ピーマンの冷凍の保存方法や期限は?栄養や苦味は変わる?

Sponsored Link


今日はピーマンの冷凍保存方法や、期限をテーマにしていきたいと思います^^

 

冷凍した場合では、ビーマンの苦味や栄養は変化するのでしょうか。

 

また、夏野菜の代表でもあるピーマンの旬は 6~9月 とされています。
旬の時期は野菜も安いので、安売りで多めに買った場合でも、
しっかり保存すれば、腐らせることもありませんね^^

piman_greenpepper

 

ピーマンの冷凍保存の方法は?

ピーマンは夏野菜なので、低温には弱そう…という
イメージがありますよね。

 

でもピーマンは、冷凍保存によって長持ちすることも
できるのです^^

 

安いときに大量に買っておいても、
冷凍保存しておけば便利ですね★

 

 

ピーマンの冷凍保存方法

用意するもの
・ジップ付きの袋
・キッチンペーパー


 
1・まずはピーマンを半分に切り、
種とワタを取りだします。2・よく洗って、キッチンペーパー等で
水気を拭き取ります。

3・好みの大きさに切ります。
細かく切っておくと便利です。

4・あとはジップ付きの袋にいれて、袋の空気をぬいて
冷凍庫に保存するだけです。

 

こういった方法もあります!

f88785565d5e1817712c257ea6c9f8e6
生のままで☆ピーマンの冷凍保存方法  引用:http://cookpad.com/recipe/2328378

 

 

保存期限は?

冷凍した場合の期限は、 約1か月 程度もちます。

 

なお、ピーマンは、生のまま冷凍することが可能ですが、
下茹でしてから冷凍すると、
変色が起りにくいです。

 

調理する場合は、解凍をしないで冷凍したまま
使用するようにしてください^^
Sponsored Link

ピーマンの冷蔵庫での保存方法

冷凍するほどではないけど、ピーマンを長期保存したいという
方に冷蔵庫での保存方法をお伝えします。

 

冷蔵庫の場合だと、基本的に野菜室での保管が
良いです。

 

ピーマンの保存する適温は 10℃ くらいなので、
通常冷蔵庫にいれておくと、呼吸がとまるため、
早くダメになってしまいます。

 

野菜室で保存する場合でも、
ピーマンに 水気がつかないように 注意します。

 

ピーマンは、水気があると傷みやすいので、
ていねいに拭き取りましょう。

 

拭き取ったものをポリ袋、もしくは、ジップ付きの袋に
いれて保存するようにします。

 

ピーマンの適温は、 10~14℃ なので、
野菜室がない場合でも、冷暗所などで、
それくらいの温度であれば、保存できます。

 

 

冷蔵庫での期限は?

冷蔵庫での保存期限は、方法を守れば、
1週間程度 、味を損なうことなく、食べられます。

 

食べるだけでも 3週間 程度もつと言われているので、
他の野菜と比較しても長持ちする方だと考えられます♪

 

ただ、ぬめりがあったり、茶色く変色したものは
食べられないサインです。

 

 

ピーマンは冷凍すると、栄養価や苦味が変わる?

sy_014

ピーマンには苦味があるので子供が嫌いになりがちな野菜
ですよね。
栄養はあるのに、苦味があるために食べられないのは
残念。

 

しかしピーマンは冷凍すると 苦味が取れます

 

なので、ピーマン嫌いなお子さんがいる場合でも、
ピーマンを使用する際は、
一度冷凍してから使用する方が、苦味を感じなくなります。

 

お子さんにも食べやすいピーマンの肉詰めを作る際にも、
下ごしらえしてから、一晩ほど、
冷凍庫に保管するだけでも苦味が取れるので、
一度冷凍庫にいれる方が良いですね♪

 

また、冷凍した場合でも、
もともと新鮮なうちに冷凍しておけば、
栄養価はほとんど変わりません

 

栄養価も変わらないのであれば、
使い切れなさそう…と思って冷蔵庫に保存するよりも
処理をして冷凍庫にいれて保存した方が
長持ちするし、栄養価もほとんど変わらないのです^^

 

 

まとめ

今回は、ピーマンの冷凍保存の方法や、
苦味や栄養価の変化についてまとめました。

 

冷凍しても調理に活かせるし、変わらないのが
良いですね~♪

 

使い切れないと思った場合や、買いすぎた場合は
ぜひ冷凍保存を^^

★こちらの記事もどうぞ
ピーマンの肉詰めは冷凍できる!解凍も簡単でお弁当にも便利なレシピを紹介


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ