グリンピースの栽培方法は?支柱や種まき・収穫時期は?

Sponsored Link


今日は、グリンピースの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

グリンピースの栽培はどうすれば良いでしょうか。
また支柱や収穫時期などはどれくらいでしょうか。

 

グリンピースの栽培方法についてまとめていきます。

f9f57c698db9d6277336af1002d96ef0_s

 

グリンピースの栽培方法!

グリンピースは、えんどうの一種であり、
未熟な豆を食用とします。

 

グリンピースの旬の時期は4~6月 であり、
缶詰や冷凍ものを利用して1年中食べることはできますが、
旬の時期は収穫したてが食べられます。

9e1f7251c6eedfca24d989702dbebdbb_s

甘味もありますが、
さやから取り出すと、鮮度が落ちるので、
早めに食べる必要があります。

 

栽培適温は15~20℃ 程度で、
さやえんどうと同じように秋の時期に
種まきを行い、
冬を越して春に収穫するという流れになります。

 

栽培難易度はやや高めです。

 

連作障害は4~5年 です。

 

 

グリンピースの種まき

グリンピースは、秋に種まきを行います



種まき時期は、
10月下旬~11月中旬 です。

 

株が大きくなりすぎると、
冬越させるのが難しいので、
15~20cm程度に育てて、
冬を越します。

 

種まきは、
ポット播きと、直まきの2種類があります。

 

~直まき~
1・まずは土づくりを行います。

種まき2週間前に苦土石灰 150~200g/m2
そしてよく耕しておきます。


さらに1週間前に
堆肥 5kg/m2
化学肥料 50g/m2
をまき、よく耕しておきます。


 

2・株間30~40cm間隔で1か所3~4粒ほど
種をまき、軽く覆土したあとに土を押さえて、
たっぷり水やりをします。


 

種まきをする場所は、なるべく日当たりの良い個所を
選ぶことで、数日で発芽します。

 

 

~ポット播き~
1・9cmのポリポットを用意し、腐葉土:赤土を1:1の割合で
配合した土を用意し、
そこに3~4粒種まきをします。




2・種まき後はたっぷり水やりを行い、
本葉2~3枚まで育てます。


 

鳥に襲われやすいので、
ネットをかけてあげて育てます。

 

その後、根を傷めないように注意して、
株間30~40cm で植え付けます。

Sponsored Link

グリンピースの栽培管理

間引き
3月に生育の良いものを残し、
1か所2本に間引きします。

 

支柱
2月になりつるが伸びてきたら高さ1.5mほどの支柱をたてて誘引します。

 

追肥
支柱を立てる時期、
また開花したころ、株元にひとつかみ程度の肥料をまきます。

 

 

グリンピースの収穫時期

グリンピースの収穫時期は、旬の時期と同じ
4~6月の時期です。

 

花が咲いて、30~40日後
さやがふくらんで大きくなってきて、
さやにしわができ始めたときが
収穫時期となります。

faf115a28b075713e9cbcdf02ff7e383_s

 

収穫時期を逃さぬよう、
かたくならないうちに収穫します。

c841c2e7c87ee59615bacf3f1d96b48a_s

グリンピースはあまり日持ちしないので、
保存方法には注意が必要です。

 

★グリンピースの保存方法
グリンピースの保存方法!冷凍保存もできる?賞味期限は?
Sponsored Link

まとめ

今回は、グリンピースの栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

グリンピースは、秋まきを行い、
苗で冬を越しあと、春に急速に成長し、
収穫時期を迎えます。

 

旬の時期においしいグリンピースをどうぞ♪


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ