長芋の栽培!植え方や収穫時期はいつ?

Sponsored Link


今日は、長芋の栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

長芋は実は家庭菜園での栽培が可能です。
長芋の植え方や収穫時期はいつ頃が目安でしょうか。

 

長芋の栽培についてまとめていきます。



 

長芋の栽培方法!

長芋は、山芋の一種であり、棒状の形が特徴的です。

 

山芋には大きく分けて3種類あり、
長芋・大薯・自然薯があります。

 

長芋は、スーパーでもよく販売されていますが、
水気が多く、粘りが少ない傾向にあります。

 

サラダや和え物などの調理法にも向いている長芋ですが、
実は家庭菜園での栽培が可能です。

 

長芋は長芋用のパイプを用いた栽培法もされていますが、
パイプがなくても畑の土地で栽培が可能です。

 

そんな家庭での栽培方法についてまとめていきます。

 

長芋の栽培条件

栽培適温:20~25℃
連作障害:3年


一般的に植え付け時期は4~5月
収穫は11~12月 が適時となります。

 

連作すると、センチュウの被害がでやすくなります。

 

一度、長芋などの山芋を栽培した環境では、
麦をつくったあとの土地で栽培すると
被害がおさえられます。

 

 

長芋の種芋の準備

長芋の種イモは、ネットやホームセンターで
購入することができます。




種芋はあらかじめ、
小さいもので50~60g
大きいもので100g 程度に
切り分けておきます。

 

そのあと、腐敗を防ぐために、
3~4日程度日陰で切り口を乾燥させておきます。

 

 

スポンサーリンク



長芋の植え付け

まず長芋を植え付ける前に畑の準備を行います。

 

1・植え付けの2週間前に苦土石灰100g/m2を散布し、
深さ80cmほどになるまで、
よく耕しておきます。


 

2・続いて、植え付けの1週間前に堆肥10kg/m2、
化学肥料100g/m2をいれて、
さらによく耕し、幅80cm・高さ15~20cmの畝をつくっておきます。


 

3・種芋は深さ5~10cmの深さにし、
株間は30cmほどとっておきます。




 

4・長芋はつるが伸びるので同時に支柱を合掌式に
たてておきます。


 

合掌式はこんな感じです。



画像引用元:https://blogs.yahoo.co.jp/ukinasuda/folder/1548244.html?m=lc&sv=%A5%B8%A5%E3%A5%AC%A5%A4%A5%E2&sk=0

 

つるが上に絡んでのびていくようになります。

スポンサーリンク



長芋の栽培管理

水やり

基本的に地植えの場合、水やりは不要ですが、
梅雨明け後は、敷き藁をしいて乾燥防止します。

乾燥が酷いときには、水やりを行います。

 

追肥

長芋を植え付けて3か月後くらになると、
つるがどんどん成長してくるので追肥します。

 

7~8月になると肥料の吸収が多くなります。

 

1回目:蔓が30cmを超えたとき(6月下旬)
2回目:7月下旬~8月上旬


に行うようにします。

 

もしくは、2週間に一回程度液肥を施すようにします。



 

長芋の収穫のタイミング

長芋の収穫時期は4~5月に植え付けると、
11~12月 が収穫時期となります。

 

収穫のタイイングは
「葉が黄色く枯れてきたとき」
です。

 

地中深くに根を伸ばしているので、
株元から離して掘り進め、
芋を傷つけないように注意します。

 

長芋と平行に掘っていき、
長芋の根元の方まで掘ったら抜きとって
収穫します。



 

なお、早く掘りすぎてしまうと、ポリフェノールが多いため
長芋を調理したときに、褐変しやすくなります。

 

なので、しっかり葉が黄変したのを確認してから
収穫するようにします。

 

晴天が続いて 土が湿っていないタイミング を狙って
掘ってください。

 

長芋が腐りやすくなってしまいます。

 

 

収穫した長芋の保存方法

長芋の保存適温は2~5℃程度とされています。

 

なので、冷蔵室での保存が向いています。

 

冷蔵保存で2か月程度の貯蔵が可能です。



 

家庭菜園で大量に収穫して食べきれない場合は、
そのまま土の中で貯蔵することが可能です。

 

長芋は、成熟すると休眠状態に入るので、
それを利用して土に植えたままにしておきます。

 

気温が寒い春先までは貯蔵可能ですので、
冷蔵室などの貯蔵スペースがない場合分けて収穫することが可能です。

 

 

長芋の害虫対策

長芋を栽培している際も、
外注の被害にあうことがあるので注意するようにします。

 

ヨトウムシ
日中は土の中に潜り、夜間活動する幼虫です。

 

食欲が旺盛で、一晩で葉を食い尽くすことも
あります。

 

孵化したばかりの幼虫は、
集団で葉の裏にいるので、
葉ごととって駆除します。

 

薬剤散布も


ヤマノイモコガ
体長5mm程度の淡褐色をした幼虫です。

 

新芽を食害します。

 

最近では、ヤマノイモコガではなく、別の種類であることが判明し
ナガイモコガと名づけられました。

 

防虫ネットを張る他、
薬剤散布も


アブラムシ
長芋以外にも、様々な作物に被害をもたらす害虫です。

 

新芽や葉の裏に発生し、植物の汁を吸ったり、
病気を媒介します。

 

繁殖力が強いのが特徴です。

 

ガムテープなどで取り除く他、
薬剤散布も。

 

 

ハダニ
ハダニは、体長がとても小さく、
葉の裏に発生し、植物の汁を吸います。

 

アブラムシと同様に病気を媒介することも。

 

ときどき、かん水して対策します。

 

害虫によって、病気が媒介される他、
葉が食害されて成長に影響がでることがあります。

 

 

まとめ

今回は、長芋の栽培をテーマにしてまとめてみました。

 

自然薯は人工栽培が難しいとされていますが、
長芋は栽培が可能です。

 

スペースが限られている方は袋栽培も!

 

こちらのブログに袋栽培について記載してあります。
袋栽培のヤマイモ収穫

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ