しその摘芯のタイミングや方法は?多く収穫しよう!

今回はしその摘芯をテーマにしていきたいと思います^^

 

しそは家庭菜園でも人気のある香味野菜です。

 

手間もあまりかからないので初心者の方でも育てやすい野菜です。

 

しそは摘芯を行うことで収穫量を増やすことができます!

 

しその「摘芯」のタイミングや方法についてまとめていきたいと思います。





しその摘芯とは?

摘芯 とは、野菜や草花などの植物の生長を促すための作業
「ピンチ」「芯止め」とも呼ばれています。

 

大葉に限らず、多くの野菜は真ん中にある茎を中心にして
上に上にと縦に生長していきます。

 

その生長点をとめる事で、わざと縦方向の生長をとめて、
横方向への生長を促し、たくさんの大葉を収穫することができます。

 

ですので、野菜の栽培において摘芯という工程を行うものは多くあります。

 

しそ以外にも、きゅうりやトマトでも摘芯を行います。

 

摘芯のタイミングや方法について紹介していきます。

 

 



摘芯のタイミングや方法は?

しその背丈が 30cm程度 になったら、摘芯のタイミングです。

 

なぜ30cmかというと、それより前の小さい段階で敵芯してしまうと
しそ自体が環境が悪い判断して、子孫を残すために、
早く花をつけてしまいます。

 

花が咲くとしそは枯れてしまうので注意が必要です。

 

 

しその摘芯のやり方

摘芯を行うときは、下から 5~6節 ぐらいから上を、はさみやカッターなどで切り取ります。

 

この時切ったすぐ下に脇芽が伸びているので、
脇芽を傷つけないように、本芯の部分だけをきりとります。

 

少しかわいそうにも思えますが、摘芯してから2週間程度たつと
摘芯した部分の下にあった脇芽もどんどん
大きくなるので、大きな葉から順々に収穫していきます。

 

さらに収穫したい場合は、生長した脇芽を 3節程度 で摘芯して
さらに脇芽を伸ばしていきます。

 

しその環境にもよりますが、
苗を植えてから 約1ヶ月半~2ヶ月 で摘芯の時期をむかえ、
そこから 約10日~2週間 で収穫することができます。

 

摘芯を行うことで、収穫量もアップするので、
タイミングを見計らって行ってください!

 

 

しその穂がでてきたら○○で収穫UP

しそがある程度大きくなると、所々にしその穂が出てきます。

 

このまま放置しておくと、花が咲いて種になり
しそが枯れてしまいます。

 

そうならないように、みつけたら穂を指でつまんでちぎりとります。

 

穂はまだ柔らかいのですぐ取れます。

 

こうすると、より長く収穫することができます。

 

しその穂は、しその実とも呼ばれ佃煮などに調理されます。

 

 



しその育て方

摘芯で収穫量がUPしますが、家庭でできるしその栽培方法をご紹介します。

 

プランターや鉢でしたら、ご家庭のベランダや狭いスペースでも
手間なくしそを育てることができます。

 

種からも育てることができますが、
苗から育てると手間がかからず、安心して育てることができます。



鉢植えの場合は1株に対して 5号~6号(15cm~18cm)、
深さは 20cm 程度のものを用意します。

いくつかの株を育てる場合は、株と株の間が 15cm~20cm ほどの間をあけて
植えられるプランターを準備します。

 

鉢植えにすると、真夏の暑い時や日が当たりすぎたりした時に
すぐに場所を移動することができて、便利ですね。

 

容器がきまったら鉢底石を隠れる程度に薄く敷きます。

 

プランターの場合は、台所の排水用のネットなどに入れてから
敷くと栽培を終えた時の処理が簡単にすみます。

 

ホームセンターなどで売っている、肥料入りの家庭用野菜培養土
を鉢にいれていきます。

 

鉢の縁から2~3cm ほど下までいれるのですが、
一度土をいれたらトントンと軽く地面におとして、
鉢の中の空気をぬいてからもう一度土をいれます。

 

土を手で掘り最初にポットごといれてみて、
苗の高さとプランターの土の高さが、同じ高さになるように調整します。

 

ポットから苗をとりだします。

 

苗を人差し指と中指の間にはさんでもち、
そのままひっくりかえします。

 

さかさまの状態でやさしくポットからはずします。

 

無理にポットからはずそうとすると、根がちぎれて
傷めてしまうので気をつけてくださいね。

 

⑥苗の土はほぐさずそのままの形で植え、
植えたら周りの土を少しかぶせて手で軽くおさえます。

 

⑦植え付けが終わったら容器の底から水がでてくるまで
たっぷりと与えます。

 

これで植え付けは完了です。

 

 

しその栽培で注意する点

しそをうまく育てて収穫量をアップさせるためにも、
以下の点に注意してください。

 

肥料

肥料をやる場合は植えつけてから 2週間 ほど、
経ってから与えるようにしましょう。

 

2週間に一度化学肥料を株元に与えるか、
液肥を1~2週間に一度与えます。

 

あまり肥料を与えすぎると害虫がつきやすくなったり、
根が肥料やけをおこすことがあるので、しその葉の状態をみながら、
肥料を与えるようにしましょう。

 

 

水やり

水やりは鉢やプランターの底から水がでるまで、
たっぷりとおこないます。

 

たくさんやって、土が乾燥し、又たくさん水やりをする事の繰り返しで
丈夫なしその根が育ちます。

 

 

日光

しそは光を好みますが、日当たりが良すぎると葉が硬くなるので、
半日陰で育てるとやわらかいしそに育ちます。

 

 

しその害虫

しそは、油断してたらいつのまにか虫に食べられた
ということがあります。

 

青しその葉を食べるのはハダニやアブラムシです。

 

これらの虫は光るものが苦手なので
アルミ箔をもんで、葉と茎に軽くおちないように垂らしておくと
光が反射して害虫対策になります。

 

ハダニは水が苦手なので、水やりの時に葉と葉の裏に
かけると効果的です。

これらの点に注意してくださいね!

 

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回はしその摘芯をテーマにまとめてみました。

 

摘芯することで、たくさんのしそが収穫量ができるので、
長くしそを楽しむ事が出来ますね。

 

しそ自体は生命力があるので、
30cmほどになるまではすくすく育てように手助けして
あとは摘芯をして横に脇芽をのばして、
たくさんの収穫量を目指しましょう。

 

しそに限らず、野菜作りに失敗はありません。

 

うまく育たなくても、それはそれで、愛情もって手助けをして
野菜作りを楽しみましょう。


Sponsored Link