ぶり大根はどれくらい日持ちする?冷凍保存も大丈夫?付け合わせは?

Sponsored Link


今日は、ぶり大根の日持ちや保存方法をテーマにしていきたいと思います^^

 

ぶり大根はどれくらい日持ちするのでしょうか。
また、冷凍保存でも大丈夫なのでしょうか。

 

そんなぶり大根についてまとめていきます。

6bd3ef1162c48c4c9db4ac6f09ea6f23_s

 

ぶり大根はどれくらい日持ちする?冷凍保存も可能?

ぶり大根は、冬が旬 である
ブリと大根を煮合わせた料理です。

 

ぶりは、冬の時期が旬であり、脂ものっています。

 

一方の大根は、冬の時期になると甘味もあって煮物にしても
美味しくなります。

 

そんなぶり大根はどれくらい日持ちするのでしょうか。

 

基本的に煮物なので、
すぐにダメになるというわけではないですが、
冬の時期であっても長期保存にはむきません。

 

ですが、ぶり大根も冷凍保存が可能になっており、
冷凍保存も行うことで、ぶり大根でも日持ちするようになります。

 

 

ぶり大根・常温保存

ぶり大根は、熱を加えて加熱調理していますが、
基本的に煮物など加熱調理しているものでも、
常温で保存するのは控えたほうが良い といえます。

 

ただしぶり大根を大量につくって、
次の日も食べるというようなことであれば、
短期間での常温保存も可能ではあります。

 

常温保存する場合は、
夏場などでキッチンが暑くなる環境は適していません。

cooking_onabe

 

夏場の30℃近くなる環境ですと、
あっという間にぶり大根が腐敗してしまいます。

 

冬場で直射日光が当たらないような環境であり、
温度も 10度以下 のような環境が望ましいと
いえます。

 

また常温保存の場合、
次に食べる場合は、必ず加熱して中まで火が通るようにしてから
食べるようにしましょう。

 

常温保存の場合の保存期限
1日程度 とし、
それ以上保存が長くなるような場合は、
あらかじめ冷蔵保存、もしくは冷凍保存をするようにします。

 

 

ぶり大根・冷蔵保存

基本的に、早く食べきる場合でも、
食品の保存は冷蔵保存がむいているといえます。

 

 

1・ぶり大根の粗熱をとります。

 

2・粗熱がとれたら、タッパーや別の容器にいれて、
密閉した状態で
冷蔵庫で保存します。


 

冷蔵庫で保存する方が、
常温保存よりも日持ちします。

 

小さい鍋で作ったのであれば、
粗熱がとれたら冷蔵庫での保存も可能です。

 

冷蔵保存の場合の保存期間
2~3日間
となります。

 

常温保存より、冷蔵保存の方が長持ちします。

 

大量に冷蔵保存する場合は、
食べる分だけをとって、加熱処理して
食べるようにしましょう。

 

再加熱する際は、
煮詰まらないように、水を足しておくと良いです。

 

そうすることで、
味が濃くなることを防げます。

Sponsored Link

ぶり大根・冷凍保存

ぶり大根は、冷凍保存も可能です。

 

作りすぎて長期保存する場合は、
冷凍保存をおススメします。

 

冷凍保存することで、ぶり大根を長持ちさせることができます。

 

 

冷凍保存の方法としては
1・ぶり大根の粗熱をとります。

 

2・粗熱をとったぶり大根は、
タッパーもしくは、ジップつきの袋にいれます。


 

ぶり大根を作ってできた「汁」も
一緒に保存するようにします。


img_1956

 

汁だけタッパーやジップつきの袋にいれて
冷凍保存することも可能です。


 

 

3・そのまま冷凍庫で保存するようにします。

 

 

小分けにして冷凍保存しておくと便利です。

 

冷凍したぶり大根の保存期間
1か月程度
になります。

 

冷凍することで、
かなりぶり大根を日持ちさせることができます。

 

ただし、他の食品にもいえることですが、
煮物などは冷凍すると、大根の食感が悪くなったり、
風味が悪くなることもあるので、
その点だけは注意が必要です。

 

冷凍したものを解凍する場合は、
冷蔵庫に移して自然解凍するか、
電子レンジでの解凍が可能です。

 

★こちらの記事もどうぞ
ぶり大根の下ごしらえ方法は?切り身でも簡単にフライパンで!



ぶり大根の付け合わせは?

ぶり大根にはどのような付け合わせが合うのでしょうか。

 

家庭でメニューを考える際は、
悩みますよね。

 

ぶり大根をおかずにした場合、
副菜としてはさっぱりした味付け のものが良いといえます。

 

ぶり大根自体、
醤油や砂糖を使用しているために
味付けがしっかりしています。

 

また、ぶり100g程度で、約 20g 程度の
タンパク質量を摂取することができます。

 

また脂質も豊富に含まれています。

 

ただ、切り身100gですと、
ビタミンA、ミネラル類の含有量が少ないために、
緑黄色野菜を中心とした副菜が理想と考えられます。

 

 

緑黄色野菜の副菜の中でも
・小松菜の和え物
・ブロッコリーのサラダ
・ほうれん草のソテー
・アスパラガスのお浸し


 

など、緑黄色野菜を多く使用した
和え物やサラダなどがおススメです。

f5f25226489eff0285454a7e902959d3_s

 

また人参など緑黄色野菜をいれた
・けんちん汁
・豚汁
・味噌汁


などの汁物も摂取すると良いかと思います。

 

緑黄色野菜は他にも、
・いんげんまめ
・オクラ
・かぼちゃ
・チンゲン菜
・トマト
・ニラ
・ピーマン
 

などの野菜が緑黄色野菜に含まれています。

 

これらの野菜をうまく合わせて、
副菜とすると、バランスもとれるかと思います^^

 

簡単ぶり大根のレトルトも♪


まとめ

今回は、ぶり大根の日持ちや保存方法、
そして付け合わせをテーマにしてまとめてみました。

 

ぶり大根は、冷凍保存することで、
長持ちすることもできます。

 

作りすぎた場合や余ってしまった場合は、
冷凍保存がおススメです。

 

また、緑黄色野菜を使用した副菜にすると、
バランスもとれるかと思います^^


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ