ほうれん草の胡麻和えは冷凍もできる!日持ちする?レシピも!

Sponsored Link


今日は、ほうれん草のごまあえをテーマにしていきたいと思います^^

 

ほうれん草の胡麻和えは、お弁当にも使えるおかずですが、冷凍もできます。
そんな日持ちのするほうれん草の胡麻和えについて
まとめていきます。

food_hourensou_gomaae

 

ほうれん草の胡麻和えは冷凍もできる!レシピは?

ほうれん草といえば、茹でたり炒めたり…様々な調理法が
ありますよね。

 

中でもほうれん草の胡麻和えは、お弁当のおかずにも
使われることが多く、手軽に作れて必要なビタミンやミネラルも
摂取できる、優秀なおかずではないでしょうか^^

 

そんなほうれん草の胡麻和えが冷凍もできたら
おかずで使用する際は、とても便利ですよね★

 

そんな冷凍もできるほうれん草の胡麻和えの
レシピを紹介していきます。

 

 

ほうれん草の胡麻和えレシピ

~必要なもの~
ほうれん草 一束
すりごま 大さじ3杯
醤油 大さじ2杯
砂糖 大さじ2杯


 

材料はシンプルです。

 

 

~作り方~

1・ほうれん草を茹でます

ほうれん草は少し硬めに茹でるのがコツです。

 

ゆで時間としては、
茎の方と、葉っぱの方で茹でる時間をわけて、
茎の方を 30秒 茹でたら、

葉っぱの方も一緒にいれて残り 30秒
茹でるようにします。

 

★ほうれん草の茹で方についてはこちらをどうぞ
ほうれん草のゆで時間はどれくらい?茹で方はどうする?

 

 

2・ほうれん草を冷まします。

ほうれん草はさっとゆでたら、
すぐに冷水にいれて、
冷まします。

 

熱が冷めない場合は、2回くらい水をとりかえます。

 

 

3・ほうれん草をカットします

ほうれん草の粗熱をとったら、
手で絞って水気をとり、
そのあと、適当な大きさに切ります。

 

大きさとしては、3~4cm 程度で大丈夫です。

 

 

4・切ったら、手で再度、
ほうれん草の水気をよく切ります。

 

 

5・調味料を混ぜます

すりごま・醤油・砂糖をすべて混ぜます。
すりごまは粗めにします。

 

 

6・ほうれん草と調味料を良く混ぜます。

 

 

7・お弁当用のカップを用意し、
均等にほうれん草の胡麻和えを分けます。

10個程度になります。

あとは、タッパー等にいれて
冷凍庫に保存するだけです^^

 

これでほうれん草の胡麻和えの冷凍バージョンが
完成です!

 

冷凍したものは、そのままお弁当に入れれば
昼頃には解凍されて食べごろになります♪

Sponsored Link

ほうれん草の胡麻和えは日持ちする?

ほうれん草の胡麻和えは簡単に作れるので、
ついつい多くつくりすぎてしまいがちです。。

kaden_reizouko

しかしあまりに多く作りすぎると
食べきれなくて冷蔵庫で保存ということになりますよね。

 

冷蔵庫 での日持ち期限は、
だいたい 2~3日 です。

 

3日ほどたって臭ってくるというわけではないですが、
加工した惣菜になるので、なるべく早く食べきるのが
良いでしょう。

 

その日のうちに食べるのが理想ですが、
無理ならばなるべく次の日には食べきれると良いですね。

 

また作りすぎてしまった場合は、
上記のように、カップにいれて 冷凍庫での保存がおススメ です♪

 

ほうれん草の胡麻和えを冷凍 させた場合、
日持ちは 2週間~1か月程度 です。

 

基本的に茹でているので水気をしっかり切っていれば
1か月程度はもちますが、
冷凍庫によって食味は落ちるので、
なるべく2週間程度を目安に使い切るのが
良いでしょう。

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草の胡麻和えの冷凍レシピを
テーマにまとめてみました。

 

ほうれん草の胡麻和えは冷凍してお弁当にも
活用できるので、便利ですね♪

 

甘めが好きな方は砂糖の量を多くするなど、
調整してみてください。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ