健康

きゅうりで中身が白いものは大丈夫?黄色いものは?腐る見分け方!

今日は、きゅうりの中身が白いものや、黄色いものをテーマにしていきたいと思います^^

 

きゅうりで中身が白くなっているものは大丈夫でしょうか。
また黄色くなっているものは大丈夫なのでしょうか。

 

またきゅうりの腐る見分け方とは?

 

そんなきゅうりについてまとめていきます。

195c0a7e54697e666d78fe7eabac18ef_s

 



きゅうりで中身が白いものは大丈夫?

きゅうりの旬は夏の時期である 6~8月 とされています。

 

ですが、きゅうりはハウスでも栽培しており、
1年中きゅうりを食べることができます。

 

そんなキュウリをスーパーで購入し、
冷蔵庫で保存しておいて、調理しようと包丁で切ったときに、
きゅうりの中身が白く、そしてスカスカした状態のものが
あることはないでしょうか。

 

そのきゅうりは病気ではないのですが、
保存していたために、きゅうりが収穫から時間がたち、
品質が悪くなっている証拠 でもあります。

 

ですので、食べられるのですが、
味はどんどん美味しくなくなっていくので、
きゅうりは購入後早めに食べるようにしましょう。

 

きゅうりの保存方法についてはこちらをどうぞ
きゅうりの実が枯れる原因は?日持ちさせる方法とは

また、きゅうりは栽培条件によって、
乾燥日照不足 が続くと、きゅうりに 空洞 ができてしまうことが
あるのです。

D70_1007 引用

画像引用:http://www.yamaken.org/mt/kuidaore/archives/2011/07/2267.html

 

こちらも食べられますが、
食味は通常のきゅうりと比較すると落ちる
といえますね。

 

美味しいきゅうりを選ぶのであれば
・トゲがとがっている
・太さが均一
・表面が濃い緑色

のものを選ぶようにしましょう^^

 

新鮮なものを選べば、そういったスカスカしたきゅうりは
少ないといえます。



きゅうりで黄色いものは?

白っぽくなっているものもありますが、
黄色っぽくなっているものもあります。

 

きゅうりで中身が黄色っぽくなっているものは、
きゅうりがかなり熟しているものといえます。

 

きゅうりは、熟していくと、
果肉の部分がゼリー状に変化します。

 

あっという間に収穫時期を迎えるので、
少し追熟してしまったものかもしれません。

 

また、低温障害も起こりやすく、
適温が 10~13℃ 程度のために冷蔵庫で保存すると、
きゅうりの種の部分が褐色に変色してしまうこともあります。

 

どちらにしろ、食べることはできますが、
味は落ちているといえますね。

 

あまりにもぶよぶよしているものは、
腐っている可能性があるので、
念のため食べないことをおススメします。

 

 



きゅうりで腐っているものは?

きゅうりも保存状態が悪いと腐ってしまいます。

ad2f68d8b5bf151434c1b4b5049942b7_s

腐っている状態のものは、
食べずに処分した方が良いといえます。

 

・カビが生えている
・黒色化している
・中身が茶色に変色している
・柔らかくぶよぶよしている
・ぬめりがある
・変な汁がでている
・異臭がある

これらの状態のものは、
腐っているといえます。

 

冷蔵庫で保存していても、
長期の場合だと、腐ってしまっていることがあるので、
状態を確認してから調理するようにしましょう。

 

また、表面が白い粉がついているものがありますが、
それはブルームと呼ばれるもので、
品質上、問題ありません。

 

見た目が悪いということで、最近ではこの白い粉がついていない
ブルームレスのものが多く登場しています。

 

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、きゅうりで中身が白くなっているものをテーマに
してまとめてみました。

 

きゅうりで中身が白かったり、スカスカしているものも
食べられますが、品質は低下しているので、
きゅうりは購入したらなるべく早く食べるようにしましょう。

 

また、腐っている場合もあるので、
チェックしてから食べるようにしましょう。

Sponsored Link