豚肉を冷凍すると賞味期限はどれくらい?日持ちする方法を紹介!

Sponsored Link


今日は、豚肉をテーマにしていきたいと思います^^

 

豚肉は、安く買えるときに大量に買って冷凍する方も多いと思います。

 

賞味期限や、どれくらい日持ちするのか気になりますよね。

 

今日は、そんな豚肉がどれくらい持つのかや、
冷凍の方法を紹介したいと思います★

d0094245_19371554

 

豚肉の消費期限は?

では、そもそも豚肉の賞味期限はどのくらいなのでしょうか。

 

通常スーパーで購入する豚肉は、
冷蔵で売られていると思いますが、
この場合は、もつ日にちが少ないので、【消費期限】として
表示されています。

 

消費期限は、お肉の種類によって少し変わってきます。

 

ひき肉、合いびき肉 当日
スライス 2日間
ブロック肉 3日間

 

多少、誤差はあるかもしれませんが、
これくらいの消費期限が定められています。

 

また、お肉のもちとしては、
鶏肉<豚肉<牛肉の順番で、
鶏肉は豚肉よりも、日持ちしません。

 

では、そんな短い豚肉でも、冷蔵で少し持ちをよく
することができます。

 

その方法とは、お肉の酸化を防ぐために空気に触れないようにすることです。

・密閉する(ラップ等)
・表面の水分を拭き取る
・下味をつけておく


この3つで、冷蔵のお肉でも、新鮮さをキープすることができます。

 

 

スポンサーリンク



豚肉の冷凍保存方法と、賞味期限は?

では、続いては、冷凍方法です。

 

大量に買ったら、やはり冷凍保存したいですよね。

 

冷凍保存のコツも、冷蔵保存の時と似ているのですが、
コツとしては、
密閉するという点と、
下味をつけるという点が長く持つコツです。

 

また、買ってからすぐの新鮮なお肉を
冷凍するのが良いです。

 

 

冷凍ひき肉の賞味期限

冷蔵の場合は、かなり日持ちの悪いひき肉ですが、
冷凍すると、長く持たせることができます。

 

ひき肉は、ジップがついているタイプの袋に
平らにいれます。

DSC_2469

そして口をしっかり空気を抜いてとじます。

 

このとき、袋の上から線をつけておくと、
小分けになるので便利です。



もしくは、ラップに小分けにしてから、
袋にいれて冷凍します。

 

こうすることで、賞味期限が 2~3週間 になります。

 

加熱してから冷凍すると、
3~4週間ほども賞味期限がのびます^^
 

 

冷凍豚肉薄切り肉の賞味期限

薄切りにくは、1枚ずつラップで包み、
空気が入らないように密閉します。

 

そのあとに、ジップ付きの袋にいれて
冷凍保存します。

 

面倒ですが、1枚ずつ密閉することで
酸化を防ぐことができます。

 

これで、賞味期限は 2~3週間 ほどに
のびます^^

 

 

冷凍ブロック肉の賞味期限

ブロック肉単体を冷凍してしまうと、
解凍に多くの時間がかかってしまいます。

 

なので、ブロック肉はあらかじめ使用する量
ごとに小分けにして冷凍します。

 

100g、200gなどに分けると良いです。

 

使う量に分けてラップで包み、
ジップ付きの袋にそのまま冷凍保存をします。

 

これで 2~3週間 の賞味期限となります。

 

下茹でしてから冷凍すると、
賞味期限は、3~4週間程度になります。

 

薄切り肉は加熱してから冷凍するのは
難しいですが、
ひき肉やブロック肉は、火を通してから
冷凍することで賞味期限がのびます。

 

 

スポンサーリンク



冷凍した豚肉の解凍は?

流水冷凍や自然解凍など、様々な解凍方法はありますが、
どれも冷蔵庫でじっくり低温で解凍すると、
肉のうまみが逃げません。

cooking_a14

電子レンジや流水解凍は、
短時間でできて簡単ですが、
うまみが逃げてしまいやすくなります。。

 

 

まとめ

今回は豚肉の冷凍方法や賞味期限について
まとめました。

 

買いすぎたお肉もこれで安心です^^

 

あくまで新鮮なお肉を冷凍した場合の
賞味期限です。

 

品質が落ちてしまったお肉では、
それだけ賞味期限も短くなります。

★こちらの記事もどうぞ
豚肉の寄生虫が気持ち悪い…体に入るとどんな症状が起るのか

農薬や放射性物質が気になる…
安全な食品を食べたい…
良い野菜の選び方がわからない…
いつも同じ野菜ばかり食べてしまう…
買い物に行っている余裕がない…



そんなあなたはこちらもどうぞ!
↓↓↓
栄養士 の私が勧める安心して食べられる野菜

Sponsored Link



LINE@

LINE@追加で旬な食材の情報をプレゼントします♪
友だち追加

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ