人参の栽培方法!プランターでも栽培できる?間引きのタイミングとは

Sponsored Link


今日は、人参の栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

人参はプランターでも栽培することができます。

 

プランターや間引きのタイミングなど、
人参の栽培についてまとめていきます。

vaf_00007

 

人参の栽培方法

人参はプランターでも栽培することができる野菜です。

 

人参は、春蒔きと夏蒔きがあります。

 

基本的には、7~8月 の夏に種をまいて、
10~11月 の秋ごろに収穫するというのが
多いですね^^

 

夏蒔きの場合は、暑さに強い品種を選ぶのが
大切です。

 

また、一般に人参といえば五寸人参を育てますが、
初心者におススメなのはミニ人参です^^

 

ミニニンジンであれば、生育期間も短く
比較的簡単に育てることができます。

人参のプランター栽培・種まき

プランター栽培は、庭がない家でも野菜を育てることができるので、
土地がない場合におススメです♪

 

 

1・プランター

人参は、根を深く張るので深型のタイプのプランターを用意します。

 

サイズとしては幅が 60cm ほどあって
深さが 25cm 程度あるものがおススメです。
 

2・培養土

野菜用の培養土を用意します。

 

野菜用の培養土はホームセンターで簡単に購入することができます。

 

また、プランターの下にいれる針底石も用意しておきます。

 

プランターの底、2~3cmに針底石を敷いたら、
プランターの8割ほどに、培養土をいれます。

 

その上から、人参の種を直接 蒔きます。
人参は他の野菜のように、移動させることができないので、
そのまま蒔きます。

 

深さ1cm程度の溝をつくったら、そこに種を1cm間隔で
うえます。

※後で間引きを行います。

 

土は浅めにかぶせ、上から軽く押さえます。

 

種まきをしたら、たっぷりの水を与えるようにします^^

 

毎日水やりし、水をたっぷり与えることで、 1~2週間 程度で発芽します。

Sponsored Link

人参のプランター栽培・間引きタイミング

間引きは3回ほど行うようにします。

 

DSC07103

引用:http://arakinouen.at.webry.info/200809/article_9.html

 

1回目の間引き

1回目の間引きのタイミングは、本葉が 1~2枚 ほど育った状態で
間引きを行うようにします。

 

間引きするのは元気のないものです。

 

小さな芽を引き抜いて、株の間の間隔を2~3cm 程度に調整します。

 

 

2回目の間引き

2回目の間引きのタイミングは、本葉が 2~3枚 に育った状態です。

 

このときに、間引きを行い、株の間の間隔を5~6cm程度 に調整
します。

 

また、2回目の間引きのタイミングに、
追肥、そして土寄せを行います。

 

土寄せをし、株が倒れないようにします。

 

 

3回目の間引き

3回目の間引きのタイミングは、本葉が 5~6枚 に育った状態です。

 

間引きを行い、株の間の間隔が10cm 程度になるように調整
します。

 

3回目も2回目と同様に、追肥を行います。
間引いたあとは、土寄せもしましょう。

 

間引きは、人参を育てるうえで大切な工程です。

 

また、よく人参を成長させるためにも
間引きは行いましょう♪

 

間引きを行ったらいよいよ人参の収穫です^^

 

 

人参の収穫のタイミングとしては、
ミニニンジンだと80~90日程度で、
五寸ニンジンだと100~120日程度での
収穫となります^^

 

根元をもって一気に引き抜きましょう♪

 

 

にんじんの収穫について詳しくはこちらをどうぞ
人参の収穫時期やタイミングとは?旬なのはいつごろ?

まとめ

今回は人参の栽培方法についてまとめてみました。

 

人参は害虫もつきにくく、野菜の中でも育てやすい種類です。

 

人参を栽培して、様々な料理に活用したいですね^^

 

五寸ニンジン、ミニニンジンにも様々な人参があるので、
いろいろな種類を育ててみるのも楽しいと思います。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ