ほうれん草の収穫時期やタイミングはいつくらい?収穫方法は?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草の収穫時期やタイミングをテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草は、鉄分が豊富に含まれているので、
お子さんも摂取したい緑黄色野菜ですよね^^

 

そんなほうれん草の収穫時期やタイミングはいつくらいなのでしょうか?

 

そんなほうれん草についてまとめていきます。

a03_075

 

ほうれん草の植える時期はいつ?

そもそもほうれん草はいつごろ植えるものなのでしょうか。

 

ほうれん草は寒さに強い野菜なので、
実は冬でも栽培が可能です。

 

日当たりが良く、暖かいベランダで栽培すれば、
品種によっては12月末頃までほうれん草の植え付けをすることができます。

 

家庭菜園でも、割と初心者におススメの野菜となっています。

 

ビタミンやミネラルも豊富に含まれているので、
冬にも栽培ができるなんて優秀な緑黄色野菜といえます^^

 

一般的なほうれん草の種まきは、
春まきと秋まきに分かれます。

 

春まき は、 2月下旬~
そして秋まき 9月上旬~
行われます。

 

 

そうすると、春まきでは4月中旬~
秋まきでは、10月以降収穫をすることができます^^

 

また、春まきと秋まきにはそれぞれ適した品種というものがあり、
春まきでは、とう立の品種である、
おかめ、アクティブ、サマーライダーなどの品種を
選ぶのが良いです。
 

秋まきは、ほうれん草の栽培に適した時期です。
なので、様々な品種があります。

 

交配種や東洋種など、さまざまなほうれん草の種類の栽培に
適している時期です。

 

トライ、リード、アトランタ
東洋種では、
次郎丸、豊葉、禹城などの栽培も適しています。

 



★ほうれん草の種類についてはこちらの記事をどうぞ
ほうれん草の種類はたくさん!品種や特徴はどのようなものがある?

 

品種によって、適した時期があるので、
時期によって適する品種選びをしましょう^^

Sponsored Link

ほうれん草の収穫時期やタイミングとは?

ほうれん草は、種まき後、割と早く育ちます。

 

種を植え付けてから、
春まき であれば、 30~40日後
秋まき であれば、 30~50日後 には、
収穫できます。

 

収穫のサイズは、
ほうれん草の丈が 20~25cm 程度に成長してからです。

 

その時期になったら収穫時期と判断しましょう。

 
・春まき:30~40日後
・秋まき:30~50日後・草丈:20~25cm
 

ほうれん草の収穫方法とは?

基本的に、株元の土を押さえて、
全体を引き抜くようにして収穫します。

 

葉が折れやすいので、要注意。

fa60d693a60e030d73b348ee54af1277_s

鎌を使用する場合は、
ほうれん草の株を手でつかみ、
ほうれん草の手前2~3センチのところの土に鎌をさしこみ、
根を斜めに引き抜くようにかります。

 

根元が1cm程度残るようにすれば、
新鮮さを保ちやすいです★

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草の収穫時期やタイミングをテーマに
まとめてみました。

 

ほうれん草は他の野菜と比較しても
割と早く収穫できる野菜です。

 

ほうれん草を植える時期を少しずらせば、
長期的にほうれん草の収穫をすることができます^^


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ