トマトの保存方法と選び方!美味しいトマトはここを見て

今日は、トマトの保存方法と、美味しいトマトの選び方をテーマに
していきたと思います^^

 

夏が近づいてくると、スーパーにも大量に
トマトが並びますよね!

 

トマトは1年中スーパーで見かけますが、
露地栽培のトマトの旬は、
6~8月なんです。

 

というわけで、夏の頃にトマトの旬がやってくるんですね。

 

今日は、そんなトマトの美味しい見分け方と
保存方法について説明します。

m_f_vegetable190

 



トマトの選び方

では、まずは、スーパーで選ぶにはどんなトマトが
おススメなのか、説明していきます。

 

1・へた

へたに注目してみると、
へたはピンとしていて、緑色のものが良いです。

 

これは、もぎたてであることを指します。

 

感想して、へたが縮んでいるようなものは、
収穫から時間がたってしまったものということですね。

 

 

2・重いもの

トマトの重さに注目すると、
手に取ったときにずっしりと重いものが理想です。

 

また、同時にトマトが丸みがあるかも確認
します。

 

角ばっているものは、凹凸があるものは、
中がスカスカになっているものもあるので、
丸み・重さもチェックしましょう。

 

 

3・見た目

トマトを見る上で注目してほしいのは、
後ろのラインです。

 

お尻のラインからへたに向かって、
うっすらラインが入っているものがおススメです。

 

こういったトマトは、糖度があがっているものが
多いです。

sc1-2491-300-3

他に見るポイントとしては、
トマトの皮が艶々としていること、
実が引き締まっているかを
チェックします。

 

 

4・時期

トマトの旬は、6~8月ということを先ほどお伝えしましたが、
トマトは高温多湿に向いていないため、
夏場のトマトは糖度があがりにくい…という
特徴があります。

 

なので、糖度で考えると、
春、もしくは秋に収穫されたトマトが、
糖度的にはベストといえます。

※避けたいもの

逆に避けたいトマトとしては、
トマトの周りがひび割れていたり、
へたが萎れてしまっているものは避けましょう。

 

 



トマトの保存方法

自分で選んで買ったトマト、
美味しさをキープさせたいですよね。

 

まず、スーパーで緑が少し残っているトマトを
購入された場合は、完熟し、トマトが赤くなってから
冷蔵庫に保存するようにして、
それまでは、常温で保存しましょう。

 

では完熟して真っ赤になったトマトの保存方法を
説明します。

hozon_tomato

①まず、トマトは、ビニール袋かポリ袋にいれる、
もしくはぴったりとラップをします。

 

そして、トマトのお尻がつぶれないように、
へたを下にして冷蔵庫の野菜室で保存するようにします。

 

こうすることで、
トマトの鮮度が落ちることなく、
保存することができます。

 

野菜を保存するために、
なぜラップに包むかというと、
トマトを含め、野菜は呼吸をしているので、
たえず水分が野菜から抜けていってしまうのです。

 

それを予防するために、周囲の空気を絶つってあまり呼吸させないことで、
鮮度を保つことができるのです。

 

同時に、呼吸を抑えることで、
ビタミンや糖度が落ちるのを防ぐこともできます★

 



野菜ってこんなに農薬がついているんです!!!

日本の農薬の使用量は世界でもトップクラス

それを毎日食べ続けるのは怖いですよね。

実際トマトにはこんなに農薬が・・・

子供の健康と将来のために、農薬を落とす新習慣を始めませんか?

★水では落とせない農薬を落とす新習慣はこちら

まとめ

今回は、トマトの保存方法や選び方について
説明しました。

 

トマトは、美容や健康に良い成分がたくさん
含まれているので、
積極的に摂取したいですよね。

 

スーパーでなるべく良いトマトを見つけて、
美味しいまま口にするようにしましょう♪

★こちらの記事もどうぞ
トマト1個のカロリーはどれくらい?栄養価が高い!!


Sponsored Link