健康

グリーンボールとキャベツの違いは何?レシピには何がある?

今日は、キャベツとグリーンボールの違いをテーマにしていきたいと思います^^

 

キャベツとグリーンボール、見た目はほぼ一緒なのに名前は違いますが、
その違いは何でしょうか。

 

そして、グリーンボールにはどのようなレシピがあるのでしょう。

 

そんなキャベツとグリーンボールについてまとめていきます。

kyabetsu_cabbage

 



グリーンボールとキャベツの違い?

では、グリーンボールとキャベツにはどのような違いがあるのでしょうか。

 

画像で比較してみると、
キャベツ↓↓

ve_7284

グリーンボール↓↓

ve_7262

とこのように、あまり差はありません。

 

というわけで、グリーンボールをキャベツと
勘違いする、違いがわからないという方も多いです。

 

一般に、グリーンボールは、 キャベツの一種 です。
だから見た目が似ています。

 

 

一種といっても、銘柄名であり、キャベツの種類である、
紫キャベツ、芽キャベツと同じような存在です。

 

グリーンボールの特徴としては、
普通のキャベツよりは小ぶり ですが、
春キャベツよりは、形が丸い のが特徴です。

 

寒玉・春キャベツに対し、
丸玉とも呼ばれています。

 

キャベツと比較すると、
グリーンボールは、中心部まで黄緑色であり、
葉は肉厚なのに柔らかいという点があげられます。

ve_7268

ですので、どんな料理にも使用することができます。

 

旬の時期は 5月 で、
キャベツと同じように、夏場には、
北海道などの高原で栽培されたものが
市場に出回ります。

 

★キャベツの栄養についてはこちらの記事をどうぞ
キャベツの栄養は加熱でなくなる!?体に良い効能は生の方が良いってホント?

また、同じキャベツの仲間ではありますが、
キャベツとグリーンボールには、栄養成分でも
違いがあり、
キャベツ100g: 23kcal
グリーンボール100g: 20kcal

 

とカロリーは、少しグリーンボールの方が
低いですが、
ビタミンやミネラルは、キャベツよりも
多少多くの栄養が含まれています。

 

βカロテン当量は、グリーンボールの方が、
キャベツの2倍ほど含まれています。

 

見た目は同じでも、グリーンボールの方が
栄養価が高くなっています。

 

 



グリーンボールのレシピには何がある?

グリーンボールは、葉が肉厚で、そして柔らかいのが
特徴です。

 

ですので、柔らかさを活かした料理として、
サラダや、漬物、スープなどに適しています。

 

生食でも美味しくいただけます。

 

また、キャベツと同じように、
炒め物や煮込み料理などとしても
活用することができます。

 

キャベツよりも出回る量は少ないですが、
キャベツとはまた違った味わいがあるので、
見つけた際は、調理に活かしてみてはどうでしょうか。

 

グリーンボールの活用レシピを紹介します。

 

グリーンボールと塩鮭のペペロンチーノ
レシピ
引用:http://park.ajinomoto.co.jp/recipe/card/704081

 

キャベツを使うペペロンチーノをグリーンボールで

 

和風ロールキャベツ
レシピ
引用:http://recipe.rakuten.co.jp/recipe/1410004752/

 

ロールキャベツもグリーンボールで代用^^

 

 



まとめ

今回は、グリーンボールとキャベツの違いを
テーマにまとめてみました。

 

グリーンボールとキャベツにも、
栄養素や食感の面で違いがあります。

 

キャベツは、1年中食べられますが、
グリーンボールは、旬の時期くらいしか
市場に出回らないので、
見つけた際は、購入してみるのも良いですね^^

Sponsored Link