とうもろこしの切り方!天ぷらやバーベキューではどうする?

今日は、とうもろこしの切り方をテーマにしていきたいと思います^^

 

とうもろこしはどのように切るのが良いのでしょうか。
また、バーベキューや天ぷらにする場合はどういった切り方が良いでしょう。

 

とうもろこしについてまとめていきます。

2bd6d7909bc2361a443ec96cda51708c_s

 



とうもろこしの切り方はどうする?

とうもろこしは、基本的に茹でたり・蒸したりして食べることが
多いと思いますが、そのまま食べるのではなく、
料理して食べることもあるかと思います。

 

そんなとき、とうもろこしはどのように切れば良いの
でしょうか。

 

簡単にまとめていきます。

 

 

とうもろこしの下処理

まずは、調理する前に下処理を行います。

 

新鮮なとうもろこしは、生の状態でも
包丁で切れますが、
女性にとっては、やはり芯の部分は切りにくいと思います。

 

ですので、あらかじめ下処理を行ってから
切るようにすると、バーベキューの際も、
炭で焦げ目をつけるだけなので、簡単です♪

 

とうもろこしは簡単に茹でます♪

 

1・まずは、とうもろこしの薄皮・ひげを
取り除きます。
 

2・そのままとうもろこしが入るくらいの鍋を
用意し、とうもろこしをいれて、
そこに水を1ℓ+塩大さじ2杯をいれて、
火にかけます。

 

3・火にかけて沸騰したら、
そこから3分程度ゆでます。

b7b42c7e608a732d655bd7172e209def_s

4・3分時間がたったら、火をとめて、
そのまま10分ほど放置。

 

そして、10分たったらザルにあけて
粗熱をとってください。

 

このままでも美味しく食べられます!

 

ここで、とうもろこしの粗熱がとれたら簡単に
切っていきます。



とうもろこしの切り方・炒める用

とうもろこしを炒めたり、
サラダに使用する場合は、この切り方がおススメです。

 

1・まずはゆでたトウモロコシを3等分にします。

IMG_0583

2・そのあと、縦にとうもろこしを置いて、
芯の実の間に包丁をいれるようにして
カットしていきます。

IMG_0588

芯の部分まで切らないように注意します。

IMG_0589

こんな感じになります♪

 

 



とうもろこしの切り方・バーベキュー

とうもろこしが旬の夏の時期は、
バーベキューも行われるので、
バーベキューの食材として、とうもろこしを
持っていく方も多いかと思います^^

 

そんなとうもろこしはあらかじめ、
下処理をして、切ってからもっていくと
便利です。

 

1・まずは、とうもろこしを3~4等分に切ります。

 

2・輪切りのままでも大丈夫ですが、
さらに半分に切っておくと便利です!

IMG_0587

あとは、炭火で焼いて軽く焦げ目をつけるだけです。

 

 

とうもろこしの切り方・天ぷら

とうもろこしは、天ぷらにしても美味しいです^^

 

1・まずは、とうもろこしを3~4等分に
カットします。

 

2・なるべく芯の部分もそぎ落とすように
して包丁をいれます。

IMG_0584

※粒だけだと、バラバラになってしまいます。
かき揚げの場合は、バラバラになってもOKです。

 

3・とうもろこしの芯が三角形になるように
きります。

IMG_0585

あとは天ぷら粉にくぐらせ、サックと揚げれば完成です。

 

下処理してあるので、
簡単に揚げるだけで大丈夫です^^

 

白いとうもろこしで試してもオシャレです。

 

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、とうもろこしの切り方をテーマにして
まとめてみました。

 

とうもろこしには様々な切り方があります。

 

天ぷらも、薄く輪切りに切ってから揚げるも良しです。

 

参考になれば嬉しく思います^^


Sponsored Link