大和芋の食べ方はどうする?皮むきは?

Sponsored Link


今日は、大和芋の食べ方をテーマにしていきたいと思います^^

 

大和芋の食べ方には何があるでしょうか。
また大和芋の皮むきはどのようにすれば良いでしょうか。

 

大和芋についてまとめていきます。



 

大和芋の皮むきはどうする?

大和芋は、山芋の一種です。

 

山芋は、大きく分けると長いも・大薯・自然薯
3種類に分けられます。

 

大和芋はこの中で、長芋に分類されます。

 

また関東と関西では、大和芋といっても、指す芋が
異なります。

 

関東で一般に大和芋として販売されているのは
「いちょういも」
皮の色がベージュで、手ように平たい形をしています。

 

関西で一般に大和芋として販売されているのは
「つくね芋」
こぶしのように丸く、ごつごつとした形をしている
のが特徴です。



 

私は関東住まいなので、
今回は上記の「いちょういも」について記載していきます。

 

いちょう芋というのは、
こういう形をしています。



 

店頭で販売しているときは、真空パックに入っていることが
多いかと思います。

 

いちょういもは、普段よく目にする長芋とは形が違い、
表面は少しぼこぼこしています。

 

なので、ピーラーや包丁で皮をむくというのは
少し難しいのです。

 

というわけでこういうときは、「スプーン」 を使用します。

 

大和芋の皮は、そこまで硬くはないので、
スプーンで皮を削るようにして、
取り除きます。



大和芋にも長芋と同じようにひげ根がついているのですが、
スプーンで削れば、
綺麗になります。



 

※大和芋をすりおろす場合は、
あらかじめ、手でもつ部分の皮を残しておくと、
ぬるぬるしないので、すりおろしやすいし、手もかゆくなりにくくなります。

 

スプーンで表面の皮を削ったら、
変色を防ぐためにあく抜きします。



 

あく抜きは、3%の酢水を用意して、
5~10分 ほど漬けておきます。

 

あとはお好みのサイズにカットしたり、
すりおろしたりしてください^^


スポンサーリンク



大和芋の食べ方は?

大和芋は、多く流通している長芋と比較すると、
かなり粘りが強いといえます。

 

つくねいもも粘りがかなり強いので、
粘りの度合は長芋とつくね芋の間くらいとされています。

 

そんな大和芋は粘りが強いので
「とろろ」
にされる他、お饅頭にも利用されます。

 

簡単な大和芋レシピを紹介します。

 

 

大和芋の磯辺焼き

大和芋は磯辺揚げにもされますが、
一人暮らしで油の処理が面倒くさいという方は、
揚げではなく、焼きの方が簡単につくれます。

 

~必要なもの~
大和芋:150~200g
味付け海苔
油:大さじ1~2杯
醤油、ポン酢少々


 

~作り方~
1・まずは大和芋の皮を削ったあとに、
すりおろします。

 

2・続いて、スプーンで大和芋をすくい、
海苔の間に挟みます。

 

3・フライパンを熱し、油大さじ2杯分を
いれて、海苔でまいた大和芋を
揚げ焼きにしていきます。



両面うっすら焦げ目がつくくらいまで
加熱してください。



焼き色がついたら完成です。

 

お好みで醤油やポン酢をつけるなどして
食べてください。



 

大和芋のとろろ

大和芋のとろろは定番です。

 

~必要なもの~
大和芋:100~150g
めんつゆ:大さじ1/2~1杯
だし汁:50cc
ご飯:150g
醤油やねぎ:お好みで


 

~作り方~
1・大和芋は、皮をスプーンで削り、
皮を取り除いた後、変色防止のために
酢水に5~10分ほど漬けておきます。

 

2・小鍋にだし汁、めんつゆをいれて
煮立たせ、粗熱をとっておきます。

 

3・続いてあく抜きしておいた
大和芋をすりおろし、だし汁と
混ぜて伸ばしていきます。

 

4・ご飯の上にのせたら完成です。



 

お好みでネギや海苔を散らしてください。

 

長芋でつくるとろろとはまた違って味わいとなります。

 

 

その他
・汁物
・そば、うどん
・グラタン
・お好み焼き
・バター醤油炒め


 

などの食べ方があります。

 

お好み焼きに大和芋をいれるだけで、
つなぎの役割となります。

 

その他外部サイトですが、大和芋のおススメの食べ方を
紹介します。

 

大和芋のふんわり磯辺揚げ
レシピ



引用元:https://cookpad.com/recipe/1507520

 

先ほど、磯辺焼きのレシピを紹介しましたが、
同じようにすりおろした大和芋は、
油で揚げることで磯辺揚げになります。

 

おつまみにも!

 

 

山芋焼き
レシピ



引用元:https://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1480002428/

 

大和芋とだし汁を混ぜて、
焼くだけレシピです。

 

山芋焼きは居酒屋でもよく提供される人気メニューです。

 

 

一人前のお好み焼き
レシピ



引用元:https://cookpad.com/recipe/2934806

 

大和芋をお好み焼きに混ぜて食べるだけで
ふわふわの食感になります!

 

土付きの大和芋で長期保存も可能です!


スポンサーリンク



大和芋を食べるメリット

大和芋には、消化酵素であるアミラーゼ が豊富に含まれて
います。

 

この消化酵素が、でんぷんの消化を助けてくれるため、
大和芋を生で食べても美味しくいただけます。

 

普通、じゃがいもやさつまいもはなかなか生では
食べませんが、
消化酵素のおかげで、大和芋は生でも美味しいです。

 

しかも消化酵素は熱に弱いために、
生で食べた方が働きが良いのです。

 

ですのでとろろにして食べるのがおススメです!

 

とろろにしてすりおろすと、さらに働きが強くなります。

 

疲労回復に効果のあるアミノ酸の「アスパラギン酸」
自然薯よりも多く含みます。

 

★大和芋の栄養に関してはこちらもどうぞ
大和芋の栄養はすごい?加熱すると?栄養価・効果まとめ


まとめ

今回や大和芋の食べ方をテーマにして
まとめてみました。

 

大和芋は、長芋より粘りが強い山芋です。

 

関東では、いちょう芋のことを大和芋として
販売しています。

 

酵素が多く含まれていますので、
生でも美味しいですし、
加熱調理しても美味しくいただけます。

二の腕をほっそりしたいあなたへ!!


付けたまま寝るだけで

辛い運動なしで無理せずにすっきりした二の腕が手に入る!


※管理人の二の腕です

Vinel Arm Shaper

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ