オクラの育て方!発芽日数は?株間はどうする?間引きのタイミングは

Sponsored Link


今日は、オクラの育て方をテーマにしていきたいと思います^^

 

オクラの栽培において、発芽日数はどれくらいでしょうか。

また株間はどれくらいでしょう。

 

そんなオクラの栽培をテーマにまとめていきます。

okura_gombo

 

オクラの発芽日数はどれくらい?

オクラは、夏が旬の野菜ですよね。

 

ですので、夏の時期に収穫のピークを迎えます。

 

種まきは 4~5月 くらいに行えば、
夏の時期にたくさんオクラを収穫することができます。

 

★オクラの種まき・収穫についてはこちらをどうぞ
オクラの収穫時期や方法は?種まき時期や種の取り方は?

 

オクラの生育適温は、25~30℃ と高いのが特徴です。

 

ですので、早めに種を植えすぎると、
発芽もしにくいといえます。

 

オクラは基本的に、タネをまいてから
4~5日 程度で 発芽 します。

 

ただ、硬実種子のため、そのまま畑・もしくはポット播きするのではなく、
種を植え付ける前に、
一晩ぬるま湯に漬けておく と発芽しやすくなります。

 

また、ぬるま湯につけておいて、
浮いた種は捨てるようにします。

Sponsored Link


また、畑やプランターに直播きする場合は、
土の温度が低すぎると、
発芽しにくい場合があります。

 

発芽適温は、25~30℃ 程度とされています。

26cf662868ede342430d805a00895c98_s

ですので、5月に種まきを行ったとしても
その年の気候によっては、
寒い場合もあります。

 

ですので、なかなか発芽しない場合は、
マルチ をはって防寒するなどの対策が必要です。

 

最低気温が10℃を超えるくらい
暖かくなってからが良いといえます。

 

もしくは、ポット播きをして
発芽して、苗が成長してから植え付けを
行うようにしましょう^^

 

また、種を深く植えすぎないようにしましょう。

 

★こちらの記事もどうぞ
オクラの栽培をプランターで!支柱はどうする?苗の育て方・植え方は

 

オクラの栽培で株間や間引きのタイミングはどうする?

オクラの栽培のポイントとして、
直播きの場合は、種まきの際に数粒多めにまいておき、
そのあとに間引きをして元気な苗を残しておくようにします。

 

ですので、一か所に 4~5粒 まいておくようにします。

 

葉が大きく育つので株間 25~30cm 程度は
とるようにします。

 

それだけあけておけば育ちますが、
40cm 程度株間をあけておけば、
葉に日がよくあたるので、
収穫量を増やすこともできます^^

 

また、4~5粒程度まきますが、
最終的には1本にします。

1438a020c5e18c19abb038ce03a1b7b5_s

間引きのタイミングとしては、
本葉が2枚のときに、1か所2株に間引きを行い
本葉が4枚のときに1本に間引きを行うようにします。

 

また、間引きを行う際は、他の苗を傷つけないように、
地際からハサミで切り取るようにして
間引きを行うようにします。

 

1本立ちしたら、水やりや追肥も忘れずに♪
オクラの育て方!追肥・肥料・水やりはどうする?連作障害もあるの?

 

人気の島オクラの栽培も
 

 

まとめ

今回は、オクラの発芽日数や株間、間引きのタイミングをテーマにして
まとめてみました。

 

オクラは発芽しにくいので、
ぬるま湯につけてから種まきを行いましょう。

 

また、株間もそこまで必要としませんが、
成長させるためには、少し広めにとるようにします。

 

成長したら間引きを行い、
1本にしましょう。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ