里芋に赤・ピンクの斑点があるけど食べられる?紫や緑に変色したものは?

Sponsored Link


今日は、里芋に赤やピンクの斑点、緑や紫の変色をテーマにしていきたいと思います^^

 

里芋に赤やピンク色の斑点がある場合、
食べることはできるのでしょうか。

 

また緑や紫に変色している場合はどうなんでしょうか。

 

里芋についてまとめていきます。

c494eaab3f8eaa40cb327e10cf80cce7_s

 

里芋に赤やピンクの斑点があるけど食べられる?

里芋は9月~が旬の時期になっており、
その時期になると、多くの里芋がスーパーでも
販売されるようになります。

 

そんな里芋は、縄文時代から食べられていたいわれているくらい
古くからある伝統野菜になっています。

 

そして葉柄の部分は「 ずいき 」と呼ばれ、
この部分も食用とされています。

 

そんな里芋ですが、早速調理をしようとして
皮をむいたところ、里芋が「赤」「ピンク」の斑点ができていたり、
筋が入っていたりすることがあります。

2010022116090000-%e5%bc%95%e7%94%a8

画像引用:http://junjun.eshizuoka.jp/e625962.html

 

この場合、「里芋の品質劣化 」が考えられます。

 

里芋は、じゃがいもと同じように塊茎 と呼ばれる
肥大した地下茎を食べます。

 

品種によっては11月~など寒くなってからが
収穫時期になるので、
霜や環境が寒いと、里芋が 低温障害 によって、
劣化し、赤い筋が入ってしまうことがあります。

 

里芋は低温に弱く、
冷蔵ではなく、常温保存が向いているとされています。

 

ですので、購入前の環境によって赤い筋が入った、
または購入後に里芋を寒い環境で保存すると、
赤やピンクの斑点ができることができます。

 

この赤やピンクの斑点の正体は、
里芋の成分である
ポリフェノール の一種の「 アントシアニン 」です。

 

通常、里芋の葉柄ずいきにはこのアントシアニン
が豊富に含まれています。

ve_3578-%e3%81%9a%e3%81%84%e3%81%8d

それが寒さによって、成分が流出したと
考えられます。

 

いずれにしろ、
里芋自体に問題はなく食べることができます

 

ですが、筋が入っている場合、
食感が悪いことがあるので、
気になる方は、取り除いて食べてください。

 

★里芋の保存に関してはこちらの記事をどうぞ
里芋の日持ちする保存方法!冷凍も!賞味期限や保存期間は?皮むき後も

 

また、元から芽の部分が赤い
「セレベス」という品種もあります。

Sponsored Link

里芋が緑に変色したものは?

同じ芋類であるじゃがいもの 場合は、
緑色に変色した部分があった場合それは「
ですので、
取り除いて食べないようにしなくてはなりません。

 

主に、ソラニン・チャコニンという食中毒をもたらす自然毒
です。

 

ですが、同じ芋類でも、 里芋の場合は
緑色になっても問題ないです


 

ではなぜ里芋が緑に変色してしまっているのかというと、
里芋を栽培しているときに、
里芋にかかっている土が少ないと、
芋が日光にあたり、緑化 します


 

光が当たると、葉緑体に変化して緑色になります。

保存中に光にあたっても緑色になります。

9885d5cd45311198897f7fce2d53ec81-%e5%bc%95%e7%94%a8

画像引用:http://blog.goo.ne.jp/yuki_mike_usagonta/e/8461d199192e9814d5e03929940b2af0

 

この作用により、
里芋自体が緑色に変色してしまったと考えられます。

 

通常里芋は、土寄せという作業が必要ですが、
稀に緑色に変色しているものあります。

 

そして緑色になってしまった里芋ももちろん
食べることは可能ですが、
緑色の部分は「 えぐみ 」が強く、食味も落ちている
と考えられるので、
厚めに切り取って食べる方が良いといえます^^

 

 

里芋が紫に変色したものは?

里芋を茹でて紫色に変色してしまうことが
あります。

 

野菜で紫というのはなかなかないので、
変色するとビックりすることもあると思いますが、
これは、里芋の成分であるポリフェノール の一種である
タンニン 」が茹でることで、
鍋の鉄と反応し、変色したと考えられます。

 

タンニンは主にお茶などに含まれる植物には多く含まれている
成分ですが、
この成分は鉄と結合しやすくなっています。

 

紫色になっていると見た目は気持ち悪いですが
食べても問題はない とされています。

 

食品を調理して変色することは結構多く、
例えば薩摩芋やゴボウなどに含まれている
「クロロゲン酸」という物質がアルカリ性のもの(重曹等)と
反応すると、
緑色になることがあります。

 

★こちらの記事もどうぞ
さつまいもの変色で黒や緑になっているのは平気?切り口の変色防止は?

 

これらの里芋の変色は、食べても体に害のあるものでは
ありません。

 

ただちょっと見た目は気になりますね…。

 

稀にありますが、いくつかの条件が重ならないと
このような反応は起きないとされています。

 

これらの変色ではなく、
里芋から異臭がしたり、
どろどろの部分があったりするものは
食べないようにしましょう。

 

加工済みだと調理しやすいです♪


まとめ

今回は、里芋の変色をテーマにして
まとめてみました。

 

里芋は稀に品質・環境条件下により、
赤やピンクの斑点ができたり、
緑色に変色してしまうことがあります。

 

いずれにしろ変色している里芋も食べることはできます。

 

ただ食味は落ちるといえるので、
保存にも気をつけるようにしましょう^^


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ