赤ピーマンの栄養は緑のピーマンよりもすごい!?パプリカとの違いはココ!

Sponsored Link


今日は、赤ピーマンをテーマにしていきたいと思います^^

 

ピーマンといえば、緑を思い浮かべる人が多いと思いますが、
ピーマンは緑だけではなく、赤ピーマンもたまに販売されていますよね★

 

この赤ピーマンというものは、緑のピーマンと全く別物という
わけではなく、緑のピーマンが熟したものが
赤ピーマンと呼ばれています。

 

なので、見た目は違っても、元は同じもの。

 

しかし、赤ピーマンと緑ピーマンは、栄養価を見るとかなり
違いがあるのです。

 

今日は、そんな赤ピーマンの栄養と、赤パプリカとの違いについて
みていきましょう^^

yjimage

 

赤ピーマンの栄養はどれくらい?緑ピーマンとはこれほど違う

では、赤ピーマンの栄養についてみていきましょう。

 

通常の緑のピーマンは、 ビタミンC が豊富に含まれていることや、
カロテン、そしてビタミンPが
多く含まれているとして注目されている野菜のうちの
ひとつです。

 

ちなみに、緑ピーマンの栄養についてはコチラから
ピーマンの栄養がすごい!体への効果や効能とは?

 

緑ピーマンにどれだけビタミンCが含まれているのかというと、
緑ピーマンのビタミンC含量は、
レモンの果汁より多く含まれています。

 

レモンの果汁100ccあたりのビタミンC含量は、 50mg
そして、ピーマン100gあたりのビタミンC含量は、 76mg
なのです。約1.5倍も多く含まれているという
ことになりますね。

 

さて、その緑ピーマンを完熟させた赤ピーマンですが、
緑のピーマンを超えていますww

 

食品成分表をもとにすると
赤ピーマンの栄養(100gあたり)
エネルギー:30kcal
水分   :91.1g
たんぱく質:1.0g
脂質   :0.2g
炭水化物 :7.2g
食物繊維 :1.6g
糖質   :5.6g
カロテン :1100μg
ビタミンC  :170mg
ビタミンE  :4.3mg
という数値になっています。

Sponsored Link


緑のピーマンと比較すると、

 

緑ピーマンの栄養(100gあたり)
エネルギー: 22kcal
水分   :93.4g
タンパク質:0.9g
脂質   :0.2g
食物繊維 :2.3g
炭水化物 :5.1g
カロテン :400μg
ビタミンC :76mg
ビタミンE :0.8mg
という数値となっています。

 

というわけで、
赤ピーマンのカロテン量は、
緑のピーマンの 約3倍

ビタミンCは、 約1.8倍

ビタミンEは、 約5.6倍
となっています。

 

 

赤ピーマンの方が、ビタミン含量が多いですね。

 

そして赤ピーマンは、緑ピーマンと比較すると、
甘味があってお子さんも食べやすくなっています。

 

ピーマンが嫌いなお子さんには、
栄養価も高くて、甘味のある赤ピーマンを調理してあげる方が
良いかもしれませんね。

 

 

赤ピーマンと赤パプリカとの違いは?

赤ピーマンと赤のパプリカ、どちらも赤ですよね。

paprika

ピーマンはナス目ナス科トウガラシ属トウガラシ種ピーマン
で、
パプリカは、ナス目ナス科トウガラシ属トウガラシ種パプリカ
と分類されます。

 

というわけで、同じトウガラシ属の仲間なんですね。

 

そしてパプリカはピーマンよりやや大型です。

 

そしてピーマンは 1年草
パプリカは、 多年草

 

つまりピーマンは花を咲かせて実がなり、種を残して枯れますが、
パプリカは数年にわたって生きるということです。

 

そして赤パプリカの方が、
赤ピーマンに比べると甘いという特徴があります。

 

見た目で赤ピーマンとパプリカを判別するのは難しいですが、
あくまで赤ピーマンは、緑のピーマンが熟したものです。
なので中型サイズです。

 

パプリカも緑のパプリカが成長して赤くなったものですが、
コチラは大型。

 

見た目にほとんど違いはないですが、
中身や、生産の面からみると
大分違うんですね^^
 

 

まとめ

今回は、赤ピーマンの栄養やパプリカとの違いをテーマに
まとめました。

 

赤ピーマンは、かなりの栄養が含まれていますね。

 

ご家庭でピーマンを栽培している方は、緑のピーマンとして
全て収穫するのではなく、赤ピーマンとして残しておくのも
良いですね♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ