ほうれん草の栄養成分の効果や効能は?冬では栄養価が違う?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草の栄養成分や効果や効能をテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草といえば、栄養価が豊富な緑黄色野菜ですよね。
そして冬が旬ですが、冬の方が栄養価は高いんでしょうか。

 

そんなほうれん草の栄養成分についてまとめていきたいと思います。

hourensou_spinach

 

ほうれん草の栄養成分は?

ほうれん草といえば、鉄分が豊富、また緑黄色野菜ということでβカロテンが
豊富というイメージがあるのではないでしょうか。

 

そんなほうれん草100gあたりの栄養成分は、
食品栄養成分表によると、

 
エネルギー:25kcal
水分:91.5g
タンパク質:2.6g
脂質:0.5g
炭水化物:4.0g
食物繊維:3.6g
βカロテン:5400μg
ビタミンE:2.7mg
ビタミンK:320μg
ビタミンC:30mg
カリウム:490mg
カルシウム:69mg
マグネシウム:40mg
鉄:0.9mg
 

このような数値になっています。
βカロテンの他、多くのビタミンやミネラルが
含まれています。

 

ほうれん草1束270gを摂取するだけで、
1食分に必要なビタミン・ミネラルの摂取量の、
βカロテン は、 約4倍
ビタミンE 約2倍
ビタミンK 約43倍
ビタミンC 約3倍
葉酸 約7倍
カリウム 約2倍
カルシウム 約1/2量
マグネシウム 約2倍
鉄分 約1.5倍 量を摂取することができます。
(※葉 生の場合)

 

ほうれん草ってすごいんです^^

Sponsored Link

ほうれん草の効果や効能は?

これだけ多くのビタミンやミネラルが含まれているので、
それだけ体への効果や効能も優れています★

 

ほうれん草の代表的な栄養成分といえば、
βカロテンがあげられます。

 

このβカロテン は体内でビタミンAとして作用します。

 

このβカロテンは、 抗酸化作用 があり、
風邪の予防、そして癌の予防などにも
役立ちます。

 

また子供の体の成長を促進させる働きもあります。

 

またビタミンK は、 血液凝固 骨粗鬆症 の予防にも
働きます。

 

他には、ビタミンCビタミンEカリウム も多く含まれていますね。
ビタミンCは抗酸化作用があり、
美肌 に効果があるとされています。

biyou_tsurutsuru

他にも風邪の予防にも役立つビタミンです。
アンチエイジングにも効果がありますし、
同時にビタミンEは老化防止のビタミンとされています。

 

ほうれん草は、美肌を保つために一石二鳥なわけです★

 

また、カリウム は、体の塩分バランスを調整してくれるので、
むくみの予防・解消 に効果があります^^

 

そしてほうれん草には葉酸 が多く含まれています。
葉酸は、妊娠初期の女性は、2倍の量を摂取しなくてはいけない
成分です。

 

摂取量が少ないと、お腹の赤ちゃんの成長に影響を及ぼします。

 

また、ほうれん草は鉄分が多いと注目されていますが、
実は、ほうれん草に入っている成分によって吸収を阻害されています。

 

鉄分について詳しくはコチラの記事をどうぞ↓
ほうれん草の鉄分やカルシウムの含有量はすごい?小松菜と比べると?
 
 

ほうれん草の栄養価は冬では違う?

ほうれん草の旬の時期は冬です。
野菜は旬の時期が最もおいしいとされています。

 

そしてこの時期は栄養価も高まるのです。

 

実は、季節によって栄養価が異なり、
冬の時期は栄養価が高く、硝酸やシュウ酸の含有量が
少ないのです。

 

反対に、夏などの旬から遠ざかる時期のほうれん草は、
栄養価も落ち、硝酸やシュウ酸の含有量が増えてしまう
というデータがあります。

 

ですので、旬の時期のほうれん草はぜひ摂取したいですね★

 

ほうれん草の旬は11~2月 です★

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草の栄養成分の効果や効能についてまとめてみました。

 

ほうれん草は多くのビタミンやミネラルが含まれています^^

 

特に旬の時期のほうれん草の栄養価は高く、甘味があって美味しいので、
冬の時期はほうれん草をぜひ摂取しましょう♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ