パプリカの栽培方法!プランターでも!植え付け~収穫時期まで!

Sponsored Link


今日は、パプリカの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

パプリカはどのように栽培すれば良いでしょうか。
プランターでの栽培も可能でしょうか。

 

パプリカの栽培についてまとめていきます。

de51a159ff6589ddb794c0963b7ada86_s

 

パプリカの栽培方法!

パプリカは、ピーマンの仲間であるとされており、
サイズはピーマンよりも大きいのが特徴です。

 

パプリカは基本的にピーマンと同じように栽培可能です。

 

ピーマン、パプリカにも様々な栽培方法がありますが、
一例として参考になればと思います^^

 

ピーマンは家庭菜園でも人気の野菜といえます。

 

パプリカは、国産のものが少なく育てているところは
少ないですが、お店で購入すると1個100円程度の値段がかかるので、
家庭菜園で栽培しておくと、
購入する必要もないので節約にもなります。

 

パプリカは高温を好むので栽培適温は25~30℃
そしてナス科であり、
連作障害は3~4年 です。

 

他のナス科の野菜を栽培した土地では、
年数をあけてから栽培するようにします。

b23fcae3a6f5e0d543a27f2230a5df95_s

 

パプリカの植え付け

種からの栽培も可能ですが、
苗を購入して植え付けた方が失敗が少なく早く栽培できます。

 

種まきから苗まで育てるとかなりの時間を要します。

 

またパプリカの植え付け時期は5月上旬~6月 の時期です。

 

パプリカは、暑い気候を好むので、
寒さに弱く、寒い時期に植え付けてしまうと、生育不良となることもあります。

 

場所によっては5月上旬の頃も寒く、
充分暖かくなった5月下旬 の頃がおススメです。

 

地植えの他、プランターでの栽培も可能です。

 

苗は一番花が咲く直前か咲き始めたものが良いとされています。

 

 

地植え
まずは植え付けを行う前に畑の準備をします。

 

植え付け2週間前に苦土石灰 100~200g/1m2 をまいて
よく耕しておきます。

 

さらに植え付け1週間前に堆肥 3kg/1m2 化学肥料 100g/1m2 をまいて
さらによく耕しておきます。

 

幅60cm、高さ20cmの畝を準備しておき、
さらにポリマルチをかけ、穴をあけ、植え穴を掘って、
パプリカの苗をうえつけておきます。

 

同時に1m程度の支柱をたてて、結束し
水やりを行います。

 

寒さが気になる方は、
同時に不織布のトンネルをかけておくと良いです。

 

 

プランター
パプリカはプランターでの栽培も可能です。

 

プランターで栽培する際は、
標準サイズのプランターを用意するようにします。



 

底に鉢底石をしいて、
さらに野菜用の培養土を8割程度いれて
株間をあけて、根鉢を崩さないようにして植え付けます。


植え付け後はたっぷり水やりをします。

 

プランター栽培の際は、
株元に敷き藁を施しておくと良いです。

 

同時に仮支柱をたてておきます。

Sponsored Link

パプリカの栽培管理

水やり
プランター栽培の場合は、水切れしないように
たっぷりと水やりを行います。

omatsuri_food_56

 

畑での栽培の場合、
土の表面が乾いたら水やりを行うようにします。

 

パプリカを育てる時期は昼間のうちは土の温度があがるので、
朝・夕の涼しい時間帯に水やりを行うようにします。

 

ただ過湿に弱いので、水やりのしすぎにはNGです。

 

 

追肥
追肥は、生育の様子を見ながら施します。

 

葉の色が薄くなってきたら
追肥のタイミングです。

 

頻度としては月に1回程度です。

 

株元に10~20g程度の化学肥料をまくか、
液肥を水やり代わりに行います。



摘果
最初についた実は、早めに摘み取るようにして
株の成長を促すようにします。

 

仕立て
ピーマンの場合は基本的に3本仕立てです。

 

3本を主枝として、ピーマンを栽培します。

 

パプリカも同様に一番花の下のわき芽2本を残して、
3本仕立てとします。

 

支柱は伸ばした側枝に沿うようにして、
8の字になるように交差して斜めに立てるようにします。

 

またパプリカの場合、
ピーマンよりも実が大きく育つので
4本仕立てにするのも良いとされています。

 

★こちらもピーマンの記事も参考にどうぞ
ピーマンの育て方!剪定・摘心や摘葉、わき芽の処理はどうする?


わき芽かき
伸ばす枝を残して、
わき芽はすべて摘み取るようにします。

 

わき芽をとることで、主枝に栄養がまわり、
株が大きくなります。

 

また枯れ葉もこまめに摘み取り、
風通しを良くします。

 

 

パプリカの収穫時期

パプリカの収穫時期はピーマンよりも遅く、
7~10月の時期です。

 

パプリカは、大型であり、完熟した実をとるので
時間がかかります。

 

ピーマンが開花後2週間程度で収穫できるのに対し、
パプリカの場合は、開花後60日程度 収穫まで時間を要します。

be8c53be7e6a4afdddbdf298a3619a95_s

 

小ぶりなパプリカ、
セニョリータの場合は40~45日程度で収穫できます。

 

収穫方法は、へたの部分をハサミで切り取って
収穫するようにします。

 

収穫したパプリカは様々な料理に利用できます^^

 

★こちらの記事もどうぞ
パプリカの食べ方には何がある?生でも食べられる?


まとめ

今回はパプリカの栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

パプリカは、ピーマンと同じように栽培することができます。

 

ただ、パプリカの方がピーマンよりも
栽培期間は長いといえます。

 

特にプランターでパプリカを栽培する場合は、
水を切らさないように注意が必要です。

 

特に赤パプリカはβカロテンも豊富です。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ