小松菜の栄養成分は何がある?栄養価は高い?効果や効能は?

Sponsored Link


今日は、小松菜の栄養成分・栄養価、効果や効能をテーマにしていきたいと思います^^

 

小松菜の栄養成分にはどのようなものが含まれているのでしょうか。
また小松菜にはどのような効果や効能が期待できるのでしょう。

 

小松菜についてまとめていきます。

9f5d01734e35576056511d25f91bb50d_s

 

小松菜の栄養成分には何がある?

小松菜は1年中スーパーで販売されている野菜といえます。

 

夏場でも小松菜を食べることはできますが、
小松菜の旬の時期は
12~2月
となっています。

 

冬の小松菜は、葉が柔らかく甘味もあって
特に美味しくなります。

 

ですが、葉物野菜ですので、
そこまで日持ちするわけでもなく、
冷蔵庫にいれておいても葉が黄色に変色してしまうことがあります。

 

ですので、購入したら早めに食べきるのが良いといえます^^

 

そんな小松菜にはどのよう栄養成分が含まれているのでしょうか。

 

 

小松菜100gあたりの栄養成分

食品成分表(七訂)をもとにすると、
小松菜100gあたりの栄養成分は以下のようになります。

 

生の状態と茹でた状態では多少栄養成分が異なります。

 
こまつな(生) こまつな(ゆで)
エネルギー(kcal) 14 15
タンパク質(g) 1.5 1.6
脂質(g) 0.2 0.1
炭水化物(g) 2.4 6.8
食物繊維(g) 1.9 2.5
カリウム (mg) 500 150
カルシウム (mg) 170 28
鉄分 (mg) 2.8 2.1
βカロテン (µg) 3100 69
ビタミンB1(mg) 0.09 0.04
ビタミンB2(mg) 0.13 0.03
ビタミンB6(mg) 0.12 0.09
ビタミンB12(µg) 0 0
ビタミンK(µg) 210 8
ビタミンC(mg) 39 10
葉酸(mg) 110 53
ビタミンE(mg) 0.9 0.9
 

小松菜は100gあたりで14kcalと、
野菜の中でもカロリーは低いといえます。

 

全体的にビタミンやミネラルがバランス良く含まれていますが、
小松菜の栄養成分の中で注目すべきなのは、
・βカロテン
・カルシウム
・鉄分
・カリウム
です。

 

小松菜とほうれん草は比較されることが多いですが、
小松菜はほうれん草よりも
カルシウムと鉄分の含有量が多くなっています。

 

鉄分不足にはほうれん草を食べるというイメージが強い
と思いますが、
実は、小松菜の方が含有量は多いのです。

 

★こちらの記事もどうぞ
小松菜に鉄分はどれくらい入ってる?ほうれん草との違いとは?

 

βカロテンは、ほうれん草には少し及ばないものの、
100gあたりで、3100µgも含まれており、
緑黄色野菜の中でも含有量は多い方であると
いえます。

ve_6143

 

またビタミンCも多く含まれており、
小松菜は、
非常に栄養価が高い緑黄色野菜 といえます。

 

天候によって少し値段は左右されますが、
1束あたり100~200円程度で購入することができるので、
栄養価が高い割に、
様々な料理に使えて良い食材といえます^^

 

そんな小松菜にはどのような効果・効能があるでしょうか。

Sponsored Link

小松菜の効果・効能

小松菜には様々な栄養成分が含まれていますが、
どのような効果や効能があるのでしょうか。

1be655856019c38f9e6d8fb2d84729c6_s

 

1・骨や歯を丈夫にする

小松菜には、100gあたり 170mg もの
カルシウムが含まれています。

 

ほうれん草の場合は、100gあたり49mgとなっているので、
ほうれん草と比較しても、
カルシウムが豊富に含まれていることがわかります。

 

野菜の中でもカルシウムが多く含まれているといえます。

 

他には、水菜や大根の葉、かぶの葉などにも多く含まれていますが、
小松菜は一気に量も摂取できるので、
カルシウムを摂取しやすい野菜といえます。

 

カルシウムの働きとして、
骨や歯を丈夫にするのはもちろんですが、
他にも、神経の興奮を抑えたり心臓の筋肉を
正常に働かせるという効果
があります。

pet_hone

 

イライラしていると、カルシウムが不足している…
といわれるのはこのためです。

 

カルシウムは乳製品に多く含まれていますが、
乳製品だけではなく、他の製品からも摂取することが
望ましいとされています。

 

またカルシウムは ビタミンD と一緒に摂取すると吸収が
高まるとされているので、
ビタミンDが豊富に含まれている
魚介類(しらす、いわしなど)と一緒に摂取するのが
望ましいです。

 

魚介類以外でビタミンDが含まれているものは
少ないといえます。

 

 

2・むくみ予防

小松菜にはカリウムがとても多く含まれているのです。

 

カリウムが100g中 500mg も含まれており、
これだけ豊富に含まれている野菜は少ないです。

 

カリウムの働きとしては、
体内の塩分濃度を正常に保つ働き があるので、
余分なナトリウムを排泄してくれます。

 

ですので、高血圧の予防にもなりますし、
むくみが気になる女性は積極的に摂取したい
野菜といえます。

mukumi

 

ただ小松菜は茹でることで、
生の状態で500mgもあるカリウム含有量が
140mgにまで減ってしまいます。

 

一般的に小松菜は茹でたり、炒めたりして食べますが、
なるべくサッとゆでる方が良いでしょう。

 

 

3・貧血に

小松菜には豊富に鉄分が含まれています。

 

その量は、100gあたり 2.8mg ほども含まれており、
その量はほうれん草の2.0gよりも
多いといえます。

 

鉄分は、酸素の運搬に関与するヘモグロビンの構成成分
となっています。

kekkan_sarasara

 

ヘモグロビンが少なくなると、
体に十分な酸素がいきわたらず、
不足するとめまいなどの貧血の症状 がおこります。

 

特に若い女性は貧血になりやすいとされているので、
積極的に鉄分を摂取する必要があります。

 

推奨量 は1日に 10.5mg とされており、
多くの鉄分を摂取しないといけません。

 

野菜以外では、
動物の肝臓に多く含まれているので、
疲れやすかったり、貧血気味の方は、
レバーを摂取すると良いです。

 

他にも卵などの動物性食品に多く含まれています。

 

一般に野菜などの植物性食品よりも動物性食品に含まれている
2価鉄の方が吸収率が良いとされていますが、
植物生食品でもビタミンCとともに摂取することで、
鉄の吸収は高まるとされています。

 

ですので、小松菜の場合は、
ビタミンCの含有量も多いので、吸収率は改善されるといえます。

 

 

4・アンチエイジング・美肌効果

小松菜には、多くのβカロテンが含まれています。

 

100gあたり 3100µg ものβカロテンが含まれており、
この含有量は、野菜の中でもトップ20位以内に
含まれています。

 

上位にはとうがらしやしそなど、
多くは一度に摂取できない野菜が並んでいるので、
食べやすさという観点で考えると、
野菜の中でもトップ10以内の含有量であると
いえます。

 

そんなβカロテンは主に人間の体内で
ビタミンAとして働きます。

 

効果や効能としては、強い抗酸化作用をもつので、
・動脈硬化を抑制
・がんを予防
・アンチエイジング
・風邪予防
・美肌効果
・夜盲症の予防
などの様々な効果があるといえます。

 

また、小松菜にはビタミンCも含まれているので、
しみやしわの予防や改善、そして美白効果
などの期待もできます。

biyou_tsurutsuru

 

摂取のポイントとして、
βカロテンは油との相性が良く、
油と一緒に摂取する ことで吸収力が高まるとされています。

 

ですので炒め物などにして小松菜を摂取するのが良いです。

 

ただ、ビタミンCが熱に弱いので、
調理の際はサッと炒めるのが良いといえます。

 

 

5・便秘改善・生活習慣病の予防

小松菜には食物繊維も含まれています。

 

100gあたり 1.9g
という数値ですが、
貴重な摂取源となります。

 

皮をむいたさつまいも100gあたりでも
食物繊維は2.3gほどしか含まれていないので、
食物繊維を大量に摂取することは難しく、
目標量は成人男性で 20g以上
成人の女性で 18g以上
1日に摂取することが望ましいとされています。

 

小松菜の場合、
調理することでかさが小さくなるので、
芋類と比較すると摂取しやすいかと思います。

 

食物繊維は、便秘の改善だけでなく、
糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防、
そして腸内環境の改善に役立ちます。

 

農薬不使用の小松菜も♪


まとめ

今回は、小松菜の栄養成分や栄養価をテーマにして
まとめてみました。

 

小松菜にはほうれん草にも負けないくらい
ビタミンやミネラルが含まれています。

 

安価で1年中手にはいるので、
手軽にカルシウムや鉄分供給野菜として
摂取したいですね^^

 

★こちらの記事もどうぞ
小松菜のゆで方やゆで時間は?美味しい食べ方はコレ!生食は危険なの?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ