オクラの原産地はどこ?語源もある何語?日本語ではなく英語…?

Sponsored Link


今日は、オクラの原産地や語源をテーマにしていきたいと思います^^

 

オクラの原産地はどこなのでしょうか。
また、語源はいったい。

 

私たちは普通、オクラと呼んでいますが、カタカナ表記ですよね。
これは日本語なのか英語なのか…

 

そんなオクラの素朴な疑問に関してまとめていきます。

okura_gombo

 

オクラの原産地はどこ?

日本ではお馴染みとなったオクラですが、
原産地はどこなのでしょうか。

 

オクラの原産地は東北アフリカ で、
ナイル川からエチオピアにかけての地域です。

 

アフリカの暑いところが原産地なので、
日本でも夏の暑い時期に栽培されていますね。

 

そんなオクラですが、歴史は長く、
紀元前元年頃には、既にエジプトで栽培されていたとも
いわれています。

pyramid_sphinx

そしてオクラは、アメリカに18世紀ごろに伝わり、
日本には、 明治時代初期 には、伝わったとされています。

 

ですが、日本ではオクラはそこまで広まらずに、
最初、沖縄や九州などの暖かい地域のみで栽培されていましたが、
1960年 から、一般の市場で出回るようになり、
今のように、日本人に愛される野菜になりました。

 

オクラの生育温度は、25~30℃されており、
暑い環境が得意なので、
日本での栽培も鹿児島、高知、沖縄などの暖かい地域での
栽培が盛んです。

Sponsored Link

オクラの語源は?何語なの?

日本では、オクラと呼ばれ親しまれていますが、
オクラは日本語なのでしょうか。

 

オクラは東北アフリカが原産とされていますが、
現地では【 nkurumaンクラマ
と呼ばれていました。

 

これがきっかけでオクラと呼ばれるようになったとされています。

 

オクラは、英語 okra 】と呼ばれており、
そちらが日本で親しまれる呼び名となっていますが、
最初は、アメリカから伝わったこともあり、
「アメリカネリ」と呼ばれていました。

 

ちなみにアメリカではオクラはgumboグンボとも
呼ばれています。

 

※ネリは、トロロアオイを指します。
オクラはアオイ科トロロアオイ属に分類されています。

 

ですので、日本人が呼ぶオクラというのは
英語です。

 

ですが日本人はオクラと呼んでいますが、
英語では「 オークラ 」と呼んでおり、
ちょっと発音は違います。

 

ですので、オクラは実は英語だったのです!

 

てっきり日本語名かと思っていましたが、
そういうわけではないのですね~

 

そんなオクラはかつて、種子がコーヒー豆に
似ているので、イギリスやフランスではコーヒーの代わりに
栽培されていた時代もあったようです。

 

でも、現在そういったことがないのは、
見ためが近くても、コーヒーとは味が違うから
ですね。

 

オクラは種からも家庭菜園で栽培することが
できますよ^^

 

白オクラも♪
 

 

まとめ

今回は、オクラの原産地や語源をテーマにして
まとめてみました。

 

オクラの原産地はアフリカ地方で、
語源も日本語ではなかったんです。

 

アフリカで栽培されていたものが、
日本でも広まり、今では食べるのが
一般的になりましたね^^

 

★こちらの記事もどうぞ
オクラの栄養素は何がある?効果や効能は?美味しい食べ方は?


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ