かぼちゃの収穫時期やタイミングとは?へたの様子を写真で紹介

今日は、かぼちゃの収穫時期やタイミングをテーマにしていきたいと思います^^

 

かぼちゃの収穫時期にはへたやつるの様子を見ます!
写真でもまとめていきます^^

 

美味しいかぼちゃを収穫しましょう♪

pumpkin01

 



かぼちゃの収穫時期やタイミングとは?

かぼちゃの収穫のタイミングですが、
かぼちゃの植え付けの時期は、
4月上旬~6月下旬 です。

 

そして収穫時期としては、 6月~9月
目安となっています。

 

植え付けの時期にもよりますが、かぼちゃは2~3か月で
収穫できます^^

 

また、西洋かぼちゃと日本かぼちゃでは少し異なり、

西洋かぼちゃの場合は、受粉してから 40~50日後 に、
日本かぼちゃの場合は、 約30日後 が収穫の目安となります。

 

 

収穫のタイミングはとても重要で、
かぼちゃは、実が育ったからといって、早く採りすぎると
甘味がまだ足りておらず、
収穫が遅すぎても、逆に美味しくなりません。

 

野菜の中でもとても難しい品種ですね…(^^;

 

なので、収穫の目安として日数をカウントするのも
大切ですが、
見た目での特徴を覚えているとこのあたりかな?
と検討がついて、収穫がしやすくなると
思います^^

 

では、見た目での収穫のタイミングをまとめていきます★

 



かぼちゃの収穫のタイミング(見た目)

1・へた

かぼちゃと実をつないでいる部分を「へた」というのですが、
収穫時期になると、このへたの部分が緑色から白く変化して、
コルク化し、硬くなります。

 

Exif_JPEG_PICTURE

引用:https://plaza.rakuten.co.jp/negishinouen/diary/201207040000/

 

 

このように、へたの部分に、縦方向に亀裂が入って、
さらに、横にも亀裂が入ってから、
ハサミでへたを切り取ります。

 

つるにもヒビが入ってくる時期だと思います。
同時に、葉っぱが黄色くなってきていて枯れてくると、
美味しいかぼちゃの収穫の目安です。

 

 

2・果実

「へた」以外には、かぼちゃもチェックするようにします。

 

受粉後に、かぼちゃが肥大してきて、肥大が終わると、
かぼちゃ自体の表面のチェックも行います。

 

収穫の目安となると、実の表面も変化します。

 

かぼちゃの表面に爪をたてても傷がつかない状態
かぼちゃの表面のツヤがなくなって、表面の緑の色が
強くなり、模様がはっきりしてきます。

 

売っているかぼちゃのような表面になってくるという
ことですね^^

 

逆に、表面につやがあって、溝がなく、
なめらかなものは、まだ熟す必要があります。

 

写真

2010_07070075

引用:https://oisiitoriatama.blog55.fc2.com/blog-category-10.html

 

 

日本かぼちゃの場合は、西洋かぼちゃとは少し違って、
表面に白い粉がでてきます。

 

へたの状態とかぼちゃの表面の状態をチェックして、
収穫しましょう♪

 

ちなみに実家の坊ちゃんかぼちゃは、コルク化していなくても収穫することも!

 

我が家の坊ちゃんかぼちゃです^^

ハサミで切って収穫します!

実家で坊ちゃんかぼちゃの収穫を行いました^^

 



収穫したあと

かぼちゃを収穫したら、すぐに食べるのはおススメでは
ありません。

 

涼しく、そして風通しの良いところで、
1~2週間ほど保管し、乾燥させるようにします。

 

これを キュアリング というのですが、
これをすることにより、かぼちゃのでんぷん質が
分解されて、糖質になり、
甘味が増し、そして貯蔵性もUPするといわれています♪

 

早く食べたい気持ちを抑え、キュアリングをして、
より美味しいかぼちゃの収穫をしましょう^^

 

かぼちゃのおいしい食べ方

かぼちゃを収穫して、キュアリングしたら、かぼちゃをおいしく調理しましょう!

 

かぼちゃは、野菜の中でも栄養価がとても高い野菜です!

 

特にβカロテンが豊富に含まれて、その含有量は野菜の中でもトップクラスです。

 

βカロテンは体内でビタミンAとして働きますので
・皮膚や目の粘膜を健康に保つ
・夜盲症を予防する

などの働きの他に抗酸化作用の強いβカロテンとして
・動脈硬化などの生活習慣病を予防する
・がんを予防する

などの働きがあるとされています!

 

その他、
風邪予防やコラーゲンの生成に関わるビタミンC
女性ホルモンや男性ホルモンの働きを活発にするビタミンE
などのビタミンも含んでいます。

 

かぼちゃを食べるとおいしいだけではなく、
栄養もばっちりとれてしまうんです^^

 

レシピに困ったら、こちらのレシピがおススメです♪

 

かぼちゃのコロッケ
~必要なもの~
・かぼちゃ 500g程度
・砂糖 大さじ2杯
・コンソメ 小さじ1杯
・バター 10g
・小麦粉 50~100g程度
・卵 1個
・パン粉 50g程度
・揚げ油 適量

こちらのレシピでは、よく実家で栽培している坊ちゃんかぼちゃを使用しています。

 

~作り方~
1⃣まずは、かぼちゃの下処理を行います。

かぼちゃを半分にしたら、種をとりのぞきます。

そしてラップをかけて、電子レンジ500wで5~6分程度加熱します。

 

2⃣かぼちゃが柔らかくなったら、
包丁で適度な大きさにカットします。

そのあと、なるべく細かくつぶします。

細かくつぶしたら、砂糖やコンソメ、バターをよく混ぜ合わせます。

 

3⃣食べやすいサイズに小さく丸めていきます。

 

4⃣小さく丸めたかぼちゃに小麦粉⇒卵⇒パン粉をつけます。

 

5⃣カロリーを少なくするため、
パン粉をつけたものは、揚げ焼きにしていきます。

フライパンに油をいれて、中火で熱し、
小麦粉をつけたものを、半分ずつくらい揚げていきます。

全面軽く焼き色がつくように調整してください!

 

焼き色がついたら完成です^^

 

あとは、お好みでソースをかけてどうぞ!

 

詳しい手順はこちらの動画でも紹介しています↓↓↓

 

ちなみに手作りしたかぼちゃコロッケは、
冷凍することもできます。

 

1つずつラップで丸めて、そのまま冷凍庫で保存します。

 

冷凍庫の状態によっては1か月くらい保存可能です!

 

自然解凍ではなく、電子レンジで1分~2分ほど加熱すれば
美味しくいただけます!

 

ぜひお試しください^^

 

かぼちゃコロッケは市販のものも多く出回っていますが、
家でつくったものの方がヘルシーです★

 

野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

かぼちゃの収穫まとめ

今回は、かぼちゃの収穫時期やタイミング、そしてへたや
表面の様子をまとめました^^

 

かぼちゃを収穫する際は、へたの様子、そして果実の様子を
よくチェックしてから収穫するようにしてください!

 

またかぼちゃは収穫したあとの処理も大切ですね♪

 

収穫が早いと甘味が足りないし、
収穫が遅くなってしまっても、美味しくないので、
タイミングを見極めて、
美味しいかぼちゃを収穫しましょう★

 

★こちらの記事もどうぞ
初心者でもかぼちゃの育て方!プランター栽培での苗や水やり、花は?


Sponsored Link