玉ねぎの辛味成分の正体は?水にさらす時間はどれくらい?

Sponsored Link


今日は、玉ねぎの辛味成分をテーマにしていきたいと思います^^

 

玉ねぎの辛味成分の正体って何でしょうか。
また、玉ねぎを水にさらす時間はどれくらいが良いのでしょうか。

 

そんな玉ねぎの辛味成分についてまとめていきます。

tamanegi_onion (1)

 

玉ねぎの辛味成分の正体とは?

玉ねぎといえば、
その辛味が特徴ですよね。

 

しかし、その辛味が苦手という方も
多いはずです…。

 

そんな玉ねぎが辛い原因にもなっている
辛味成分は、 【硫化アリル】 というものです。

 

 

この硫化アリルは、玉ねぎ意外にも、
多くのネギ類に含まれており、
ニラやニンニクにも含まれています。

 

この硫化アリルという成分が、
辛味成分でもあり、そして玉ねぎを切るときに、
涙を流す原因となります。

 

というわけで、嫌われがちな成分でもありますが、
人間の体にとって良い作用ももたらしてくれます。

 

というのも、硫化アリルには、
血液をサラサラ にしてくれる効果や、
食欲を増進させる作用 があります。

blood

血液をサラサラにしてくれるので、
高血圧や動脈硬化 、さらには、 糖尿病 などに
効果があるとされています。

 

さらに、この硫化アリルは、 ビタミンB1 と結合しやすいという
作用があります。

 

このこのビタミンB1は、エネルギー代謝に効果があり、
硫化アリルと、結合することで、
吸収を高めてくれます。

 

ですので、ビタミンB1を多く含む食材、豚肉等と、
一緒に摂取することで、
疲労回復の効果もあるとされています。

 

この辛味成分である硫化アリルは、
加熱することで、辛味成分が変化し、
辛味を感じなくなります。

d0094245_19371554

ですので、夏バテなどの予防にも、
ビタミンB1を含む豚肉、
硫化アリルを多く含む玉ねぎとの
炒め物がおすすめです^^

Sponsored Link

玉ねぎを水にさらす時間はどれくらい?

そんな辛味成分である硫化アリルは、
水溶性 のために、水にさらすことで
硫化アリルは、水分に溶けだします。

 

ですので、辛味が気になる方は、
水に玉ねぎを水にさらすことで、
辛味を流出させることができます

 

ただし、長く水に漬けることによって、
玉ねぎの栄養成分やうまみまでも
流出してしまうので、
水にさらす時間は、【2~3分】
とどめておくようにしましょう。

 

生食などで、完全に辛味を取り除きたい場合でも
10分程度 にとどめておくようにしましょう。

 

また、涙の原因ともなる硫化アリルですが、
切るときに一工夫すると、涙を流さずにすみます。

 

ポイントとしては
・よく切れる包丁で素早くきる
・切る前に、玉ねぎを冷蔵庫で冷やしておく
・電子レンジで20秒ほど加熱する
 

この方法を行うことで、
辛味成分の硫化アリルが揮発するのをおさえて、
切っている間に、涙を流しにくくすることができます。

 

ゴーグルを使用して、
完全に目を覆うと、
涙を流すのは抑えることはできますが、
用意するのが面倒という方は、
調理の際に、一工夫してみてください^^

 

★こちらの記事もどうぞ
玉ねぎの栄養がすごい!体への効果も期待できる
 
 

まとめ

今回は、玉ねぎの辛味成分や、水にさらす時間を
テーマにまとめてみました。

 

玉ねぎの辛味成分の正体は「硫化アリル」
という成分です。

 

この硫化アリルは、体にも効果的な成分ですが、
辛味が気になる方は、
2~3分ほど水に漬けてから調理すると
良いですね^^

 

糖度の少ないサラダ玉ねぎ♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ