オクラの栽培において病気・害虫の対策をしよう!アブラムシは?

Sponsored Link


今日は、オクラの栽培における病気や害虫をテーマにしていきたいと思います^^

 

オクラにはどのような病気があるでしょうか。
また、被害に遭いやすい害虫は何があるのでしょうか。

 

オクラについてまとめていきます。

okura_gombo

 

オクラの栽培における病気は何がある?

オクラは夏が旬の野菜です。

 

6~8月 は収穫も盛んで、
根気よく育てたオクラから実が収穫できたら嬉しい
ですよね^^

 

ですが、野菜に病気はつきもので、
病気になった場合、収穫できないこともあります。

 

オクラのかかりやすい病気についてまとめていきます。

 

 

オクラの病気・苗立枯れ病

苗立枯れ病はの症状としては、
苗の根元の部分が細くなり、黒ずんで、
萎れて倒れてしまう病気です。

PENTAX DIGITAL CAMERA

画像引用:http://greenfamily.blog.fc2.com/blog-entry-203.html

 

原因は、土壌中のカビです。

 

オクラを栽培している5~6月 の時期がかかりやすい
とされており、
梅雨などの高温多湿の環境で多発します。

 

対策としては、
連作を避けて、水はけ、風通しの良い環境で
栽培するようにします。

 

発病して枯れてしまったものは放置しないようにします。

 

薬剤での治療も可能です。
 


 
 

オクラの病気・うどん粉病

オクラは、うどん粉病にもかかりやすいです。

20552 うどんこ

画像引用:http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=3473

 

うどん粉病の症状としては、
葉の表面に、うどんの粉をまぶしたように
白い粉状のかびが発生します。

 

うどん粉病の原因は、
土壌中の カビ で、梅雨の時期や9月末から10月末に
かけてかかりやすいです。

 

対策としては、
日当たり・水はけ・風通しの良い環境に
するようにします。

 

初期の状態でしたら、
カビが付着した葉だけ、取り除くようにします。

 

有機農産物にも使える農薬も♪
 


 

他にも
輪紋病・灰色かび病・褐斑病・半身萎凋病
などの病気にかかりやすいです。

Sponsored Link


輪紋病
葉や果実に濃褐色の病斑を生じます。

20542 輪紋病

画像引用:http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=3469

 

輪紋病の原因はカビです。

感染した葉を見つけたらすぐに取り除くようにします。

 

 

灰色かび病
灰色かび病は、梅雨の時期などに、葉や茎、花の裏側などに
灰色のかびが発生します。

 

対策としては、水はけ、風通しをよくする必要があります。

 

病気が発生したら、被害にあったものを取り除き、
薬剤を散布します。

 

うどん粉病と同じように、カリグリーンがつかえます。

 

 

褐斑病
褐変病は、葉の表面に、褐色の斑点ができて、
やがて円形、不整形の大型の病斑になります。

20516 褐斑病

画像引用:http://www.nogyo.tosa.pref.kochi.lg.jp/info/dtl.php?ID=3457

 

原因はカビです。

高温で多湿にならないよう、水はけをよくします。

 

 

半身萎凋病
株の下の方の葉の葉脈がしおれて黄色くなり、
しばらくたつと褐色に変化します。

160501

画像引用:https://www.hro.or.jp/list/agricultural/nouseibu/seiseki1415/1605.html

 

酷い場合は、落葉します。

 

こちらも原因はカビです。

 

発生したらすぐに取り除きます。

 

病気が広がるようでしたら、
薬剤散布を行います。

 

オクラはかかりやすい病気がたくさんありますが、
いずれにしろ、
水はけ・風通しの良い環境で栽培することが
病気を防ぐことにつながります。

 

また、連作は避けるようにしましょう。

 

 

オクラの害虫の対策は?アブラムシも?

オクラは害虫の対策も必要になります。

 

アブラムシは発芽直後から、
くっつきやすいです。

 

たくさん群がると、汁を吸って
株を弱らせるだけでなく、
アブラムシを介して、病気にかかることもあるので
すぐに対処しましょう。

 

アブラムシの対策としては、
見つけ次第 捕殺 するようにします。

 

家庭菜園では、虫よけネットを施したり、
アルミホイル を使用して、
マルチングすると予防にもなります。

 

発生初期に殺虫剤もまいておくと良いです。

 

殺虫剤は、天然成分を使用しているものも
あるので、安心して使用できます^^
 


 

他にもオクラは、
ハスモンヨトウムシ、フタトガリコガヤ、ミナミアオカメムシ
などにも注意が必要です。

 

いずれにしろ、茎や葉を食害するので見つけ次第、
踏みつぶして捕殺するのが望ましいです。

 

予防のために、ネットを使用しておくと、
幼虫の侵入や産卵、飛来を避けることができます。

 

天然の殺虫剤もあるので、
そちらを散布しておきましょう。

 

 

まとめ

今回は、オクラの栽培における病気や害虫をテーマにして
まとめてみました。

 

オクラは病気にもかかりやすいですが、
水はけや風通しの良い土地にして
高温多湿の環境を避けることで、
病気にかかりにくくなります。

 

また害虫の被害を避けるためにも
ネットで覆っておくと良いですね。

 

★こちらの記事もどうぞ
オクラの栽培をプランターで!支柱はどうする?苗の育て方・植え方は


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ