ピーマンの植え方!種まき時期や植え付け時期はいつごろ?

Sponsored Link


今日は、ピーマンの植え方や種まき時期・植え付け時期をテーマにしていきたいと思います^^

 

ピーマンの種まき時期や植え付け時期はいつくらいでしょうか。
そんなピーマンの栽培についてまとめていきます。

f47a7dbefff65045d9dbef676ca7d1f5_s

 

ピーマンの種まき時期はいつごろ?

ピーマンは一般に、苗を購入して苗から栽培することが多いですが、
種からの栽培も可能です。

 

ピーマンを種から栽培する場合の
種まき時期は 3月下旬~4月上旬 種まき時期 になります。

 

ピーマンの栽培は簡単であるとされていますが、
良い苗を作るのは難しいので、初心者の方は、
種まきではなく、苗を購入して栽培する方を
おススメされます。

 

苗から栽培する方が、家庭菜園には向いています。

 

そしてピーマンは生育温度が 25~30℃ とされており、
温度は高めです。

 

種まき方法としては、
セルトレイを用意し、
培養土をいれます。



培養土をいれたところに、ピンセットで
1~3粒ずつ種をまいていきます。

 

3粒ずつまいて、間引きをして育てるのが
一般的です。

 

種まきをしたら軽く土をかぶせて
そして水をたっぷりあげます。

 

種まき後は、新聞紙をかぶせて保湿対策を行います。

 

そうしないとすぐに土が乾燥してしまいます。

 

また、ピーマンの発芽温度 15~25℃ とされており、
まだ3月の時期では、温度が低い環境の地域もあると思います。

 

その場合は、加温してあげるようにします。

 

通常、農家のお宅ではビニールハウスや加温装置がありますが、
ホットカーペットの上に置く、
などして温度が15~25度の間をキープできるようにして
栽培します。

 

環境が整えば、1週間程度で発芽します。

TS3O0002

画像引用:http://blog.goo.ne.jp/hh1325dd/e/26bd328b7c49d3d4aec535bae8409e07

 

そして、 本葉2~4枚 程度でポリポットに移し替え、
本葉が 10枚 程度まで育ったらプランターや畑に
植え付けるようにします。

Sponsored Link

ピーマンの植え付け時期や植え方は?

ピーマンは畑だけでなく、プランターでの栽培も可能です。

 

家庭菜園の場合は、プランターでの栽培がおススメです♪

 

そんなピーマンの苗の植え付け時期は以下のようになっています。

 

関東や東海などの中間地 4月下旬~6月上旬
北海道や東北などの寒冷地 5月下旬~6月中旬
沖縄や九州などの暖地 4月中旬~5月下旬


環境によって多少変化します。

 

種まきを行う場合も、この時期の間に植え付けができるようにして
調整します。

 

種まきから植え付けまでは70日ほどかかります。

264a819de1c1ac9b0f6904227c09258e_s

 

このような時期に植え付けを行った場合、
収穫時期は以下のようになります。

関東や東海などの中間地 6月上旬~10月上旬
北海道や東北などの寒冷地 6月下旬~9月下旬
沖縄や九州などの暖地 5月下旬~10月下旬


 

 

ピーマンの植え付け方

ピーマンは、プランターでの栽培も可能です。

 

なお苗を購入する場合は、
本葉が10枚程度で、節間がつまっており、
茎が太くしっかりとした苗を購入しましょう。

 

ピーマンをプランターに植え付ける場合は、
1株:7~8号の鉢
2株:60cmプランター




で栽培するようにします。

 

まずは、プランターの底に針底石を敷いて、
そして野菜用の培養土をいれます。

 

苗は根鉢を崩さないようにし、
深植えにならにように注意して、株元を軽く押さえるようにして
植え付けを行います。

 

2株植える場合は、
20cm以上 株間 をとりましょう。

 

植え付けが終わったらたっぷりの水をあげて、
仮支柱をたてて株が倒れないようにします。

 

畑で栽培する場合は、
植え付けの2週間に苦土石灰120~150g/m2をまきよく耕しておきます。

 

1週間前に堆肥3kg/m2、化学肥料70~80g/m2を施して土づくりを
しておきます。

cfd7d8d327a4555d2307a8d5c52338d9_s

マルチングをして地温をあげておきます。

 

畑の場合は、株間50cmとし、
植え付けを行います。

 

★こちらの記事もどうぞ
ピーマンの水やりの頻度や追肥のタイミングとは?株間はどうする?

 

まとめ

今回は、ピーマンの種まきや植え付け時期・方法について
テーマにしてまとめてみました。

 

ピーマンは種から育てることもできますが、
苗からの栽培が一般的で、苗から栽培した方が、
簡単に育てられます。

 

また植え付けのあとも
整枝や追肥・わき芽とりの作業なども
必要になります。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ