栽培

かぼちゃの育て方!葉の病気であるうどんこ病やモザイク病の対策は?

今日は、かぼちゃの育て方における病気の対策をテーマにしていきたいと思います^^

 

かぼちゃは、夏場が収穫の旬の野菜ですが、葉は病気にかかりやすく、
うどんこ病やモザイク病が、かぼちゃの葉の病気として有名です。

 

そんな病気の対策はどうすれば良いのか、
まとめていきます^^

aji-400-2

 



かぼちゃの育て方・病気のうどんこ病の対策は?

かぼちゃのうどん粉病が発生しやすい時期としては、
実が育ってくる、
6~9月あたりに起こりやすいとされています。

 

乾燥して、土壌の温度が高まってくると発生するので、
基本的に、暖かくなってくると
起こり得る病気といえます。

 

うどんこ病は、きゅうりや、トマト、多くの野菜でも
発生してしまう、厄介な病気ととらえられます。

 

0a5f386112dc0aab3d859bddaeae6689

画像引用:http://potager.jp/?p=292

 

 

うどんこ病の原因は?

うどん粉病が発生してしまう原因は、
カビ です。

 

菌糸状のカビが、野菜に、寄生することで
発生します。
なので、かぼちゃ以外にも、きゅうりやメロンなどでも、
寄生されると発生します。

 

初期の症状としては、
名前の通り、うどん粉のような 小さな白い斑点 がポツポツと
葉っぱの表面に現れるようになります。

 

これが悪化すると、葉全体に広がり、
そして、茎や実などにも蔓延してしまいます。

 

せっかく育てた野菜にうどん粉病が発生してしまったら
嫌ですね…。

 

でもうどん粉病になった野菜は、
結果的には食べられるのでご安心を。

 

コチラの記事もどうぞ★
きゅうりの育て方!病気のうどんこ病やべと病の対策をしよう!病気でも食べられる?

 

放っておくと、病原菌が繁殖することで、
野菜の生育が悪くなったり、収穫量が減ってしまいます。

うどん粉病の対策は?

うどん粉病は、カビが原因なので、
風によって他の株から移ったり、泥の跳ね返りによって
感染してしまいます。

 

対策としては

1・密植を避ける

株が密集していると、感染しやすくなります。

 

2・敷き藁やマルチを利用する

泥の跳ね返りによる感染を防ぎます。

 

3・うどん粉病になったものは、早めに処分する

カビが感染源なので移ってしまいます。
早めに、葉っぱを摘み取りましょう。

 

4・乾燥に注意する

乾燥した環境で、かかりやすいので、
特にプランターなどでの栽培の場合は、水やりをしっかりし乾燥しないように
気をつけましょう。

 

 

一部の葉っぱに感染が見られた場合は、
つみとることで対処できますが、株全体に広まってしまうと、
薬を使わないと治りません…。
早めの対策が必要です。 

 



かぼちゃの育て方・病気のモザイク病の対策は?

モザイク病の原因は?

モザイク病とは、葉っぱや茎、そして実に
モザイク状の病斑が現れる病気です。

 

葉が丸まったり、縮んだりもします。

E3818BE381BCE381A1E38283090919-1

画像引用:http://bota1234.blog.so-net.ne.jp/2009-09-25

病気の原因としては、
ウイルスが、 アブラムシ によって媒介されることで
発生します。

 

主にキュウリモザイクウイルス・ズッキーニ黄斑モザイクウイルス
が原因のウイルスとされています。

 

 

モザイク病の対策とは?

モザイク病は、アブラムシの対策が肝心です。

 

1・ビニールやトンネルで対策

アブラムシを飛来させないために、
ビニールやトンネル・ネットなどを使用します。

 

また、殺虫剤を用います。

 

 

2・モザイク病になったものは、すぐに処分する

病気にかかったものは、すぐに処分します。

同じ土地に置いておかないようにします。

 

 

3・消毒する

感染源となるウイルスは、他の野菜から感染する可能性も。

 

同じハサミを使用しないで、
消毒して使用するようにしましょう。

 

モザイク病にかかってしまったら、
治すことは不可能なので、
予防の段階をしっかりと行う必要があります。

 

アブラムシが飛来しないように、
ネットなどを使用するほか、
場合によっては、寄せ付けないよう薬も使用しましょう。

自然派志向の方に★



まとめ

今回は、かぼちゃの病気についてまとめました。

 

かぼちゃも病気にかかってしまったら厄介ですね…

 

なるべく植える際、病気にかかる前にできることは
して、予防するようにしましょう★

Sponsored Link