ほうれん草の種類はたくさん!品種や特徴はどのようなものがある?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草の種類をテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草といえば、緑っぽくて葉がたくさんついているのですが、
実はたくさん種類や品種があるんです。

 

今日は、そんなほうれん草の種類、そして品種の特徴などについてまとめていきます。

hourensou_spinach

 

ほうれん草にはどのような品種がある?

ほうれん草といえば、1年中食べることができて、
鉄分が豊富に含まれているというイメージがありますが、
実は、旬は冬の11~2月 なのです。

 

そして原産地はペルシャ地域ともいわれています。

 

そして、ほうれん草と一くくりにされていますが、
実は種類があります。

 

そんなほうれん草の種類や品種を紹介していきます。

 

 

東洋種

東洋種はアジアが原産で中国から伝わってきました。
特徴としては、葉の切り込みが深く、ぎざぎざとしていて、
根元が赤いのが特徴です。

 

味は、甘味があって アクが少ない ので、
あく抜きの必要があまりありません。

 

お浸しなどの和食にするのが向いています。

spinach4e

画像引用:http://vegetable.alic.go.jp/panfu/spinach/spinach.htm

 

東洋種の品種

東洋種の品種も様々なものが出回っています。

 

角種・次郎丸・豊葉・赤根ほうれん草・禹城(うじょう)
などが東洋種に含まれています。

 

 

西洋種

西洋種は、欧米で普及し、品種改良されたものです。

 

こちらは東洋種とは異なり、葉の切り込みは深くなく、
ぎざぎざもしていないのが特徴です。

 

根元は少し赤い色をしています。

 

東洋種はあくが少ないのが特徴でしたが、
西洋種は あくが強い ために、
しっかりとあく抜きする必要があります。

 

ですので、西洋種はお浸しなど和食ではなく、
ソテーやバター炒め、などの焼く料理にむいています。

spinach6e

画像引用:http://vegetable.alic.go.jp/panfu/spinach/spinach.htm

 

西洋種の品種

西洋種の品種で出回っているものは、
黒葉ミンスターランド・ノーベル・ピロフレー
などがあげられます。

Sponsored Link

交配種(中間種)

交配種は、先ほど説明したような東洋種と西洋種が混ざったものです。

 

この交配種は、一番市場で出回っている種類でもあります。

 

東洋種と西洋種の掛け合わせなので、
東洋種が向いている和食、西洋種が向いている炒めものにも
使えるのが特徴です。

 

えぐみが少なく食べやすいです。

 

交配種は様々な種類のものが出回っています。

2618_big

画像引用:http://www.watanabenoji.com/goods/goods_detail.php?id=7337

 

交配種の品種

交配種はたくさんの品種が出回っています。

 

リード、アトラス、ミンスター、スーパー日本ほうれん草
など様々な品種が存在します。

 

リード :暑さ、寒さそしてべと病に強いです。
葉は濃い緑色をしています。

 

アトラス :暑さ、寒さそしてベト病にも強い品種です。
作りやすく、葉の色は濃い緑色で切り込みは浅めです。

 

ミンスター :耐寒性があり、葉は濃い緑色をしていて
切り込みが深いのが特徴です。
秋まき、春まきもOKです。

 

スーパー日本ほうれん草 :日本種同士の交配種です。
葉の切り込みは深く、耐寒性が強いのが特徴です。

 

 

サラダほうれん草

サラダほうれん草は、アクを少なく改良し、甘味が強く、
生でも食べられるように改良されたほうれん草です。

 

食感は柔らかく、茎が細いのが特徴で、
葉は薄い緑色をしています。

 

名前のように、サラダのように生で水洗いしただけで
食べられます。

 

茎が赤い、赤軸ほうれん草も生で食べることができます。

0385654B

画像引用:http://www.coop-toyama.coop/products/detail.php?kk=2010054&item_id=385654

 

 

ちぢみほうれん草

ちぢみほうれん草は、名前の通り、表面に縮れたように
皺が入っているのが特徴のほうれん草です。

 

主に関東で冬の時期に栽培されることが多く、
収穫前に寒気にあてて寒じめを行うことで、
葉の厚みが増し、甘味が増すのが特徴です。

hourensou_pic01

画像引用:http://www.ja-ishinomaki.or.jp/agri/gardening/hourensou.html

 

ちぢみほうれん草の品種

ちぢみほうれん草には、朝霧・雪美菜
などの品種が有名です^^
 

まとめ

今回は、ほうれん草の種類、そして品種についてまとめてみました。

 

東洋種と西洋種では大きな違いがあるので、
調理によって使い分けるのが良いですね^^

 

生のまま食べたい場合は、
あくが少ない、東洋種、もしくはサラダほうれん草が
おススメといえます。

 

基本的に出回っている種類は交配種が多いといえます。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ