ピーマンの水やりの頻度や追肥のタイミングとは?株間はどうする?

Sponsored Link


今日は、ピーマンの水やりの頻度や追肥のタイミングをテーマにしていきたいと思います^^

 

ピーマンの水やりの頻度や追肥のタイミングはいつくらいでしょうか。
またピーマンを栽培する上で、株間はどれくらい取るのが理想でしょうか。

 

そんなピーマンの栽培についてまとめていきます。

27ca716434898d28cf169d30124ef1a6_s

 

ピーマンの水やりの頻度は?

ピーマンの栽培適温 は、 25~30℃ であり、
暑い時期を好む野菜といえます。

 

そのため、ピーマンの旬の時期は
6~9月 とされています。

 

夏の旬の時期は、ピーマンが美味しく、
そして安く購入できる時期とされています。

 

そんなピーマンは家庭菜園でも栽培されることが
多くなっています。

 

ピーマンは、乾燥に弱い作物なので、
乾燥しないようにたっぷりと水やりを行う ようにします。

omatsuri_food_56

頻繁に水を与えすぎると、
根腐れ病の原因となりますが、
夏場の暑い時期は、朝と夕方に1回ずつ たっぷりと水やりを行う程度が
良いでしょう。

 

株元に を敷いておくと、
保温と保湿に効果があります。

 

また、冬の涼しくなってくる冬の時期まで収穫は可能ですが、
冬の時期は水のあげ過ぎに注意します。

 

土の表面が乾いたら水やりをする程度にしておきましょう。


スポンサーリンク



ピーマンの追肥のタイミング

ピーマンは収穫時期が長いので、
それに伴い、肥料切れを起こさないように追肥も行います。

 

月に1回 は追肥を行うようにします。

 

1番果がなったら、最初の追肥を行うようにします。

 

追肥の方法としては、
株と株の間に、溝を掘り、
化学肥料をまいたあと、土を戻します。

 

1株あたりの追肥の量は、
化学肥料20g 程度です。

 

葉の色が薄くなってきたら、
肥料切れの合図です。

264a819de1c1ac9b0f6904227c09258e_s

少量を定期的に与え、
肥料切れを起こさないように注意しましょう。
 

スポンサーリンク



ピーマンの栽培で株間はどうする?

ピーマンは、60cmのプランターがあれば、
2株ほど一気に栽培することも可能です。

 

プランター で栽培する場合は、
株間は20cm以上 あけるようにします。

 

そして、 で栽培する場合でも、
株間は45~50cm 程度は株間をとるようにして
植え付けを行います。

20120608_113633-thumbnail2 引用

画像引用:http://hiroronblog.seesaa.net/article/274100745.html

 

近すぎるとうまく育たないので、
株間はきちんととってから植え付けを行うようにして
栽培しましょう^^

 

★こちらの記事もどうぞ
ピーマンの植え方!種まき時期や植え付け時期はいつごろ?

 

まとめ

今回は、ピーマンの栽培における水やりや追肥、株間など
栽培のポイントについてテーマにしてまとめてみました。

 

ピーマンの栽培は簡単とされていますが、
夏場の暑い時期に栽培するので、
水やりや追肥の管理など、注意する必要もあります。

 

うまく育てられれば、長く収穫も楽しむことができます^^

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ