白菜の栽培で病気や害虫の対策をしよう!家庭菜園でも注意

Sponsored Link


今日は、白菜の栽培における病気や害虫をテーマにしていきたいと思います^^

 

家庭菜園でも人気のある白菜ですが、野菜なので
もちろん病気にかかりやすいですし、
害虫によって、作物にダメージが与えられることも。

 

そんな白菜の病気・害虫についてまとめていきます。

hakusai

 

白菜の病気の対策をしよう!

家庭菜園でも人気のある白菜ですが、
病気にかかるリスクもあります。

白菜がかかりやすい病気についてまとめていきます。

 

白菜の病気・軟腐病

軟腐病の症状としては、
根や葉、茎などに暗褐色の斑点ができて、
腐ってどろどろになってしまう病気です。

 

そして、症状が進行すると、
腐った臭いもしてきます。

b17_03k

画像引用:http://www.sc-engei.co.jp/navi/byoki17.html

 

原因としては、
細菌が原因となります。

 

そして悪天候や、管理作業の際に、
白菜に傷をつけるとそこから
細菌が感染し発病します。

 

また水はけの悪い土地や高温多湿の気候で
発生しやすくなります。

 

また、一度軟腐病に感染すると薬剤を使用しないと
治るのは難しくなります。

白菜の病気・尻腐病

尻腐病の症状としては、
葉っぱに褐色の斑点ができ、その斑点が
拡大し、黒色していきます。

 

そして水に染みたような軟化部分ができて、
最終的にしおれて枯れてしまいます。

sirigusarebyou_photo

画像引用:http://yasaitosyokubutsubyoukitaisaku.com/byoukinosyurui/sirigusarebyou.html

 

原因としては、土壌中のカビが原因です。

 

一度発症すると、薬剤を使用しないと
治療が難しいです。
また、予防としては土壌の見直しが一番です。
土壌酸度の改善を行い、水はけのよい環境に
する必要があります。

 

 

白菜の病気・黒斑病

黒斑病の症状としては、
葉に黒っぽい斑点ができて、
進行すると、結球葉にまで
黒斑ができるようになります。

kokuhan

画像引用:http://www.agro.jp/engei/section1/vegitable/hakusai.html

 

原因は、カビです。

 

秋口の栽培で、雨が多くなると発生しやすくなります。

 

対策としては、多湿の環境にならないよう、
土壌の水はけをよくする、アブラナ科作物の
連作を避けるようにします。

 

一度発生すると薬剤での治療が
必要となります。

 

他に白菜がかかりやすい病気としては、
モザイク病
白斑病
黄化病
根こぶ病

などがあげられます。

Sponsored Link

白菜の害虫の対策をしよう!

家庭菜園で白菜を栽培していると、
害虫の対策も必要となってきます。

 

白菜の害虫で注意すべきなのは、
モンシロチョウの幼虫などのアオムシ類
アブラムシ、コナガ、キスジノミハムシなどの
害虫があげられます。

 

害虫はウイルスを媒介したり食害を
起こすので注意が必要です。

 

基本的に害虫は見つけたら捕殺する、予防する
必要があります。

 

苗をうえたらすっぽりと
防虫ネット をかけてしまいます。

 

畑であれば、トンネル状に
ネットをしてしまいましょう。

 

土と土の間もしっかりと隙間がないように
ネットをかけることで、
成虫の侵入も防ぐことができます。

 

しかし防虫ネットでも防ぎきれないことも
あるので、その場合は、殺虫剤をかける
ことも大切です。

 

薬剤でも天然のものを使用しているものや、
食品成分を使用した殺虫剤もあるので、
農薬は使わない!
と決めるのではなく、そういったものを
使用するとよいですね。

まとめ

今回は、白菜の病気や害虫の対策をテーマにまとめてみました。

 

病気の対策としては、水はけのよい土地にしておくことが
大切です。

 

あらかじめ土壌の整備をしておきましょう。

 

病気になったら薬剤を使用した対策が
必要となってきます。

 

★こちらの記事もどうぞ
白菜の栽培において、種まきや植え付け時期・方法はどうする?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ