ほうれん草のアレルギーにご注意!赤ちゃんの離乳食は大丈夫?

Sponsored Link


今日は、ほうれん草のアレルギーをテーマにしていきたいと思います^^

 

最近では食べ物を食べて、アレルギー症状を引き起こす方が
多いですよね。ほうれん草は、赤ちゃんの離乳食にも使用されていますが、
実は、ほうれん草にもアレルギーが存在します。

 

そんなほうれん草のアレルギーについてまとめていきます。

hourensou_spinach

 

ほうれん草のアレルギーにも気をつけるべき?

様々な食品にはアレルギーがあるといわれていますよね。

 

ほうれん草は、緑黄色野菜の代表で、
βカロテン を多く含み、そして、ビタミンCやカリウム、
鉄分、カルシウムなどのビタミンやミネラルも
多く含みます。

 

ですので、赤ちゃんの離乳食にも使われている方が
多いと思いますが、ほうれん草にも、アレルギー反応をしてしまう
ことがあります。

 

ですので気を付ける必要があります。

 

 

赤ちゃんのほうれん草のアレルギー症状とは?離乳食では注意

ほうれん草のアレルギー反応としては、
皮膚 に症状が現れることが多いです。

akachan_rinyusyoku

口の周りに 湿疹 がでることが多いですが、
顔やおしりなどに湿疹ができ、かゆみを生じることが
あります。

 

その他、下痢や吐き気、嘔吐などが起こることもあります。

 

ほうれん草のアレルギー症状は、
卵や小麦、乳製品などと比較するとでにくい
ですが、初めてほうれん草を離乳食に使用し、数時間後に
湿疹のような症状があればアレルギー症状を起こしている可能性も
あります。

 

皮膚科、もしくは担当のお医者さんに相談して、
念のためにアレルギーの検査をうけることをおススメします。

 

ほうれん草のアレルギー症状は、ほうれん草を
加熱処理してもでることもあります。

 

野菜ジュース、煮汁などにも注意しましょう。

Sponsored Link

ほうれん草でアレルギー症状が起こる原因は?

ほうれん草のアレルギー症状は、食物アレルギーではなく、
仮性アレルゲン の可能性の方が高いです。

 

基本的に食物アレルギーは、体を守る免疫機能が
食物に反応してしまうことで起こります。

 

卵・乳製品・小麦・落花生・そばなどの食品では、
食品中に含まれるたんぱく質に反応してしまい
アレルギー症状が起ります。

 

しかし、ほうれん草は、仮性アレルゲンといって、
野菜類に含まれている化学物質に体が反応して
しまうことがあります。

sick_anaphylaxis

反応しやすいものには、じゃがいもや山芋、茄子 などの
アクの強いものに多いです。

 

食品に含まれる化学物質としては、
ヒスタミン、セロトニン、トリメチルアミンオキサイド、ノイリン、アセチルコリン
があげられますが、
ほうれん草には、ヒスタミン が含まれています。

 

他には果物に含まれているものもあります。

 

離乳食に食材を使用して、
急に湿疹が生じた場合は、食品を疑う必要があります。

 

離乳食で反応するのは、
お子さんの消化器官がまだ未熟であるということも
あります。

 

ですので、新しい食材を離乳食として与える場合は、
少量を与えて、様子をみるようにしましょう。

 

野菜ですと、
人参・かぼちゃ・トマト・茄子・たけのこ・芋類
たまねぎ・枝豆

などに発症しやすく、
果物は、
バナナ・キウイ・パイナップルなど様々な果物で
発症します。

 

また、青魚や肉類でも発生することがあるので、
はじめて与える場合は注意しましょう。

 

青魚や肉類は鮮度が落ちていると発生しやすいです。

 

 

まとめ

今回は、ほうれん草のアレルギーをテーマにまとめてみました。

 

ほうれん草でも、ほうれん草に含まれている
ヒスタミンの影響で、アレルギー症状のようなものを
引き起こすことがあるので、
注意が必要です。

 

少量ずる与えて、反応した場合には、
かかりつけの医者に相談してみましょう。


Sponsored Link

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

このページの先頭へ