赤い大根の種類には何がある?紫や緑のものも!ミラノ大根など

今日は、赤い大根の種類をテーマにしていきたいと思います^^

 

大根といえば、通常白いものが多いですが、
大根には赤い種類のものもあります。

 

そしてその赤い大根の種類は実はかなり多いのです。

 

また赤い大根以外にも、緑や紫の大根も存在します。

89bd6f775798fd2c3a77df56e7a0f1b1_s

 



赤い大根の種類には何がある?

大根の旬は、11~2月 とされています。

 

大根というと、
首のところが青い「青首大根」を思い浮かべる方も
多いかと思いますが、
大根の種類には、白いものだけではなく、
赤いものもあります。

 

実は、様々な種類があるんですね。

 

というわけで赤い大根・紫・緑の一般的に白くはない
大根についてまとめていきます。

 

 



紅芯大根

紅芯大根は、中国から輸入された野菜で、
見た目は緑~黄緑色っぽい色をしてるのですが、
切ると、名前の通り、
中心部は赤い色をしています。

ve_6762

色が綺麗なので、そのままサラダとして
食べられることが多く、
生食向きです。

 

シャキシャキとした食感が楽しめます。

 

ほんのり苦味があります。

 

 



ラディッシュ(二十日大根)

ラディッシュは、和名で二十日大根と呼ばれています。

 

由来は、20日程度で収穫が可能になるという特徴です。

 

様々な種類がありますが、
赤長ラディッシュ 】は、長さ4~5cm
ほどの円筒形をしています。

 

赤丸ラディッシュ 】も、二十日大根の一種ですが、
特徴としては丸いボールのような形をしています。

ve_7234

どちらも外側は赤いですが、
中は白いです。

 

そのまま生でサラダでも食べられますが、
漬物のようにしたり甘酢漬けにしたりして食べられます。

 

葉も食べることができ、βカロテンを豊富に含みます。

 

またラディッシュは赤いものだけではなく、
ミニ大根のように白いものも存在します。

 

 

レディサラダ

レディサラダは、神奈川県の三浦市で改良され、
特産野菜として栽培されています。

 

大きさは300g程度で小ぶりです。

 

辛味が少なく、柔らかいのが特徴で生食にも
むいています。

 

レディサラダは、表面は赤い色をしていますが、
切ると肉質は白いです。

ve_4074

 

小桜大根

こちらも神奈川県三浦市で改良された大根です。

 

レディサラダと同じように、
辛味が少ないので、そのままサラダにしても食べられます。

 

外側は鮮やかな赤い色をしていますが、
切ると肉質は白いです。

imgp8041

画像引用:http://walkerhide.cocolog-nifty.com/blog/2007/02/post_4db5.html

 

 

紅化粧大根

紅化粧大根は、長さが20cm程度の
小ぶりな大根です。

 

表面の色は鮮やかな紅色をしていますが、
切ると肉質は白いです。

 

茎まで同じ紅色をしています。

とても甘味が強いうえに、食味が良いので、
生のままサラダにして食べるのに向いています。

 

また酢漬けにも向いています。

 

 

くれない総太り大根

くれない総太り大根は、20cm程度の
サイズの大根です。

 

表面は、紅芋のような色をしています。

 

肉質は白いのですが、
真ん中は赤い色をしているのが特徴です。

 

甘味があるので生食にむいており、
サラダにも適しています。

kurenaisoubutori2-%e3%81%8f%e3%82%8c%e3%81%aa%e3%81%84

引用:https://www.mcci.or.jp/www/tsurusin/akiyasai/daikon/hinshu/kurenaisoubutori.html

 

 

紅くるり大根

紅くるり大根は、外側も中身も紅色をしているのが
特徴です。

 

大きさは300gほどですが、
1kgまで成長することもあります。

 

肉質は柔らかく味わいがあります。

 

サラダや漬物に向いています。

 

アントシアニンの含有量が多いです。



紅岬

紅岬は20cm程度の小ぶりな大根です。

 

この大根は、首の部分だけが赤い色をしていて、
他の部分は白い色をしているのが特徴です。

肉質はかたいのですが、甘味もあるため、
生食にむいており、
サラダや漬物などにも向いています。

~紫色の大根~
大根には、紅色だけではなく、
紫色のものも存在します。

 

紅甘味大根

紅甘味大根は、長さが35cmほどの
一般的な大根と同じくらいのサイズの大根です。

 

首の方は紫で、根元にいくにつれて
白っぽくなっていくのが特徴です。

 

表面の色は紫色ですが、
中身は白色をしています。

 

甘味が強いので、サラダや浅漬けなどに向いています。

 

着色も良いです。

 

 

ミラノ大根

名前のようにイタリア生まれの大根です。

 

表面は綺麗な濃い紫色をしていますが、
中の肉質は白いのが特徴です。

 

色を活かして、そのままサラダでも良いですが、
酢漬けにすると、発色が良くなります。

dsc_0333

画像引用:http://hiroyo164a.cocolog-nifty.com/blog/2011/12/post-a881.html

 

 

紅しぐれ大根

紅しぐれ大根は、表面は紫色をしており、
肉質は中心部は紫色を呈しています。

ve_4052

大きさは25cm程度とやや小ぶりです。

 

ですが1kgくらいまで大きく成長します。

 

生のままサラダにしても良いですが、
漬物にしても色が映えます。

 

 

味いちばん紫

味いちばん紫は、大きさが20cm程度ですが、
重さは1kg程度にまで成長します。

 

茎の色も紫色をしています。

甘味は強く、食感はパリパリとしているので、
生食むきです。

 

肉質は白いですが、
中心部は、部分的に紫色が混ざっています。

 

 

京むらさき

京むらさきは、紫色のミニ大根です。

 

大きさは15cm程度です。

 

表面は綺麗な紫色をしていますが、
中身も中心部から紫色をしています。

水水しいので、
サラダや漬物などに向いていますが、
おろしにも向いています。

 

 

~緑色の大根~

ビタミン大根(青長大根)

青長大根は、中国が原産の大根です。

 

ビタミン大根とも呼ばれています。

 

青い色が特徴の、ビタミン大根ですが、
普通の大根とは異なり、
根の部分が短く、地上で育つ部分が多いので、
このように青い色になります。

ve_3709

大きさが 20~30cm で、
大根の中では小ぶりです。

 

意外に辛味は少なく、緑色の部分には甘味もあります。

 

加熱料理よりも生食むきで、
浅漬けやサラダなどにすると、シャキシャキとした
食感も楽しめます。

 

大根には、白いもの以外に、これだけ多くの種類のものが
存在しています^^

 

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、赤い大根や紫・緑色の大根についてテーマにして
まとめてみました。

 

大根には様々な種類があるといえます。

 

基本的に生食に向いていますが、
酢につけるとより発色が良くなるものもあります。

 

基本的に赤や紫色の大根に含まれている色素の
「アントシアニン」
は煮物にはむかないので、
煮物にするのは避けたほうが良いといえます。

 

★こちらの記事もどうぞ
大根の種類はこんなにも!写真で紹介!三浦大根・源助大根・桜島大根


Sponsored Link