

 

また野菜と違って、
農薬も利用していないので、
洗わなくても安心して食べられる というわけです。

 

しめじを食べるときは、
石づきの部分を包丁で切り取ってから調理するようにしましょう♪

 

いしづきを切り取って、
ほぐしたしめじは、炒め物や汁物など、
様々な料理に使えます。

 

パスタやチャーハンの具材にするときは、
1/2程度に縦にカットすると、
料理食べやすくなります。

dccd3dc2c04206e5b549338c693dbf7f_s

 

ただきのこ類でも、
なめこにはぬめりがあるので、
料理する際は、さっと洗い流してぬめりをとってから
調理するようにしてください。

 

しめじは自宅で育てることもできます


スポンサーリンク



まとめ

今回は、しめじの食べ方をテーマにしてまとめてみました。

 

しめじは、生では食べない方が良いといえます。

 

またこれは他のきのこ類にもいえることです。

 

しめじは洗うことで、旨み・風味が逃げてしまうので、
洗わないで食べた方が良いです。

 

★こちらの記事もどうぞ
しめじは腐るとどうなる?白いカビは食べられる?苦いものは?

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をお届けします♪ 友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ