長ネギ(白ネギ)の栽培方法!種まき時期や方法は?肥料や植え方、収穫時期は?

Sponsored Link


今日は、長ネギの栽培方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

長ネギはどのように栽培すれば良いのでしょうか。
また長ネギの種まき時期や方法、そして肥料や植え方はどのようにすれば良いのでしょうか。

 

また長ネギの収穫時期はいつくらいでしょうか。

 

長ネギについてまとめていきます。

73b86e591dba21090402753decf7b265_s

 

長ネギの栽培方法は?

長ネギの旬は、11~2月 の時期となっています。

 

長ネギは1年中スーパーで購入することが可能となっていますが、
栽培は簡単であるというわけでもありません。

 

野菜の中では、難しい部類に入ります。

 

土寄せをしっかりしないと、白いネギは育ちませんし、
植え付けの作業も必要となっています。

 

それでも実家の周りでは多くの畑で栽培されています^^

 

栽培すると、薬味として使える他、様々料理に活用することができます。

 

そんな長ネギは栽培適温が20℃程度とされており、
やや冷涼な環境を好むといえます。

3e4ddadf274329d787a5c67c56d02f61_s

 

長ネギの種まき時期と方法

まず、長ネギは種から栽培していきます。

 

一般に種は春まきと秋まきがあります。
家庭菜園では春に種まき、夏に植え付け、秋冬に収穫というのが
多いかと思います。

 

地域によっては、春・夏・秋と栽培されるところもあります。

 

そんな長ネギの種まき時期は以下のようになります。

 

関東や東海などの中間地 3月下旬~4月上旬
北海道や東北などの寒冷地 6月上旬~7月下旬
沖縄や九州などの暖地 3月中旬~4月上旬


 

環境や気候によって多少変わってきますが、
このような時期に種まきを行います。



種まき方法としては、
1・まず種まき前に苦土石灰150g/m2を2週間前に散布しておき、
植え付け1週間前に
堆肥3kg/m2、化学肥料100g/m2をまいてよく耕しておきます。


 

そして幅50~60cmの畝をつくっておきます。

 

その1週間後に10cm間隔で深さ1cm程度の溝をつくり、
種が重ならないように、
すじまきにしていきます。


 

覆土は軽めにしておきます。

 

2・種は1週間程度で発芽します。

 

種が発芽したら、本葉2~3枚程度 のときに、
間隔が 3cm になるように間引きます。


 

そしてさらに草丈が 10cm ほどになったら、
株間が5cm程度になるように間引きを行います。


 

さらに草丈10cm程度のときに、
土寄せを行います。


 

3・さらに草丈15cmのときに追肥の作業を行います。

 

肥料の種類としては、少しチッソ分が多めの
肥料を使用します。

もちろん配合割合が均等のものでも使用できます。

 

草丈が20~30cmになるまで、
様子をみて追肥を行い、栽培します。

Sponsored Link

ネギの植え方、植え付けはどうする?

ネギが成長したら、植え付けの時期となります。

 

目安は草丈20~30cm 程度のサイズです。

 

あらかじめ土づくりをしておくと良いといえます。

 

 

1・あらかじめ苦土石灰150g/m2をまいて、
よく耕しておきます。


 

そして幅15cm、深さ20~30cm程度の溝を
掘っておきます。


 

日に当たらないところが長ネギの白い部分となります。

 

 

2・ネギの苗は植え付ける日に、掘り起こし、1本ずつばらして
おきます。


 

3・苗は、株間を10cm程度とって、
重ならないようにして、壁にたてかけるようにして
植え付けます。


c8d89d5ae83b2c38ab305e4f84aefed4_s

 

 

4・このとき、根元に藁をしいてから軽く覆土することで、
乾燥を防ぐことができます。


 

これで植え付けは完了です。

 

植え付けをした後でも、土寄せや追肥などの管理が必要です。

 

 

ネギの水やり

ネギの栽培においては、ほぼ水やりは必要ありません。

 

畑栽培ですので、降雨で充分です。

 

 

ネギの追肥・土寄せ

植え付けを行って、ネギが定着したら、
追肥や土入れの作業も行っていきます。

 

土寄せは合計3~4回程度行っていきます。

 

 

1回目
ワラの上に化学肥料をいれ、
さらに土を苗の半分がかくれるくらいまで土を
かぶせます。

 

7~8cm程度

 

 

2回目
さらに1か月程度時間がたったら、1回目と
同様に化学肥料をいれたあと土をかぶせます。

 

 

3回目
3回目も2回目の1か月後に行い、
3回目で溝がうまるように調整します。

 

 

さらに3回目で溝まで埋まるようになったら、
最後に土寄せの作業を行います。

 

簡単に絵にしてみました!

%e3%81%ad%e3%81%8e%e3%80%80%e5%9c%9f%e5%af%84%e3%81%9b

 

溝まで埋めたあとの2週間後に1回

 

さらにその2週間後にも土寄せを行います。

 

生長点くらいまで土に埋めてしまいます。

 

 

 

長ネギの収穫時期は?

上記のような時期に種まきを行った場合、
長ネギの収穫時期は以下のようになります。

 

関東や東海などの中間地 11月下旬~2月下旬
北海道や東北などの寒冷地 11月下旬~12月下旬
沖縄や九州などの暖地 11月上旬~12月下旬


 

このような時期が収穫時期の目安となっています。

b53445f49cebea3f4c9d1cdf56fb3ebc_s

 

土寄せから1か月後くらいが目安になっています。

 

長ネギは、寒さにあたることで
甘味が増します。

 

収穫するところだけ、
掘り起こし、抜き取るようにして収穫します。

 

生育期間中はいつでも収穫が可能です。

 

ネギが旬です♪


まとめ

今回は、長ネギの栽培方法をテーマにして
まとめてみました。

 

長ネギは、少し土寄せの作業など難しい部分もありますが、
水やりは必要ないですし、
家庭菜園でも栽培可能です。

 

害虫対策や病気の対策も行って、
長ネギを栽培しましょう^^

 

★こちらの記事もどうぞ
ネギの病気には何がある?害虫の対策も!アブラムシの駆除は?

 

実家のネギ♪

d571b2cd-2729-4b9b-ab4e-c08521764e84


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ