健康

ロメインレタスとは…?栄養はすごいの?食べ方はどうする?

今日は、ロメインレタスの栄養や食べ方をテーマにしていきたいと思います^^

 

ロメインレタスとは、どのようなものなのでしょう。

 

また、栄養はあるのか、そして食べ方はどうすれば良いのかなど
ロメインレタスについてまとめていきます。

ロメイン

 



ロメインレタスとは?

ロメインレタスは、レタスの一種ですが、
あまり聞きなれていない方もいると思います。

 

ロメインレタスは、別名【コスレタス 】とも呼ばれており、
その特徴は、一般的なレタスである玉レタスとは
少し違っています。

 

玉レタスは、水分が多くシャキシャキとした
食感が特徴ですが、
ロメインレタスは、レタスと比較すると、
葉が厚めでかたい印象です。
ただ、葉先は柔らかいです。

 

外観は、深い緑色をしていて、苦味もあります。

 

そんなロメインレタスですが、
「ロメイン」は、 ローマ という意味であると
いわれており、ローマ時代から食べていたともいわれています。

 

それほど前からロメインレタスは存在していたんですね。

 

日本では、結球しておらず、葉が立った状態で成長するので
立ちちしゃ 」とも呼ばれています。

 

そんなロメインレタスは、シーザーサラダにもよく使用されており、
日本人にも馴染みあるものとなっています。



ロメインレタスの栄養は何がある?

ロメインレタスは、玉レタスよりも
栄養価が高いといえます。

 

ロメインと玉レタスの栄養価を比較すると、
このようになります。

レタス ロメインレタス
βカロテン(μg) 240 510
ビタミンE(mg) 0.3 0.5
ビタミンK(μg) 29 54
ビタミンB1(mg) 0.05 0.06
ビタミンB2(mg) 0.03 0.06
ビタミンB6(mg) 0.05 0.05
葉酸(μg) 73 120
ビタミンC(mg) 5 8
カリウム(mg) 200 250
カルシウム(mg) 19 29
マグネシウム(mg) 8 12
リン(mg) 22 39

玉レタスと比較すると、ロメインレタスでは、
約2倍ほどの栄養価です。

ve_7318

葉酸 βカロテン も多く含んでいます。

 

葉酸は、妊婦さんにとっては必須の栄養素ですよね。

 

もちろん妊娠していない方も必要な栄養素であり、
貧血を予防したり、成長を促進する効果があります。

 

妊婦さんは、妊娠していないときの2倍ほど摂取しないと
いけないと言われていますが、
妊娠していなくても、野菜を摂取したり、レバーを摂取して、
葉酸不足にならないように気をつける必要もあります。

 

ロメインレタスには、こういった栄養が含まれていますが、
そのほかのビタミンやミネラルの含有量でみると、
サニーレタスサラダ菜 の方が、
栄養価は高いといえます。

 

★こちらの記事もどうぞ
サニーレタスの栄養がすごい!保存方法はどうする?サンチュとは違う
 
 



ロメインレタスの食べ方は?

ロメインレタスの食べ方として有名なのは、
シーザーサラダ」です。

 

ロメインレタスは歯ごたえもあり、食感が楽しめる
レタスです。

 

シーザーサラダで食べる場合は、
手でちぎって使用する方が、
変色しにくく、そして、ドレッシングが
絡みやすくなります。

 

そして、ロメインレタスは焼いたり、炒めたりしても
食感が損なわれないという点があります。

 

ですので、レタス類の中でも、食感を大事にしたい
炒め物の料理に向いているといえます。

 

ロメインレタスのおすすめの食べ方レシピを
紹介します^^

 

※レシピをクリックでリンクページにとびます

 

ロメインレタスとベーコンの炒めもの
レシピ
引用:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1710010883/

 

ロメインレタスのシーザー焼きサラダ

QP10000627_1L
レシピ
引用:http://recipe.kewpie.co.jp/recipes/recipe/recipe.php?recipe_no=QP10000627

 

生春巻き
レシピ
引用:http://cookpad.com/recipe/1659116

 

 

まとめ

今回は、ロメインレタスの栄養や食べ方をテーマにして
まとめてみました。

 

ロメインレタスは、実は昔からある野菜だったんです。

 

そして、栄養価は、一般的な玉レタスよりも
高いといえますね。

 

食べ方としては、シーザーサラダが有名ですが、
炒め物としてもおいしいです^^

 

ロメインレタスをお試し♪

Sponsored Link